11740fb4911813338069bac3cee22130205b2bd445e0450640cfb00300f89d9b
デッキリンク(どばすぽ)

キーカード
《天空の守護者・ガルラ》
C_102731030

今回の構築は、ビショップの疾走フォロワーが出て来るカウントダウンアミュレットを活かし
現環境に合わせたカードを採用しつつ、8ターン目までのフィニッシュを狙うフェイス寄りの構成です。
《天空の守護者・ガルラ》がプレイするだけで3点ダメージが飛ぶだけでなく、カウントダウン進行効果により
6ターン目以降のダメージ加速が非常に優れているデッキです。
疾走やリーダーへの直接攻撃に優れているデッキなので、対策されにくいデッキとなっています。



デッキの長所
・対フェイス能力が高い
序盤から盤面有利に進めやすく、相手リーダーの体力を削りきる動きが強く
コントロールのような遅いデッキに対して有利に動けることが多いです。
ミッドレンジにぶつかった場合でも、横並びするフォロワーがカウントダウンアミュレットという
ターンを消化する代わりにスペックが高いフォロワーが多いのでステータス負けしにくいです。


デッキの短所
・トップ解決能力が低いので押し込まれてしまうと返しにくい
カウントダウンアミュレットもそこそこ採用しているので、デッキTOP解決力が低く
10ターン目以降に持ち込まれてしまうと手札的にも厳しいことが多いです。
エイラビショップのように体力回復されてしまうとフェイス能力が薄められてしまうので苦手です。


デッキの回し方
・前半
最初の手札入れ替えでは、1コス、2コス、3コスか1コス、2コス、2コスという形が嬉しいです。
特に新カードの《詠唱:獣姫の呼び声》が強いので可能な限り回収したいところです。

序盤の進行は、PPを全て消費出来るようなコスト順にプレイが基本となります。
特に盤面の除去が面倒なリーダーの場合は3PPの時はある程度盤面を諦めて
《詠唱:神鳥の呼び笛》をプレイし、中盤に備えるのもオススメです。
5ターン目までは盤面にある守護を除去しつつ相手リーダーへのダメージを重ねましょう。


・後半
5ターン目は2コストと3コストで進行し、6ターン目からが詰めのターンとなります。
盤面が相手寄りだった場合は《テミスの審判》、リーダーへのダメージが優勢だったら
《天空の守護者・ガルラ》のように盤面と対リーダーダメージのバランスを取りつつ進行します。
相手の受けが弱い場合は8ターン目までにフィニッシュ出来ますが、遅延されていた場合
段々と厳しいターンが回ってきてしまいます。
そうなってしまう前に、相手リーダーの体力が削りきれるように祈りましょう。



今回のサンプルデッキでは《デモンストライク》《ガブリエル》がピン刺しですが
対リーダー能力を高めたい場合は2枚に増やすのもオススメです。
《死の舞踏》を1枚減らして他のスペルに回すのも調整枠としてオススメです。
また、今環境用の対策カードである《エンジェルバレッジ》も大型カードが出て来る環境になった場合は
他の単体除去カードや《テミスの審判》を増やすなども相性が良く、《ジャンヌダルク》くらいまで
コストを上げるのも手です。
2コスト枠の《天界の忠犬》 / 《ユニコーンの踊り手・ユニコ》 / 《マイニュ》の枠も
環境に合わせて枚数調整した方が良い部分です。
また、《ウルズ》を採用したい場合はもう少し環境が遅い環境になり
お互い9ターン以降まで掛かるデッキが多くなった場合に強くなってくるので今回は採用を見送りました。