7add395673d86e39f3bfc323874388994ffe2cefcb75e871c041fcd3d74f59bd
デッキリンク(どばすぽ)

キーカード
《冥府への道》 / 《サモンスノー》
C_101032010

今回の構築は、その1同様ウィッチで《冥府への道》を成立させるというコンセプトデッキになります。
プレイングの基本はその1と同様に《サモンスノー》が墓地を増加させるキーカードとなっています。
代わりに、《マーリン》《ファイアーチェイン》などの高エーテルカードを採用せず
その1と同じぐらいの速さで《冥府への道》を成立させることが可能なデッキとなっています。



デッキの長所
・冥府デッキとしてはかなりの低エーテルで構築が可能
冥府エルフ冥府ネクロマンサーと言ったレジェンドが欲しいデッキと違い
ゴールドレア以下で構成されているので手軽に冥府デッキを楽しめます。

その1と比べ更にドローソースが豊富になっているので手札が事故りにくい
新たに《光の道筋》を採用しているので《新たなる運命》の効率が更に上がっています。


デッキの短所
・疾走持ちフォロワーやリーダーへの直接攻撃に弱い
その1と変わらずロイヤル等のアグロ型やドラゴンやヴァンパイア等のフェイス型が苦手です。


デッキの回し方
・前半
最初の手札の入れ替えは最速で《サモンスノー》をプレイ出来るようにします。
《サモンスノー》が手札になかったら全部交換でも良いです。
特に序盤が厳しいロイヤル戦の場合は《実験開始》《ルーキーアルケミスト》
《ガーディアンゴーレム》セットを抱えておくのもオススメです。
相手がコントロール型が予想されるビショップやヴァンパイアの場合は
《虹の輝き》《新たなる運命》が初期手札にあったら全力で甘えるのもオススメです。
《サモンスノー》以外は《知恵の光》《運命の導き》といったドローソースとなるスペルを重視しましょう。

序盤のターンは、スペルウイッチ型と同様に《知恵の光》《エンジェルスナイプ》
《マジックミサイル》《ゴーレムの錬成》で場をしのぎつつ《サモンスノー》のブーストを5体にします。
序盤の面倒な相手フォロワーにはスペルブースト後の《ウィンドブラスト》で対処しておきましょう。
その1と比べ《変成の魔術》を増やしているので状況に応じて3ターン目以降は消滅も狙っていきましょう。


・後半
《サモンスノー》をプレイし《スノーマン》で場を満たし相手の盤面にいるフォロワーを取ります。
ベストとしては《サモンスノー》と進化で5~6ターン目の相手フォロワーを処理
更に続くターンも《サモンスノー》をプレイし場をキープするという流れになります。
後は1枚なら《冥府への道》《新たなる運命》で流してでも墓地30を完成させましょう。



その1と比べ《マーリン》を抜いたことにより進化も気軽に使えるようになって
プレイのしやすさが上がっているなぁと回すと感じます。
ある程度割り切る部分(ロイヤル戦とか)も多いのですが、《冥府への道》を成立させる楽しさは
十分味わえるのではないか?と思うので冥府ウィッチの入門デッキとしてオススメです。