8c7178673557c6cb49e0aa2b37072b9d
デッキリンク(どばすぽ)

キーカード
《ヒッポグリフの乗り手》 / 《不死鳥の乗り手・アイナ》
e8fe8fd13ab3666b4e3d8d77626a76a0

今回の構築は、先月のGM昇格戦に使ったデッキの紹介です。
時期的にドラゴン=ランプ(無謀)ドラゴンであるということの裏をかいて
盤面処理をミスらせて勝つデッキでした。
序盤から盤面を制圧しつつ横並びを狙い続けて《ヒッポグリフの乗り手》
《不死鳥の乗り手・アイナ》の能力を最大限活かします。
フィニッシュ速度としてはアグロ帯ののデッキとなります。


デッキの長所
・疾走軸のフェイスデッキなので止められにくい
横並びから疾走軸へ繋げていくので止め辛く、防ぎにくいのが特徴の1うです。

・ランプドラゴン以外ほぼいないので相手も処理をミスりやすい
やってることは普通のフェイスデッキと共通なので、可能な限り早い段階から
しっかりフォロワーを取られることが辛いです。
そこをランプドラゴン読みして貰えることで序盤のフォロワー処理ミスを発生させて
僅差で押し切る点において優秀でした。


デッキの短所
・対策されやすい
フェイス系デッキはメタ(対策用)カードもそこそこあるので
対策しやすいリーダーが増えているタイミングはなかなか勝ちを積み上げにくいです。

・後攻時が苦手
フェイス系デッキ共通ですが、先行逃げ切りタイプのデッキなので後攻を引いてしまうと
フォロワーの横並びにも対処されてしまいやすいです。


解説&攻略
・前半
最初の手札交換では、1~3コストのフォロワーが1枚ずつ狙いたいところです。
1コストの《ワイズマーマン》は3ターン目に使うことが多いカードなので
初手では交換した方が良いことが多いです。
2コスト枠は《竜を育む者・マチルダ》が引けている方が横並びが加速するので嬉しいです。
3コスト枠は同様に《竜友の少女》が引けていると初速が違ってきます。
それ以外のカードのパターンでも1~3コストを多数採用しているので
コストを組み合わせてPPを可能な限り使い切りやすくなっています。

序盤は常にPPを使い切るようにフォロワーを横並びさせていきます。
《竜剣の少女・アイラ》《天弓の天使・リリエル》など進化時に強いフォロワーも
最速横並びを意識しつつプレイを進めていきます。
進化可能ターンまでに4~5点相手リーダーの体力を削れたら十分です。
《竜の集結》は覚醒以降に使うカードなので、プレイ出来るフォロワーがいない場合に使います。
リーサル以外の状況では、可能な限りエンハンスして2枚回収しましょう。
《ワイバーンライダー・エイファ》も同様にエンハンスで使いたいので基本キープです。
先行4ターン目は《バジリスクライダー》ポン置きも強いです。


・後半
進化ターン以降は可能な限り早く相手リーダーの体力を削り切ることだけを考えます。
相手のフォロワーを除去したい時には《竜剣の少女・アイラ》進化なども合わせていきましょう。
ここからは相手の処理が届かなかった小型フォロワーも
《ヒッポグリフの乗り手》の火力となるのがなかなか大きいです。

ターンが経過してPPが上がってくると手札の大半がフェイスダメージに繋がるので
次のターンぐらいまでダメージ予測しつつ動きたいところですが
《不死鳥の乗り手・アイナ》だけは相手の場も依存する変わったカードなので
バーストダメージの計算ミスには注意しましょう。




フェイス系デッキなのでマッチする相手の比率で勝てる確率が大幅に変動するので
自分のMP量だけでなく、時間帯、曜日などにも注意したいところです。

2月中旬頃のドロシーが減り始めた時期に勝てたデッキです。
ミッドレンジデッキが増えていた中、守護入りのデッキも少なかったので
先行を取れれば勝ち、というのはランクマを回すという意味で楽させて貰ったデッキでした。
管理人的には時期的にミッドレンジ寄りのネメシスも増えていたということもあり
《不死鳥の乗り手・アイナ》が凄い攻撃力になることも多くて好きでした。

話は変わりますが、ちょっと私用で数日更新出来なくなります。
また3/20(火)にファミ通買いに行くところぐらいに復帰予定です。