d5834073587d475e18802989b979d50f810d90f23890ce5be248dea805783166
デッキリンク(どばすぽ)

キーカード
《ノノの秘密研究室》 / 《ゴーレムプロテクション》
C_101333010

今回の構築は、秘術型(土型)ウィッチの基礎となる《ガーディアンゴーレム》をたくさん場に並べて
場を制圧しつつ勝つという基本的な動きをするデッキです。
序盤から盤面の制圧力が高めなのでスペルブースト型で苦手だった
アグロ型ともある程度戦えるようになっています。
《ガーディアンゴーレム》で場の有利を保ちつつ相手リーダーの体力を削り
最後は《ゴーレムプロテクション》などから一気に攻勢を掛けるという秘術型(土型)ウィッチデッキです。



デッキの長所
・序盤から守護持ちをたくさん展開出来る
アグロ型~ミッドレンジ型に対して守護持ちを展開出来るので中盤までに体力負けしにくいです。

・単体除去による盤面コントロール力を持っている
ウィッチらしいスペルブーストを使うバーンスペルだけでなく、ビショップのような
消滅効果持ちの除去スペルである《錬金術の代償》《変成の魔術》も組み込まれているので
重要なラストワード持ちが出てくるドラゴンやネクロマンサー戦で活躍してくれます。
特に《変成の魔術》はアミュレットも3コストで消滅させられるのが大きいです。


デッキの短所
・中盤以降も《ガーディアンゴーレム》に頼りがちになるので盤面のステータスが高くない
序盤強かった3/3の《ガーディアンゴーレム》も4ターン目を越えたところぐらいからただの土人形です。
特に7ターン目以降の相手大型フォロワーは盤面の取り合いをしてしまうとステータス負けしてしまい
不利な1:2交換を強いられてしまうので、対リーダーと盤面管理のバランスに注意が必要です。


デッキの回し方
・前半
最初の手札の入れ替えはリーダー別で選ぶカードを選択します。
ロイヤル戦はまず序盤を乗り越えないと厳しいので、《実験開始》《クラフトウォーロック》を持ちつつ
《ルーンガーディアン》または《ルーキーアルケミスト》という組み合わせの手札が心強いです。
最低でも《ウィンドブラスト》1枚は欲しいと思うことが多いです。
アグロ型の可能性がある対ネクロマンサー戦もほぼロイヤル戦と同じ手札にしておきます。
《ラビットネクロマンサー》警戒で《錬金術の代償》を初期手札に抱えておくのも手です。
それ以外のリーダーだった場合は、《マジックミサイル》《運命の導き》を抱えて
ドローを優先するのがオススメです。

序盤のターンは、土の印効果を持つ《実験開始》やラストワードで《土の魔片》が出てくる
《クラフトウォーロック》《錬金術の代償》などで常に土の印を持つアミュレットが
1個以上場に出ている状態を目指します。
4ターン目までは受けになりがちですが、早めに《ガーディアンゴーレム》を成立させ
相手から盤面有利を奪い、相手リーダーへ攻撃をしておきましょう。
この時盤面有利を維持しないと辛いので、《変成の魔術》は土の印を持つアミュレットが
場に出ている時にプレイしましょう。
序盤の面倒な相手フォロワーにはスペルブースト後の《ウィンドブラスト》で対処しておきましょう。
面倒な《守護の陽光》は3ターン目の《変成の魔術》で消滅させてしまうのも手です。


・後半
ここからは7ターン目を見据えて行動を進めていきます。
5ターン目に土の印を持つアミュレットが最低1個場に残っている状態が望ましいです。
4ターン目に《錬金工房》>5ターン目《エンシェントアルケミスト》と繋げてプレイするか
《地裂弾》《変成の魔術》《ウィンドブラスト》などで場を凌ぎます。
6ターン目は《ガーディアンゴーレム》2~3体か《ジュエルゴーレム》、土の印が足りない場合はここで
土の印を持つアミュレット+除去スペルとプレイし
7ターン目の《ノノの秘密研究室》《双璧の召喚》まで進めていきます。
後は盤面に居座る大型フォロワーをスペルカードで除去しつつ終わらせましょう。



今回は《ガーディアンゴーレム》で殴りきれる生成エーテル的にも安めのデッキですが
土ウィッチはコントロール力が高いので、単体バーンスペルだけでなくもう少しスペルブーストに寄せて
《ファイアーチェイン》《フレイムウィッチ》《アークサモナー・エラスムス》などを採用し
最終的には《サタン》《冥府への道》に繋げたり、《次元の超越》《魔導の力場》などの
フィニッシャーに繋がるようなデッキ構成にするのもオススメです。