dc2ca49658b77d2b56be4b70247bea4b7307ba597c23b11c25a85876894562a6

キーカード
《サタン》
C_101041030

今回の構築では、PP加速系カードである《竜の宣託》《ドラゴンナイト・アイラ》を利用して
相手よりも速く高コストフォロワーを展開するドラゴン特有の戦術のフィニッシャーに
強力なファンファーレ能力を持つ《サタン》を採用しています。
《サタン》に依存せずとも盤面を支配できるよう構築しているため、採用枚数は2枚になっています。


デッキの長所
・高い盤面コントロール力があり、長期戦になるほど有利に
デッキ内に1枚のカードで相手に複数枚のカードの使用を強いる効果を持つものが多く
《ファイアーリザード》《ドラゴンウォーリア》《ドレッドドラゴン》の能力で相手のフォロワーを倒したり
《プリズンドラゴン》《ゴブリンマウントデーモン》《ドラゴンガード》
コストに対して性能が高い守護持ちフォロワーの展開で盤面を制圧できます。


デッキの短所
・ミッドレンジに不利になる局面がある
今回の構築では多少軽量フォロワーを多めに積みアグロデッキにも対応できるようにしていますが
それよりもサイズが大きく中盤に勝負を決めに来るデッキに対して不利になることがあります。
特に以前紹介した「カウントビショップ」といった、自分より早く自分と同等以上のフォロワーを大量展開し
せっかく取ったボードアドバンテージを《テミスの審判》1枚で覆してくるようなデッキとは少し相性が悪いです。


デッキの回し方
・前半
最初の手札の入れ替えはデッキコンセプトを成立させるためにもPP加速系カードを優先します。
相手のデッキがロイヤルやネクロマンサー、ヴァンパイア等、アグロの可能性があるリーダーに対しては
多少軽量のフォロワーをキープして序盤の攻勢を凌げるよう準備しておきたいです。
後攻であれば4ターン目に《ドラゴンウォーリア》を進化させる動きが
非常に強力なので1枚キープしておくのも良いでしょう。
相手がミッドレンジやコントロール等ゆっくりしたデッキと予想されるのであれば
手札を全部取り変えてでもPP加速系カードを引きに行きたいです。
ゲーム開始後、序盤はPP加速系カードを連打する動きが理想です。
首尾よく引けた場合は優先してプレイし、この後のゲームを有利にしましょう。
引けなかった場合でもPPが増えるまでは《プリズンドラゴン》《ドラゴンウォーリア》
《ゴブリンマウントデーモン》等強力なフォロワーで1:1以上の交換が出来るように立ちまわりましょう。
ゲーム全体で《ドラゴンウォーリア》《ジルニトラ》を進化出来るようEP管理には注意したいです。

・後半
PPが7を超え覚醒状態になってしまえばこっちのものです。
強力なファンファーレ能力を持つ《《ドレッドドラゴン》《神龍》
大型フォロワーを一気に展開でき盤面への干渉力が高い《ジルニトラ》で相手を攻め立てます。
これまで並程度の能力だった《ドラゴンライダー》や《変化する魔術師》も強化され、無駄がありません。
盤面に有利が築けたところで《サタン》を呼び出せば勝利は決まったようなものです。
《サタン》を場に出す前にある程度戦場を支配出来ていれば、先に相手がリタイアする場合も多いです。



今回は序盤に相手にペースを握られ過ぎないよう軽めのフォロワーを多めに採用していますが
この枠の一部を《騎竜兵》に変更すればさらに速いターンにサタンを場に出すことも可能でしょう。
フィニッシャーの《サタン》枠を《ジェネシスドラゴン》にするのもメジャーな構築のひとつです。
ドラゴンでの《サタン》運用は他の5コスト以上を排し《竜の伝令》で確定サーチ出来るようにしたり
そこに《鳳凰の庭園》を共存させたりと色々構築にもバリエーションがあって面白いですね。