78388c92e63fd6fc63b3622edbeab50ff34e0fbec36e2d3d954c29b4959844fe
デッキリンク(どばすぽ)

キーカード
《腐の嵐》 / 《死の祝福》 / 《デュエリスト・モルディカイ》
C_101534030

今回の構築では、ネクロマンスを用いたアグロ型に強いデッキを構築する為に
《腐の嵐》《死の祝福》といったスペルを中盤に使用し、最終的には
《デュエリスト・モルディカイ》がプレイ出来る8~9ターン目での決着を目指すというデッキです。
デッキ構成としてはアグロ~ミッドレンジまで対応する横長のコストカーブを描いているので
ドロー次第では早期決着も十分可能になっています。

デッキの長所
・範囲ダメージと序盤火力の両方を持つのでアグロ型デッキに強い
《腐の嵐》《ネクロエレメンタラー》が低体力に刺さるだけでなく、ステータスに優れた
フォロワーで構成されているので盤面交換能力が高く、アグロ型が苦手とする中盤以降に引き込めます


デッキの短所
・終盤に持ち込んだ時に火力負けすることがある
疾走を多く含んだハイスペックなフォロワーも多いドラゴンやコントロールヴァンパイアのような
8ターン目付近での勝利を目指しているコンセプトデッキと戦うと7ターン目以降の火力差で
《デュエリスト・モルディカイ》に繋げる前にリーダーの体力が厳しい状況になってしまいます。
そうなると《デュエリスト・モルディカイ》がプレイ出来ず押し切られることがあります。
また冥府エルフデスタイラントネクロマンサーのように特定ターンまで凌がれると
高火力が出るタイプに対してダメージレースで負けてしまうことがあります。
《デュエリスト・モルディカイ》が終盤に落ちると詰むことが多い
ラストワードの発動条件である破壊が行われないビショップの消滅では再出現しません。
また、ドラゴンの《竜化の秘法》やウィッチの《冬の女王の気紛れ》のような
フォロワーを書き換えるカードでも対策されてしまうので注意しましょう。


デッキの回し方
・前半
最初の手札の入れ替えは1~2ターン目に必ず手札から場に出せるように
1枚1~2コストのカードがあるように入れ替えます。
《スカルビースト》はどのデッキに対しても強いので手札に居たらキープしましょう。
最低でも2ターン目に動いてないと厳しいので、《スパルトイサージェント》
《スカルウィドウ》が引けるように手札交換しましょう。
ロイヤル戦は《腐の嵐》《ネクロエレメンタラー》のどちらかが初期手札に欲しいです。
それ以外のリーダーの場合はすぐには《腐の嵐》を使わないので交換しましょう。
後攻であれば4ターン目に《悪戯なネクロマンサー》を進化させる動きが
非常に強力なので1枚キープしておくのもオススメです。

ゲーム開始後は基本的に盤面を制圧しつつリーダーを狙っていきます。
ウィッチやアミュレット型のビショップなど盤面展開が遅い場合、そのまま殴り倒せるように
フォロワーをどんどん展開させていきます。
ヴァンパイア戦の場合、終盤まで持ち込んでから一気に火力を出せるので
一切リーダーを狙わず盤面だけ取り続けるのがオススメです。
後半に《腐の嵐》《死の祝福》に繋げる為に《レッサーマミー》《幽体化》などで
ネクロマンスを使わないように温存しておきましょう。
ネクロマンス5以下で撃つ《腐の嵐》も大事なプレイングなので意識できると強いです。
《ウルズ》《ラビットネクロマンサー》によるダメ押しや《デュエリスト・モルディカイ》の分裂で使えるので
後半までプレイせず取っておくのがオススメです。
アグロプレイで押し切れそうな場合以外は中盤以降の為に力を貯める方向で動いていきます。

・後半
4~5ターン目に《悪戯なネクロマンサー》、5~6ターン目に《ケルベロス》
6~7ターン目に《死の祝福》と順番に展開し8ターン目までの場繋ぎと火力蓄積をします。
盤面が辛い場合は、5ターン目は《ケルベロス》《グレイブウェイカー》、6ターン目は
《ゴーストライダー》の進化などで盤面を取っていきましょう。
ここまで進行が順調なら、《デュエリスト・モルディカイ》が8ターン目に出せると思います。
残りの相手リーダーの体力は《幽体化》を使ったり、《デュエリスト・モルディカイ》《ウルズ》
などを使ったりして盤面を整えつつフィニッシュに向かいましょう。



ネクロマンスがちょうど必要な分だけ溜まっているのも大体《ケルベロス》のおかげです。
相手を問わず手札が事故らなければある程度の戦果が約束されているので
苦手なデッキが少なく、ランクマッチ向けなデッキの1つだと思います。
管理人的には、ミラーマッチの場合の相手先手で《デュエリスト・モルディカイ》を先に出されて負ける
という流れが割りとキツいと感じています。