b70db6ac8c3af7f4dad80236dc804106cb90a3ced7f86305464141b9106d4aac
デッキリンク(どばすぽ)

キーカード
《冥府への道》
C_101032010

《収穫祭》がnerf(弱体化)されてもまだまだ環境TOPな冥府エルフです。
修正前デッキと比べ、ドローソースを採用することで手札を補っています。
Masterランカーも愛用する冥府デッキのテンプレ形式です。
《新たなる運命》を効率よく運用する為に手札にフェアリーを増やし交換、墓地を増やしていきます
場に対しては軽めの編成で構成し、盤面をある程度コントロールする方向で進行し
8~9ターン目までに《冥府への道》を成立させ状況を逆転させるというコンセプトデッキです。



デッキの長所
《冥府への道》が成立してしまえば大型フォロワーが来ても勝ちを通すことが可能
今まで中盤以降にパワー負けしていたネクロマンサーやヴァンパイア相手でも
相手のフィニッシャーごと潰すパワーを得ることが出来ます。
《冥府への道》だけでなく《リノセウス》によるコンボも強力
相手の受けが弱い場合は、《フェアリー》などで削ったところにバウンス《リノセウス》
そのままフィニッシュまで持っていくことも可能です。


デッキの短所
・攻撃力が高めな覚醒疾走持ちが多いドラゴン相手にダメージレースで負けることがある
PP最大値を伸ばせるドラゴンは守りの要となる《エンシェントエルフ》などで中盤を凌いでいる間に
こちらの守護持ちをファンファーレ能力などで焼かれてしまいそのままライフを持って行かれてしまうことも。


デッキの回し方
・前半
基本的には《冥府への道》成立を最速で目指します。
手札の入れ替えでは《フェアリーサークル》が1枚手札にある状態が理想です。
1コスト目から動けるように《ウォーターフェアリー》キープでも良いです。
ロイヤル戦では《ベビーエルフ・メイ》が手札にあったらキープしておきましょう。
手札交換時に《新たなる運命》が来てしまったら、《フェアリーウィスパラー》などで手札を増やし
3~4ターン目で盤面を諦めてプレイしてしまうのも大事です。
序盤は手札増やしを意識しつつ、《ベルエンジェル》《ワンダーエルフメイジ》をプレイしていきます。
《ベルエンジェル》は受けしかできないので優先度は低めです。
《森荒らしへの報い》で盤面を除去しつつ、《エンシェントエルフ》で受けていくのが基本となります。
この時に《ベビーエルフ・メイ》《フェアリーウィスパラー》などのファンファーレ能力持ちを
積極的に回収しましょう。


・後半
バウンスで強化された《エンシェントエルフ》の攻撃が通った場合は《リノセウス》でトドメを刺すのが
早い場合があるので《冥府への道》とのバランスを見極めます。
進化は基本的には《エンシェントエルフ》に使い、フィニッシュ出来そうな場合は《リノセウス》に使います。
《冥府への道》をプレイし《フェアリー》回収後《新たなる運命》をプレイするという
オーソドックスなプレイングで墓地30を成立させていきます。
手札8枚状態での《フェアリーサークル》は2ずつ、《フェアリーウィスパラー》は1ずつ墓地が増えるので
墓地増加のソースとして便利です。



《収穫祭》の代わりにドローソースとして《ベルエンジェル》《ワンダーエルフメイジ》を採用している関係で
デッキ入れ替えを考える余裕が少し減っています。
目指す道がほぼ1本道なので、プレイングとしてわかりやすく回しやすいデッキになっています。