a1ae91d98381ab94f160c1ede70ab215701c8e7e068ec031013611366eefdb88
デッキリンク(どばすぽ)

キーカード
《ホーリーメイジ》
C_101721080

今回の構築は、ビショップのフォロワーの中で唯一潜伏を持つ《ホーリーメイジ》
各種アミュレットや《運命の泉》などで強化して一気にフィニッシュまで持っていくデッキです。
除去と守護に優れているカードで構成されているので、フィニッシュに必要となる攻撃力が
他のリーダーの泉デッキに比べ溜め込みやすい性質を持っています。



デッキの長所
・豊富な除去で火力をリーダーに通しやすい
《詠唱:異端審問》や《漆黒の法典》などの除去スペルやアミュレットのおかげで
相手の守護持ちなどを除去して火力を通すことに長けています。


デッキの短所
《ホーリーメイジ》以外はなかなか攻撃力が上がり切らないので必要ダメージを集めるのが大変
序盤~中盤を耐えるカードを多めに採用してしまっているので
終盤に入ると火力負けしてしまうこともあります。


デッキの回し方
・前半
最初の手札の入れ替えはアグロやフェイス型の可能性があるロイヤルやネクロ戦は
《スネークプリースト》が手札にある方が無難です。
3種の1コストアミュレットも初期手札に1枚欲しいところです。
コントロール型が予想されるヴァンパイアやビショップ戦は《運命の泉》《ホーリーメイジ》を抱えて
全力で攻撃力を上げに行く初期手札などもオススメです。
それ以外は相手リーダーに合わせて《教会の護り手》《プリズムプリースト》などを持っておきましょう。
序盤はコスト順にプレイしていきます。盤面が厳しい場合に備えて早めに《詠唱:異端審問》や
《漆黒の法典》をプレイするのがオススメです。
相手の盤面進行が少しでも遅い場合は《ホーリーメイジ》《運命の泉》《詠唱:夢想の白兎》
早めに場に揃えて《ホーリーメイジ》育成に励みましょう。
ヴァンパイアには苦手な範囲攻撃やランダム攻撃も多いので
無駄にダメージを与え過ぎないよう気をつけましょう。


・後半
進化は普通のビショップと同様に《鉄槌の僧侶》に使うのが無難なことが多いですが
6~7ターン目で決められそうな流れがあったら《ホーリーメイジ》に使うのも手です。
《治癒の祈り》は《詠唱:異端審問》や《詠唱:死の宣告》と同時にプレイし即時除去も強いです。
場は《クレリックランサー》《詠唱:夢想の白兎》などで耐え、手塩にかけて育てた
《ホーリーメイジ》で後は倒すのみです。
6ターン目ぐらいに攻撃を始めて、7ターン目に《ガブリエル》プレイで撃破出来るのが理想的です。



今回は《ムーンアルミラージ》はピン刺しですが、《運命の泉》で育つと良い活躍をしてくれます。
もう少し中~後半寄りにしたい場合は、中盤息切れしやすいので《ダークオファリング》を採用したり
《守護の陽光》を採用し《詠唱:聖獣への誓い》などの中型フォロワーが出てくるアミュレットを
採用するのもなかなか面白いです。
また、単体除去スペルを防げるようになる《シュラインナイトメイデン》を採用するのも
《ホーリーメイジ》特化でなかなかオススメな入れ替え候補です。
上手いこと早めに《ホーリーメイジ》が場に2枚並んだりすると、1ターン20点も夢ではないところが
このデッキの楽しいポイントの1つですね!