56686207aa4e145d32eacad058482040255a092de95399ce44620585e4c60886
デッキリンク(どばすぽ)

キーカード
《海底都市王・乙姫》
C_101241010

今回の構築は、特定のカードを運用するコンセプトデッキではないですが
疾走持ちのフォロワー達と、フォロワー強化による安定したダメージ源の確保をメインとし
それを補助する守護持ちの《ロイヤルセイバー・オーレリア》と中盤の場を支えてくれる
《海底都市王・乙姫》の2枚のレジェンドフォロワーを活用し場にフォロワーを並べて攻め立てます。



デッキの長所
・フォロワーを並べるだけでなく強化することで中盤のダメージレースを突破しやすくする
中盤以降に並べたフォロワーに対し《風神》《セージコマンダー》といった自軍フォロワーを
範囲強化するフォロワーを用いて、相手のダメージ計算を狂わせやすくするのが特徴です。
その範囲強化に対して軽いコストの疾走持ちをメインで組み込んであるので
ダメージ恩恵が得やすくなっています。


デッキの短所
・相手のPP最大値が増えてくる6ターン目以降までもつれ込むので相手のプレイング警戒が難しい
アグロロイヤルと比べると相手側も返し手が色々と可能になるミッドレンジまで場を引き延ばすので
相手側の範囲除去や中型フォロワーによる守護持ちなどをどう処理するかなど
盤面処理とフェイスダメージのバランス、相手PPに対する読みなどが難しいです。


デッキの回し方
・前半
最初の手札の入れ替えはアグロ型と同様に先手を取って行きたいので、1~3コストのフォロワーを
バランスよく手札に入れておきたいところです。
特に中盤重要になる指揮官を回収出来る《メイドリーダー》を1枚手札に抱えられればベストです。
ネクロマンサーやロイヤルなどのアグロ型の可能性がある相手に対して後手を拾ってしまった場合は
4ターン目最速進化を狙える《フローラルフェンサー》をキープするのも手です。
ゲーム開始後は、1:1交換以上になる場合を除いてリーダー狙いをメインに立ち回ります。
《フェンサー》《ホワイトジェネラル》でフォロワーを強化し有利なトレードで盤面制圧しましょう。


・後半
《ロイヤルセイバー・オーレリア》などで場持ちさせつつフォロワーを展開させ
《風神》《セージコマンダー》で強化したフォロワーで場を制圧します。
特に、《海底都市王・乙姫》をプレイした次のターンに残った盤面に対して
残りPPに応じて《セージコマンダー》《風神》をプレイという流れが7ターン目以降のメインになります。
特に《風神》は所持効果の関係でヘイトを集めやすいのでそれを逆手に取れると
盤面を有利に進めることが可能です。
相手の高耐久フォロワーに対しては除去スペルを組み込んでいないので
ステータスが優秀な《セージコマンダー》の進化などでも対応しましょう。



デッキ的にはやることがシンプルな分、アグロ型と比べると対応幅が広くなっています。
5コスト以上のフォロワーをどの順番で出すか、2コスト~3コストのフォロワーのプレイタイミング
相手プレイングへ読みがメインとなる、ランキング上位のrizer氏が採用していたデッキです。
レジェンドフォロワーが合計6枚とかなり高いデッキなので、高いカードの代わりに
《アドミラル》《天剣の乙女》《シールドエンジェル》などに差し替えるのも手です。
ミラーデッキ対策で、《フロントガードジェネラル》を組み込むのも強いと思います。