各リーダーの2Pick用のカード性能をPick時に判断しやすいように
ステータス、プレイコスト、能力、2Pick間でのシナジーなどを管理人が評価したものを
レア度別で1~10点でまとめてみました、並びはコスト順となっています。

※注意点
各点数は、2Pickではレア別にPickが分かれているので各レア内で競合しています。
ブロンズ枠/シルバー枠/ゴールドレジェンド枠/ニュートラル枠の全4枠です。
ニュートラルに属するカードはリーダーによって点数が変わることがあります。

点数表としての目安は以下のとおり
10点:極めて強いカードなのでデッキコンセプトを無視してでもとりあえず取るべきカード。
9点:極めて強いカードなので、もう1枚のカードが弱くても取るべきカード。
8点:強力なカードなのでデッキの主軸とするべきカード。
7点:メインの戦力となるカード、パフォーマンスが良い有能なカード。
6点:各コストを構成する基本的なカード、コストパフォーマンスとしては普通。
5点:とりあえず各コストを埋める為にならPickしても良いカード。
4点:役に立たないこともあるがたまに役に立ってくれることもあるカード。
3点:明らかに弱いカード、コストカーブが悪い時には仕方なく取ることもあるカード。
2点:取るだけで明らかにPick損だと感じられるカード。
1点:このカードが入ってる側をPickしたくないカード。もう片方のPickを選ぼう。



ブロンズ
4点:《詠唱:天馬召喚》
   登場ターンが遅いので、早めにプレイ出来ないと場で腐ることも多いです。
5点:《詠唱:白翼への祈り》
   疾走持ちの《ホーリーファルコン》が出て来るので1コストにしては使いやすいです。
7点:《詠唱:聖なる願い》
   ドローソースとして優秀です。余ったPPの処理にも使いやすいです。
7点:《スネークプリースト》
   2/2と相打ち可能な守護持ちなので2コストとしては便利です。
5点:《ラビットヒーラー》
   守護持ちの回復などに使えることもありますが、優先度は低いです。
7点:《アーデントシスター》
   2/2/2は有能な法則、能力もそこそこ便利です。
7.5点:《マイニュ》
   2/2/2に加え、対象に取られないという2Pickにおいて強い能力を持っています。
4点:《気高き教理》
   カウント2以上のアミュレットを多めに取得した場合働いてくれます。
8点:《漆黒の法典》
   2コスト除去としては強力な消滅スペルです。
6点:《詠唱:聖獣への誓い》
   カウントダウンアミュレットとしては使いやすいです。
6.5点:《詠唱:異端審問》
   カウントダウンを減らす効果を持つカードと一緒に採用することで便利な除去になります。
6点:《見習いシスター》
   体力が低い形の3コストとしては無難なステータス、カウントダウン進行効果も使いやすいです。
6点:《ダークプリースト》
   3/2/3なので2/2を一方的に取れるだけでなく、限定的ですが必殺が持てるのも心強いです。
4点:《守護の力》
   ステータスに優れたカウントダウンアミュレット型のフォロワーに使えると便利なことも。
4点:《治癒の祈り》
   カウントダウンアミュレットを多く取った場合使えることもあります。
5.5点:《詠唱:白竜降臨》
   ステータスに優れた《大翼の白竜》が出てきますが、カウントダウン進行カードが欲しいです。
7点:《詠唱:神鳥の呼び笛》
   疾走持ちの《壮麗なる隼》はどの場面でも使いやすいです。
6点:《ガーディアンシスター》
   4コストとしては無難なスペック、4コスト枠があまり確保出来てなかったらPickしておきましょう。
3.5点:《敬虔な修道女》
   コンボ用のフォロワーなので使いにくいことが多いです。《守護の力》出来ると便利です。
7点:《詠唱:清浄の狐》
   1ターン後に守護持ちの《ガーディアンフォックス》が出て来るのでかなり使いやすいです。
5点:《ヒールプリースト》
   能力が貧弱なので優先度は低いですが、ブロンズ5コストのフォロワーはこれだけです。
8点:《破邪の光》
   ラストワードを気にせず撃てる優秀な単体除去スペルです。
7点:《ディバインアーマー》
   体力は低めですが、対象に取られないので1:1交換しやすく使いやすいフォロワーです。
8.5点:《大修道女》
   能力による回復量も多く、ステータスも優秀なブロンズとしては強いフォロワーです。
8点:《マスクジャイアント》
   強力な壁となってくれるフォロワーです。1:1交換以上への期待度も高くかなり優秀です。


シルバー
5点:《加護の修道女》
   能力自体は腐りにくい方ですが、2/2/2に一方的に取られてしまうのは苦しいです。
6点:《守護の陽光》
   便利な守護付与アミュレット。これが引けたらコントロール寄りにPickするのも手です。
5点:《詠唱:聖獅子の牙》
   カウントダウンが重く、使いにくいことが多いです。
7.5点:《教会の護り手》
   能力のお陰で序盤の壁として優秀です。
6点:《プリズムプリースト》
   カウントダウンカードのドローと2/2なので無難なスペックです。
5.5点:《レディアントシャーマン》
   3/2/3なのでステータス的には使いやすいですが、進化時能力は使わないことが多いです。
4点:《ホーリーメイジ》
   軽めのカウントダウンカードを引けている場合は優秀なこともあります。
10点:《鉄槌の僧侶》
   強力な消滅と安定したステータスを持つ進化用フォロワー。見かけたら確保しましょう。
4点:《残忍な修道女》
   進化時能力持ちなので進化時ステータスの伸びも悪く使いにくいです。
7点:《詠唱:死の宣告》
   強烈な除去効果を持つカウントダウンアミュレット。カウント進行効果を持つカードも欲しいです。
6点:《高位プリースト》
   カウントダウンアミュレットを沢山Pickした場合便利なフォロワーです。
6.5点:《クレリックランサー》
   除去が安定しない2Pickにおいて優秀な壁となってくれます。
7点:《シュラインナイトメイデン》
   対象に取られない能力は2Pickにおいて優秀です。ステータスも無難です。
6点:《詠唱:二対の炎》
   強めの効果を持つカウントダウンアミュレットですが、カウント進行効果を持つカードが欲しいです。
5点:《神託の貴族》
   盤面交換において強いステータスを持つフォロワーですが、フィニッシュに繋がりません。
7点:《ホワイトナイト》
   盤面に展開出来ている状態だとかなり優秀で、スタッツも悪くありません。


ゴールド
2点:《愛の福音》
   ゴールド/レジェンド枠の無駄遣いとなりえるスペルです。
5点:《詠唱:神域の守護者》
   横に並べる系のリーダー対策になりますが、安定した横並びに期待出来ない2Pickでは微妙です。
5点:《詠唱:天喰らう聖竜》
   カウントダウンが重すぎて素では使いにくいですが、サポートがあれば火力+6/6は大きいです。
4点:《ダークオファリング》
   後半の息切れ対策にもなりますが、餌を確保しにくい2Pickでは運用が難しいです。
5.5点:《アークビショップ・レリア》
   コンセプトデッキを組みたくなるカードです。取ってしまった場合は6/6/6として割り切りましょう。
8点:《テミスの審判》
   強力な全体除去カードです。自分のフォロワーも除去してしまうので注意したいところです。
8点:《光輝ドラゴン》
   相手に単体除去がない限り場を制圧し続けてくれる心強いフォロワーの1人です。


レジェンド
6点:《ムーンアルミラージ》
   使いやすい疾走持ちフォロワーです。能力が噛み合うと完封出来ることもあります。
4点:《スカルフェイン》
   カウントダウンアミュレットを多くPickした場合たまに働いてくれます。
8.5点:《ジャンヌダルク》
   AoE2点と体力+2修正が心強いです。
6点:《ガブリエル》
   横並びさせやすいので使える場面は多いです。
8.5点:《ルシフェル》
   高いステータスと能力を持っており、どんな盤面でも運用可能な強いカードです。
9点:《サタン》
   プレイ出来れば強力です。《守護の陽光》と合わせてコントロールデッキを目指したいところです。


ニュートラル
4点:《ゴブリン》
   2/2に一方的に取られてしまうので採用は微妙です。
6点:《エンジェルスナイプ》
   1コスト1点は便利なこともあり、そこそこ無難なカードです。
6.5点:《ファイター》
   2/2/2は優秀ですが、ビショップは2-3コスト帯は豊富です。
7点:《ミノタウロス》
   守護持ち、2点火力とニュートラルの中では扱いやすいです。
5点:《研磨の魔法》
   守護持ちが多いビショップは対象にしやすいフォロワーもそこそこ多いです。
4点:《運命の泉》
   安定した横並びが期待出来ないビショップ的には採用は微妙なことが多いです。
3.5点:《ベルエンジェル》
   守護持ちもそこそこ豊富なビショップ的にはドロー目的での採用となります。
1点:《新たなる運命》
   手札交換よりかはフォロワーを採用した方が良いことが多いです。
4.5点:《流浪の傭兵》
   体力が2なので、2/2/2と交換されがちです。進化時攻撃力5はたまに便利です。
6点:《シールドエンジェル》
   攻撃力は低いですが、守護持ち高耐久とニュートラルの中では使いやすい方です。
7点:《ヒーリングエンジェル》
   2/3というステータスが一方的に2/2/2を倒せるので有能です。
6点:《リザードマン》
   守護を持っているので《流浪の傭兵》よりかは便利なことが多いです。
3点:《天上の楽曲》
   守護持ちに使うことで場持ちが良くなることもありますが微妙なカードです。
6.5点:《エンジェルバレッジ》
   全体1点は2Pick環境では使いやすく、対エルフ、ロイヤル、ネクロ戦で便利なことがあります。
5.5点:《ゴリアテ》
   体力寄りなので3コストに取られにくい性能です。《デザートライダー》よりは使いやすいです。
4.5点:《デザートライダー》
   体力3は1コストの進化でも取られがちです。進化時攻撃力6はたまに便利です。
5点:《ウルズ》
   ラストワードや疾走も多くないので、能動的に使いにくいことが多いです。
6点:《デモンストライク》
   リーダーへのひと押しや盤面処理など使い道は広めです。
7.5点:《ゴブリンマウントデーモン》
   優秀な高ステータスは活躍する場も多いです。
6点:《風神》
   横並びせずともスペック的に十分なので採用も手です。
6点:《エクスキューション》
   コストは重いですが、確定1枚除去はなかなか便利です。
7点:《天剣の乙女》
   高い体力と守護を持っており、進化が2Pickでは有能なことが多いです。
5点:《天翼を食う者》
   通れば強いですが、通らなかった時は負けというわかりやすいカードです。
5点:《アテナ》
   安定した横並びが出来ないことが多い上に本体スタッツが少し不安です。
7点:《ギルガメッシュ》
   便利な疾走持ちなので、フィニッシャーを確保出来ていなかったら採用するのも手です。


削除されたカード
5.5点:《詠唱:夢想の白兎》
   まぁまぁ使いやすいですが、フィニッシャーになりえるカードを優先したいです。
3点:《祈りの集約》
   コンセプトデッキ用のカードなので2Pickでは運用がかなり厳しいです。
2点:《光の道筋》
   2コストつかってドローするなら他のニュートラルカードを選択しましょう。
3.5点:《ツインプリズナー・フラム》
   盤面に弱いフラムは採用が厳しいです。
4.5点:《ツインプリズナー・グラス》
   進化を使うことで即時全体1点効果も得られるので便利なこともあります。
1点:《冥府への道》
   ビショップではまず成立させることは無理なのでPickは止めましょう。


2PickのPick法則など基本情報はこちら
通常のカード評価はこちら



ゴールド/レジェンド枠でフィニッシャーが引けるかどうか?に掛かっているPickが難しいリーダーです。
2回のゴールド/レジェンド枠が全て使いにくいカードで埋まってしまうことも少なくないです。
その分使いやすいスタッツに優れたブロンズシルバー枠で補っていくことになります。
除去カードも比較的多いですが、5-7コストのパワーが他のリーダーと比べ弱く
フィニッシャーまでの流れの間に相手と差が付いてしまうことが多いです。
ここを返す為に構築では《守護の陽光》などに頼ることも多いですが、2Pickでは安定せず
管理人的には最も勝ちにくいリーダーだと感じています。
ゴールド/レジェンド枠の引きさえ良ければ・・・!

各2Pickカードの評価が低いor高いなどのご意見をコメントして頂ければ嬉しいです。