b8d9c50a45d8b341e58fc3f241b1a2540ab5be43eec16ccb79550553393d3a19




キーカード
《スカルフェイン》
C_101741010

この構築では《スカルフェイン》を採用して、大量に設置したアミュレットを一気に破壊し
フォロワーの大量展開を狙うタイプのカウントビショップに仕上げています。
ゲーム中2枚は引きたくないけど1枚は手札に来てほしいカードですので採用枚数は2枚となっています。



デッキの長所
・カウントダウンを利用してフォロワーの同時展開が可能 
今の環境では全体除去を利用できるリーダーが限られており、その採用率や採用枚数も多くないことから
一度に複数の大型フォロワーを展開出来れば相手をそのまま押しつぶすことが出来ます。
《スカルフェイン》の利用の他、その後の展開を意識してカウントダウン数の調整をしましょう。


デッキの短所
・壁や戦力を即座に供給するのが苦手
カウントダウンフォロワーを利用するためにアミュレットを大量に投入していることから、
必要な時に戦力が足りなくなってしまうことが多いです。 
終盤お互い手札を消耗したうえでドローに頼る状況になってしまうと非常に不利なので
《詠唱:聖なる願い》《ダークオファリング》で手札切れを避けて動きたいです。

・アグロデッキに対して非常に不利
前述の理由とも重なりますが、戦力の供給がゆっくりになるため
高速で勝負を決めにくるデッキ、特に横に展開するロイヤル等のリーダーに対して不利になります。
一旦凌げさえすれば立て直すことは一応可能なので、
相手のリーダーを見た時点で諦めず手札入れ替えで解決策を引きに行きましょう。


デッキの回し方
・前半
まず、相手リーダーを見て手札の入れ替えをすることになります。
ロイヤルは勿論、ネクロマンサーやヴァンパイア等アグロの可能性があるリーダーに対しては
コスト3以上のカードを全て戻してでも《スネークプリースト》《詠唱:夢想の白兎》
相手の展開に応じてコストが安く展開できる《詠唱:神域の守護者》といった
守護持ちで軽めに展開できるカードを引きに行きたいです。
序盤から盤面を支配される脅威がない場合、軽いアミュレットを次々設置して中盤以降に備えましょう。
合間に壁となる《スネークプリースト》の展開や、《漆黒の法典》での脅威の除去を行っていきます。
《鉄槌の僧侶》の進化時能力で厄介なラストワード持ちを除去しながら1:2交換を計るのも有効です。

・後半
各種サポートカードでカウントダウンが0になり、アミュレットが壊れ始めるとやっとゲーム開始です。
攻撃力や体力のサイズ差を利用して相手に除去や進化を使わせていきます。
中盤に大型フォロワーを犠牲に《ダークオファリング》で回復と補充をしておくと終盤が楽になります。
相手の展開するフォロワーとアドバンテージの交換を続けながらアミュレットの展開を続け
《テミスの審判》で一方的な除去を行うか《スカルフェイン》のファンファーレで一気にゲームを決めましょう。



今回のレシピでは《スカルフェイン》で大型フォロワーを召喚することを前提に
カウントダウンの数が大きいアミュレットを多めに構築していますが
《詠唱:聖獣への誓い》《詠唱:清浄の狐》等の早めに中型を展開できるカードを増やし
《スカルフェイン》の枠を《サタン》や純粋に単体で強いカードに差し替えても面白そうです。
まだまだ環境も初期なので、色んなデッキを試してみたいですね!