各リーダーの2Pick用のカード性能をPick時に判断しやすいように
ステータス、プレイコスト、能力、2Pick間でのシナジーなどを管理人が評価したものを
レア度別で1~10点でまとめてみました、並びはコスト順となっています。

※注意点
各点数は、2Pickではレア別にPickが分かれているので各レア内で競合しています。
ブロンズ枠/シルバー枠/ゴールドレジェンド枠/ニュートラル枠の全4枠です。
ニュートラルに属するカードはリーダーによって点数が変わることがあります。

点数表としての目安は以下のとおり
10点:極めて強いカードなのでデッキコンセプトを無視してでもとりあえず取るべきカード。
9点:極めて強いカードなので、もう1枚のカードが弱くても取るべきカード。
8点:強力なカードなのでデッキの主軸とするべきカード。
7点:メインの戦力となるカード、パフォーマンスが良い有能なカード。
6点:各コストを構成する基本的なカード、コストパフォーマンスとしては普通。
5点:とりあえず各コストを埋める為にならPickしても良いカード。
4点:役に立たないこともあるがたまに役に立ってくれることもあるカード。
3点:明らかに弱いカード、コストカーブが悪い時には仕方なく取ることもあるカード。
2点:取るだけで明らかにPick損だと感じられるカード。
1点:このカードが入ってる側をPickしたくないカード。もう片方のPickを選ぼう。


ブロンズ
5点:《蠢く死霊》
   1コストとしては優秀な能力ですが2/2に取られやすくアド損しやすいのが気になります。
7.5点:《ナイトメア》
   ヴァンパイアのブロンズ枠2コストでは唯一の2/2、後半無視できないサイズになるのも強いです。
6.5点:《スウィートヴァンパイア》
   素でドレインを持つ唯一のフォロワーとして序盤からの体力管理に役立ちます。
6点:《リリム》
   攻撃力が2あるのは良いですが体力1は同コストに一方されることも多く不安なスタッツ。
6点:《ヴェノムコブラ》
   1/3は後ろ向きですがぐだりがちな後半に必殺で有利交換を取れるのは良いです。
6.5点:《レイニーデビル》
   引きゲーになりがちな2Pickでキャントリップは偉いです。序盤でも最低限戦えます。
7点:《ブラッドウルフ》
   安定した回復手段が望めないので本体ダメージが痛いですが、疾走2点は強力です。
6点:《血の取引》
   貴重なドローソースですが、ダメージを受ける上盤面に干渉できないのでプレイタイミングに注意です。
6.5点:《鋭利な一裂き》
   相手リーダーに飛ぶ火力という珍しい特徴も2Pickでは安定したフェイスデッキを組みにくいです。
5点:《リミルの秘密》
   体力回復のために手札を失うのは厳しいです。場持ちが良いフォロワーがあるなら評価+。
7点:《眷属の召喚》
   2体の《フォレストバット》を出せて非常に小回りが効きます。サポートカードとの相性も良いです。
6点:《狂気の処刑人》
   同コストの3/2と相討ちなので先攻後攻で強さが変わってくる1枚。後半引くと悲しいです。
7.5点:《メタルガーゴイル》
   3コスト2/3は序盤に強く、復讐状態のファンファーレも便利で腐りづらいです。
6.5点:《キラーデビル》
   《フォレストバット》を展開できるカードは強いですがどちらも体力1なのはちょっと困るところです。
7点:《デモンハンドアサシン》
   2Pickでのドレイン持ちは貴重な回復手段です。3/2は素で出しても安心のスタッツ。
4点:《デモンスナイパー》
   攻撃力が非常に高いですが体力1は何にでも取られてしまうので状況を選び過ぎます。
7.5点:《サキュバス》
   スタッツだけで採用でき、盤面を取っているだけでダメージレースにも追いつけるのが優秀です。
6点:《ブラッドレイジ》
   デメリットなしの火力として非常に使いやすいカード。ただ後半6点だけなのはちょっと不安です。
7.5点:《ダークジェネラル》
   疾走が付いた時の4コスト4点は強烈。素で出して4/3で平均レベルには戦えるのも良いです。
6点:《憤怒の巨人》
   最低でも《ゴリアテ》スタッツで適当に場に出しやすいフォロワーです。後半5/4なのが嬉しいです。
5点:《バーバリックデーモン》
   4コスト4/4は強いですが、攻撃する度のダメージをリカバリー出来る手段がないときついです。
8点:《真紅の粛清》
   ブロンズ枠で拾える貴重な確定除去。ヴァンパイアはサイズ負けしやすいので除去が大事です。
6.5点:《強欲な魔獣》
   コストに対してサイズは小さめですが、ドレインの存在は大きいです。
7.5点:《インプランサー》
   疾走3点火力。体力6で生き残りやすくトドメに使うのにも便利です。
7点:《ランページジャイアント》
   スタッツ・能力共に申し分なし。ブロンズ枠の唯一の大型なので後半に備えるなら数枚引きたいです。


シルバー
5点:《呪剣の吸血鬼》
   後半2/3なのはコスト的には偉い・・・とはいえシルバー枠を潰して引きたくはないです。
4点:《鮮血の花園》
   体力回復手段が乏しいので、強力な復讐カードがない限り使いたくはないです。
5点:《モルモ》
   2コストとしては防御寄りの平均的スタッツで+能力がありますが、シルバー枠としては厳しいです。
7点:《ダークサモナー》
   2コスト2/2はこれと《ナイトメア》のみ。進化時能力に癖がありますが5/5になれるのは強力です。
4点:《復讐の悪魔》
   状況を選び過ぎるカード。ステータスは優秀ですが能動的に復讐できないなら取らない方が良いです。
4点:《ミッドナイトヴァンパイア》
   単体で見ると防御寄りすぎて、有利交換もしづらいです。
   《フォレストバット》関連のカードが多く取れているなら評価に大きく+が付きます。
6点:《ヴァンパイアライカン》
   2/3ステータスが便利。進化はしない方が無難です。
5.5点:《仮面の殺戮者》
   3コスト3/2は能力としては普通です。復讐時の全体1点が役に立つこともあるかも。
9点:《ワードローブレイダー》
   安定の4コスト進化フォロワー。2点ドレインは他より少し弱いとはいえ十分盤面有利を狙えます。
4点:《ゲリュオン》
   条件付きアミュレット破壊能力は誘発する時にはもう手遅れなことも多いです。
8.5点:《夜の群れ》
   単体除去と盤面展開が同時にできる優秀なスペル。関連スペルが多いとなお良しです。
6.5点:《ヴァンパイアバード》
   本体体力が低いのが気になりますが、《フォレストバット》を出せる能力が便利です。
8点:《獰猛な捕食》
   大型を破壊できるスペルは必須級。復讐時にはハンドアドバンテージを失わないのも強みです。
7点:《デモンストーム》
   全体火力ですが、火力が低めで倒したい相手が倒せないことと自分にも効果が及ぶこと
   そして6コストでこれを撃った後のリカバリー手段の少なさから構築のように評価が高くなりません。
8点:《アビスビースト》
   ヴァンパイアとしては大きめのサイズに加え復讐時の5点火力が強力です。
9点:《アルカード》
   7コスト4/4の疾走がかなり強く、復讐時に回復しながら盤面を押さえられるのは優秀です。


ゴールド
4点:《デモンコマンダー・ラウラ》
   何でも3コストで疾走を付けられるのですが、ゴールド枠としては活躍できるかが不安定です。
5点:《漆黒の契約》
   ドローソースですが、そもそもデッキに1~2枚のこれを引くことが安定せず
   引くタイミングによっては全く役に立たないカードになってしまうので残念。
8点:《裁きの悪魔》
   ドレイン必殺の強さは構築以上。素で出してもそれなりですがしっかり復讐で仕事させたいです。
8.5点:《エリニュス》
   ボードと体力を同時に攻められるのは非常に強力。体力が高めなのも嬉しいです。
7点:《ディアボリックドレイン》
   ドレイン付きの火力が復讐時に1コストで撃てるのはテンポを取りやすいです。素撃ちも視野。
5点:《メドゥーサ》
   攻撃時能力が強力ですが、体力が低いので返しのターンに死にやすく、頼りになりません。
7点:《フリアエ》
   9コスト7/7はヴァンパイアの中では最大級のサイズです。能力もメリットばかりで申し分なし。
9.5点:《黙示録》
   高威力の全体除去はカードアドバンテージが取りやすく強力です。
   復讐状態であれば先に立て直すことも容易で使いやすいスペル。
9点:《セクシーヴァンパイア》
   どこにでも飛ばせる5点火力&回復は盤面の脅威排除やトドメ、延命に最適です。


レジェンド
5点:《ソウルディーラー》
   安定した回復手段がないなら体力半分は大き過ぎるデメリットです。
6.5点:《ビーストドミネーター》
   5コスト6/6は驚異的。積極的に相手フォロワー数体との交換を狙いたいですがライフロスも大きいです。
8点:《クイーンヴァンパイア》
   1枚で3体のフォロワーを展開出来るだけで強力。《フォレストバット》に守護付与で
   ゲームを引きのばせるのも偉い。
7点:《ガブリエル》
   コウモリなどの大量展開して生き残りやすいフォロワーや《ブラッドウルフ》との相性が抜群です。
8点:《ルシフェル》
   ヴァンパイアには貴重な回復手段で、同時にフィニッシュできるサイズのフォロワーでもあります。
7.5点:《サタン》
   盤面コントロールが出来るカードを多くピック出来ているなら
   ゲームを10ターン目以降まで引き延ばすことは難しくありません。


ニュートラル
5点:《ゴブリン》
   一方的に2/2に取られるサイズはあまり採用したくはありません。
6点:《エンジェルスナイプ》
   1コスト1点は便利なこともあり、そこそこ無難なカードです。
7点:《ファイター》
   ヴァンパイア3枚目の2コスト2/2として活躍が見込めます。
7点:《ミノタウロス》
   守護持ち、2点火力とニュートラルの中では扱いやすいです。
5.5点:《研磨の魔法》
   とっさの+2/0修正は便利な時もあります。特にドレイン持ちとの相性が抜群です。
3.5点:《運命の泉》
   《フォレストバット》くらいしか盤面に残りやすいカードがいないので、あまり強くありません。
4点:《ベルエンジェル》
   素で守護を持つフォロワーが少ないので便利に働くこともあります。
3点:《新たなる運命》
   手札を増やせるカードを多く引けている場合は切り札を引きに行くのに有用です。
5点:《流浪の傭兵》
   体力が2なので、2/2/2と交換されがちです。進化時攻撃力5はたまに便利です。
6点:《シールドエンジェル》
   攻撃力は低いですが、守護持ち高耐久とニュートラルの中では使いやすい方です。
7.5点:《ヒーリングエンジェル》
   2/3というステータスが一方的に2/2/2を倒せるので有能。ヴァンパイア的には回復も美味しいです。
6点:《リザードマン》
   守護を持っているので《流浪の傭兵》よりかは便利なことが多いです。
2点:《天上の楽曲》
   体力を上げて便利なフォロワーが少なすぎます。
6.5点:《エンジェルバレッジ》
   フォロワーが横並びすることが多い対エルフ、ロイヤル、ネクロ戦で便利なことがあります。
5.5点:《ゴリアテ》
   体力寄りなので3コストに取られにくい性能です。《デザートライダー》よりは使いやすいです。
5点:《デザートライダー》
   体力3は1コストの進化でも取られがちです。進化時攻撃力6はたまに便利です。
6点:《ウルズ》
   疾走持ちと噛み合わせられると強力です。
6点:《デモンストライク》
   リーダーへのひと押しや盤面処理など使い道は広めです。

7.5点:《ゴブリンマウントデーモン》
   守護の絶対数が少なく後半に強いフォロワーが多いヴァンパイアにとって非常に重要な1枚です。
5.5点:《風神》
   フォロワーが横に並ぶ状況はあまりありませんが、本体スペックがそれなりで及第点。
6点:《エクスキューション》
   コストは重いですが、確定1枚除去はなかなか便利です。
7点:《天剣の乙女》
   高い体力と守護を持っており、進化が2Pickでは有能なことが多いです。
6.5点:《天翼を食う者》
   大型フォロワーの少ないヴァンパイアにとってはフィニッシャーになり得るカードです。
5点:《アテナ》
   横並びさせづらい上に本体スタッツが少し不安です。
7.5点:《ギルガメッシュ》
   2Pickでは疾走が強いの法則です。アグロ・コントロールどちらでもフィニッシャーになりえます。


削除されたカード
2点:《光の道筋》
   2コストで手札を交換するだけ。強力なエンドカード群を引けていない限り採用は避けたいです。
3点:《ツインプリズナー・フラム》
   盤面に弱いフラムは採用が厳しいです。
5点:《ツインプリズナー・グラス》
   進化を使うことで即時全体1点効果も得られるので使えなくはないです。
1点:《冥府への道》
   コウモリで肥える墓場は微々たるものなので条件を満たすのはほぼ不可能です


2PickのPick法則など基本情報はこちら
通常のカード評価はこちら



コントロール軸で行きたいのかアグロ軸で行きたいのかで必要なカードが全く変わってくるので
狙ったルートのカードが揃わずどっちつかずな紙束になってしまうこともしばしばですが
逆にしっかり構築できた時は非常に気持ちよくデッキを回せますね。
意外にもヴァンパイアには堅実なカードが多いことに気づかされて面白いです。
総合的な評価としては低めになりましたが、復讐コンボが面白いので
管理人は初手で《ソウルディーラー》が居るとついPickしちゃう派です。

各2Pickカードの評価が低いor高いなどのご意見をコメントして頂ければ嬉しいです。


~追記
コメントにてご指摘ありがとうございます、訂正致しました