99e06fae999feb2162dec3f7c0773b2df0ee2df7fde6183ad4e1163ec3990c58
デッキリンク(どばすぽ)

キーカード
《王家の御旗》
C_100222010

今回の構成では、《王家の御旗》をメインとした中盤からのフェイス能力に特化したデッキです。
序盤は盤面をキープしつつ、《王家の御旗》プレイ後はダークネスエボルヴ追加カードをメインとして
フェイスに特化しダメージを加速させていきます。
スタンダード時代と比べ守護持ちに対抗出来るフォロワーやスペルが追加されたことが
御旗デッキを後押ししています。



デッキの長所
《王家の御旗》プレイ後の対リーダーへのプッシュ力が強力
ロイヤルらしい盤面に対する横並びによる強みとそれをさらに加速させる《王家の御旗》の相性が良く
7ターン目までに盤面を解決させる高い能力を持っています。
その関係で特にコントロール帯のデッキに対し相性が良いデッキとなっています。


デッキの短所
・横並びすることが多いので範囲除去が苦手
横並びするタイプのデッキの共通問題ですが、横並びにしっかり対処されてしまうのが苦しいポイントです。

・守護が多数並ぶとフェイス能力が通らなくなるので苦手
1体守護が置かれる程度なら対策カードを積んでいるので問題は無いことが多いですが
2体以上並んでしまうと、PPを除去に対してプレイする必要がありフォロワーを並べることに対して
PPを割けなくなってしまうので辛いことが多いです。


デッキの回し方
・前半
最初の手札の入れ替えはコスト通りに出すのが強いので、2~3コストまで揃っているのがベストです。
1コスト枠の《クイックブレーダー》は3枚しかないので拾えていればラッキー程度です。
特に、《メイドリーダー》《王家の御旗》《アドバンスブレーダー》が確定で引っ張れるので
初期手札にあると心強いです。
後手の場合は《フローラルフェンサー》をキープしておきましょう。

序盤から御旗デッキなので、最速で相手リーダーのライフを削りきることを考えつつプレイします。
アグロデッキのように振る舞うことで御旗の存在を意識させないことも大事だと思います。
中盤の進化可能ターンまではPP通りプレイしていきましょう。
《王家の御旗》のプレイタイミングとしては4ターン目ジャストでプレイするのがオススメです。
エボルヴのカードのおかげで4ターン目でプレイしても返しやすくなっています。
序盤に押される眷属型のヴァンパイアデッキの場合は《渾身の一振り》をプレイし盤面を返しましょう。
後攻の場合は4ターン目《フローラルフェンサー》進化が無難だと思います。


・後半
《王家の御旗》プレイ後は、盤面と対リーダーダメージを両立するように動きます。
動き方としてはフェイス型の動きで相手に盤面を返させる流れがオススメです。
守護持ちには《冷酷なる暗殺者》、少しでも余裕があったら《アドバンスブレーダー》をプレイし手札を補充します。
残る相手ライフに対しきっちり取れるように疾走持ちや横並びを意識してプレイします。
相手が大型フォロワーを並べてきた場合は、《アルビダの号令》で枚数差による攻めを使うのがオススメです。



デッキ入れ替え候補としては相手大型フォロワーを取る目的で《ツバキ》もオススメです。
《アドバンスブレーダー》で引っ張ってこれるという期待値もなかなか優秀です。
《王家の御旗》デッキは即リーダーへ攻撃出来る強みも大事なので《ガブリエル》なども相性が良いです。
また《ロイヤルセイバー・オーレリア》も環境によっては相性が良いことも多いです。
《セージコマンダー》などの範囲バフを持つフォロワーは盤面が《王家の御旗》で1枠埋まるので
採用するか難しいところです。