25226ee5a329f01afd40ef150762b163eccced0f78436b344395bffd81ad433c
デッキリンク(どばすぽ)

キーカード
《運命の泉》 / 「攻撃されない」フォロワー各種
C_100012010

フェイスドラゴンは《ドラゴニュートスカラー》《トリニティドラゴン》といった
「攻撃されない」効果を持った軽量フォロワーを多用することで
フォロワー戦での除去体性を上げつつ相手リーダーを殴りきるデッキですが
今回はその中でも《運命の泉》を採用したタイプをご紹介したいと思います。
《運命の泉》は盤面に残りやすい「攻撃されない」フォロワーと非常に相性が良く
クロックの増加と共にダメージ除去への耐性付与が見込めます。



デッキの長所
・「攻撃されない」フォロワーが多く、除去の少ないデッキに対して強い
ミッドレンジロイヤルのようなフォロワー戦で盤面を支配するようなデッキでは
直接フォロワーを除去するカードが投入されることが稀で、採用されても枚数が少なくなりがちです。
そういった相手に対して、盤面の状況を無視してリーダーの体力を減らすことに集中できる
「攻撃されない」フォロワー達は非常に有利に立ちまわることが出来ます。

・1回1回の試合時間が非常に短い
高速で相手リーダーを殴りきるデッキなので、勝つにせよ負けるにせよ
1回のゲームのプレイ時間が非常に短くなります。
そのため、他のデッキと比べて高速で試合数を消化することが出来ます。


デッキの短所
・息切れしやすく、大型の守護持ちが苦手
フェイス系デッキの宿命ですが、戦力のほとんどを序盤に偏らせているため
試合が後半にもつれ込むにつれ、どんどん戦況が厳しくなっていきます。
特に相手の大型守護フォロワーが場に出た時に《ワイルドハント》等の対抗策が引けていなければ
その対応に数枚のカードと数ターンの時間を割くことになってしまうでしょう。


デッキの回し方
・前半
最初の手札の入れ替えですが、「攻撃されない」フォロワーを優先的にキープします。
特に《ドラゴニュートスカラー》はデッキを回転させる上でも便利なので、1枚握っておきたいカードです。
先攻であれば1コストフォロワー>《運命の泉》で3ターン目に2/3を作る動きが強力ですので
これらのパーツを積極的に狙っていくのもよいでしょう。
《竜の伝令》からの《ダークドラグーン・フォルテ》がフィニッシュ手段のひとつなので
他の手札で序盤を回せるようであればキープしておきましょう。
軽くとも序盤から能動的に使わない《ブレイジングブレス》《ワイルドハント》や
このデッキのプランとしては少々重めの《ドラゴンウォーリア》は入れ替える対象となります。
ゲーム開始後、序盤は優秀なサイズのフォロワーをどんどん展開し、リーダーを攻撃します。
《ファイアーリザード》は《ワイルドハント》の条件を満たすこともできるので、後に取っておくのもアリです。
基本的にはボードアドバンテージよりも相手の体力を削ることを優先しますが
残しておくことで強化やバウンスで使い回され不利になりそうなフォロワーは除去しましょう。
進化が出来るようになった時、盤面が均衡~不利の場合は《ドラゴンウォーリア》を進化させ
相手にボードの支配権を渡さないよう立ち回りたいです。
それ以上の状況であれば「攻撃されない」フォロワーを出して進化させ、相手フォロワーを一方します。
この時、相手のデッキに入っているとダメージ除去の点数に気をつけながら動けると良いです。
相手がヴァンパイアの場合、出来れば次の一手の《ダークドラグーン・フォルテ》進化で仕留められるよう
復讐状態にするターンを考えたいですが、正直何で返されても辛いので割りきって殴るのも選択肢です。


・後半
PP5以降はフェイスデッキとしては既に終盤に差し掛かるタイミングです。
ここまで綺麗に回っていれば、うまく相手を圧殺できているかもしれません。
4ターン目あたりに《竜の伝令》を使うタイミングがあったなら
コストの軽減された《ダークドラグーン・フォルテ》を連続してプレイし
一気に大ダメージを与えてゲームを決めることが可能になります。
7ターン目以降は《ダークドラグーン・フォルテ》にも「攻撃されない」能力が付き、なお強力ですが
これ以降は出来る限りもつれ込みたくないので、無事フィニッシュできることを祈りたいです。



フェイス系デッキは線が細くなりがちでどうしても相手のデッキとの相性がでやすいですが
中盤以降の補助のために《竜の怒り》《デモンストライク》を少量採用するのも良いでしょう。
その場合はコスト帯の被る《ドラゴンウォーリア》が優先的に交換されることになりそうです。
その他「攻撃されない」能力を持った《デスミストドラゴン》を採用して
大型に対して《ワイルドハント》を撃ちやすくしてみるのも面白そうです。