20181025165909_1


システム記録用の記事です。

昇格戦発生条件
1シーズンのMaster Pointが10000に到達する
集計対象3シーズンのMaster Pointが、合計で25000に到達する

このどちらかを満たした時に上記画像のように昇格戦が発生し、3戦中2勝で昇格
2敗するともう一度1戦目からやり直しです。
昇格戦の間はMPは変動しません。
グランドマスター(以下GM)はローテーション、アンリミテッド両方のフォーマットで達成可能です


20181025180143_1

ローテーションでGMに昇格すると昇格報酬として
Grand Master OOTスリーブ
Grand Master OOTローテーション称号
新カードパックチケット10パック
が付与されます

昇格のタイミングとフォーマットによって、スリーブと称号は変わります。(1シーズンごとに変動)


以前のGM昇格戦
WLD期
SFL期
CGS期




20181025180201_1
MP1万到達画面

20181025180155_1

いろいろとご心配おかけしてすみません
リアルの事情に加えて、新弾の発表とナーフの内容で心が折れて少し離れていました

今回も実装月にGMチャレンジを行いました
完走した感想としましては、管理人はドラゴン、ネクロ、ヴァンパイアの3デッキで突破しました
環境としては上記3リーダーに加えてロイヤルの4リーダーが突出して強いという状態で
ネクロマンサーはヴァンパイアに強く、ドラゴンに弱い
ヴァンパイアはドラゴンに強く、ネクロマンサーに弱い
ドラゴンはネクロマンサーに強く、ヴァンパイアに弱い
という3すくみの状況にロイヤルがほかの3リーダーに対して5分~5分以上で戦える
という立ち位置だと感じました

なので、ネクロマンサーが多い日はドラゴンメインで回し
ヴァンパイアが多い日はネクロマンサーを回し、ドラゴンが多い日はヴァンパイアを回す
という日ごとの環境に合わせて回すのが適切だと思います

今回は初日にドラゴンで稼いだ後、環境にショックを受けて直近までシャドバを封印していました
3週間ほど休んだら心が少し落ち着いたので上記のように対策して
MP2000からのべ20時間ほどでGMになりました

環境の雑感としてはアンリミがローテにやってきた、と書くのが割と合ってる感じがします
今までクラス間の特性がほぼなくなっていたローテにリーダーごとの特性が一気に帰ってきたので
スタッツでちびちび争うのではなくシャドバやってるなー感はありますね
(ゼルバハ期などを思い出しながら)
環境に対してはいろいろと思うことはありますがここでは止めておきます

MP10000到達で累計BP24000、MPランキング4000位程度でした
勝率は7割強でした。


以下使ったデッキ
20181025180626_1

JCGで上位を取られていたプレイヤーの方を何名か参考にして調整しました
《姦淫の翼》が《狂恋の華鎧・ヴィーラ》や《姦淫の絶傑・ヴァーナレク》と重なると強いですよね
最後は闇喰いする普通の自傷デッキです
同キャラ戦が難しいです


20181025180634_1

原初疾走デッキ
侮蔑ガルミーユしつつ、後は流れで・・・
《侮蔑の使徒》はネクロロイヤル戦は4ターン目に盤面を空にして顔に投げるのが
返せるカードが少ないリーダーなのでおすすめの動きです
《原初の竜使い》はロイヤル戦は進化温存ぎみ、ネクロ戦は進化安定です
ヴァンパイア戦はきついので顔主体で場を詰めないと厳しいです


20181025180644_1

ファミ通Appに出演されているあぐのむ氏のデッキを軸に調整しました
押し切れる場合は横並びから《グレモリー》で押し切り、無理そうなら
《飢餓の絶傑・ギルネリーゼ》からフェリOTKなども狙います
《ハッピーピッグ》から始まる体力回復能力を持つカードのおかげで
ヴァンパイア戦に強いです


20181025180659_1

心が癒やされるネメシスデッキです
《破壊の絶傑・リーシェナ》軸は割とどのリーダーにも勝てなくはないのですが
安定性が高くないのでメインではありませんでした
回す分にはプレイングは面白いです