939c0387e13680485e57260e99c25c6f89ca2f5e30531f49ce9d224bfef27b0b

キーカード
《デスタイラント》
C_101531040

今回の構築は、ネクロマンスを各種カードで蓄積させ《デスタイラント》で一気に決着をつけるデッキです。
一気に13点返せるので時には自身のライフを犠牲にしながら場を構築していきます。
一撃必殺という言葉がよく似合うコンセプトデッキです。



デッキの長所
・場の展開はアグロデッキ、プレイングはミッドレンジ寄りという守り進行なので読まれても対応策が少ない
デスタイラントデッキであることはバレやすいですが、バレたところで対応策が少なく
条件さえ整ってしまえば相手側からは止める手段はありません。
・相手リーダーを7点減らせば一撃射程圏内
基本的には《デスタイラント》を出すことをメインとして場を組み立てていくので
相手のライフが残り13点になれば致死です。その関係もありヴァンパイアの復讐対策にもなります。
他のデッキと違い自分のライフはある程度消費しても大丈夫という強みもあります。しなやす。


デッキの短所
・消滅や守護持ちが多いビショップに弱い
守護持ち対策として《幽体化》も挿してありますが、《デスタイラント》が6コストということもあり
ターン遅延されてしまうことがあります。
・相手のアグロデッキが回った時に受けきれなくなる場合がある
アグロロイヤルが最速で効率よく回った場合、手札次第で必要なネクロマンスを稼ぎ切る前に
ゲームが終わらされてしまうことがあります。
ネクロマンサーも守護持ちが多いので致死に必要なダメージを稼げず足りないということもあります。


デッキの回し方
・前半
最初の手札の入れ替えは相手リーダーに合わせて調整します。
アグロデッキの可能性があるロイヤルやエルフは《エンジェルバレッジ》を1枚持っておきたいです。
ネクロマンサーやヴァンパイアのように体力が優秀なフォロワーが多いリーダー相手の場合は
普通に1~2コストのフォロワーを引いた方が良い場合が多いです。
ドラゴンやウィッチ、ビショップは動き出しが遅いので《集団埋葬地》がある方がかなり楽です。

ゲーム開始後は、ネクロマンスを貯めつつダメージを5~7点稼ぐ必要があるので
動き方としてはリーダーへのダメージではなく、盤面の制圧をメインとして進行していきます。
3~4ターン目らへんに《ソウルコンバージョン》《新たなる運命》で相手の進化が動き始める前に
ネクロマンスを稼げるとおいしいです。


・後半
進化可能以降は《ケルベロス》《ココ》《ミミ》で場を制圧しつつ優秀な守護持ちの
《ゴブリンマウントデーモン》でターンをしのぎます。
最後は、ネクロマンス24ある状態で《デスタイラント》《幽体化》(>《ミミ》>進化)
で守護を無視して一撃必殺を狙います。



管理人も運用しているデッキの1つで、各対策も加えながらのデッキ構成となっています。
《集団埋葬地》は2枚派と3枚派がいらっしゃると思うのですが、この記事を書いた時点では
ミッド寄りのロイヤルや冥府エルフ、コントロールヴァンパイア等が流行している時期だったので
管理人は2枚挿しでした。
アグロ型が多い時期は《エンジェルバレッジ》に頼りつつ、ミッドレンジ型が多い時期は
この枠を《エクスキューション》《ソウルハント》などに割り当てる方が良いと思います。