a9b91f73a7f33adba509c02c67c1c5d8ec67b760d89e73b1e3f6c20cdb994496
デッキリンク(どばすぽ)

キーカード
《冥府への道》
C_101032010

今回の構築は、ダークネスエボルヴの新カードを組み込んだ形の冥府エルフデッキです。
前までの冥府デッキと同様に、《新たなる運命》を効率よく運用する為に手札にフェアリーを増やし
交換、墓地を増やしていきます。
《冥府への道》が成立するまでの間は今まで通り《エンシェントエルフ》などで受けるだけでなく
遅いデッキや特殊勝利を狙うデッキに対しては8ターン目までの試合決着を目指して
《リノセウス》絡みのコンボも使っていきます。



デッキの長所
《冥府への道》が成立してしまえば大型フォロワーが来ても勝ちを通すことが可能
最近は大型フォロワーを並べてどーん!というデッキも減りましたが
流行のエイラビショップに対してはリーダーの体力が回復しつつサイズがかなり大きくなるので
他のエルフデッキに比べ勝つチャンスが多くなっています。

《冥府への道》だけでなく《リノセウス》によるコンボも強力
相手の受けが弱い場合は、《フェアリー》などで削ったところにバウンス《リノセウス》
そのままフィニッシュまで持っていくことも可能です。
特にセラフデッキなどの遅延系デッキに対して大切なダメージ源となってくれます。


デッキの短所
・攻撃力が高めな疾走持ちが多いデッキ相手にダメージレースで負けることがある
最近は前の環境で苦手だった疾走ドラゴンも少し減りましたが、その分疾走ビショップという
前のドラゴンとは違う強みである止めにくい動きをしてくるタイプの疾走が流行っています。
《エンシェントエルフ》で受けようとしても、サイズ自体が大きいので突破されがちです。


デッキの回し方
・前半
基本的には《冥府への道》成立を最速で目指しますが、疾走タイプだけでなく
特殊勝利などにも軽快したいのでまずは対リーダーダメージを狙うのがオススメです。
手札の入れ替えでは通常のデッキ同様まずは《エンシェントエルフ》が1枚手札にあるのがベストです。
そこからはコンボデッキ同様フェアリーを回収するための《フェアリーサークル》《フェアリーウィスパラー》
辺りは欲しいです。
ヴァンパイア戦では最近アグロ型が多いので《ベビーエルフ・メイ》はキープしておきましょう。
後攻を引いた場合は《エルフプリンセスメイジ》の4ターン目進化が強いのでキープもオススメです。

序盤は手札増やしを意識しつつ、《森荒らしへの報い》で盤面を除去しつつ
《エンシェントエルフ》で受けて相手のデッキが何デッキなのか?探っていくのが大事です。
ウィッチのように半分以上が超越デッキ、というようなある程度予想出来るリーダーなら楽なのですが
ビショップ戦ではデッキが読みにくいので、予め特殊勝利があることを念頭に
盤面の押しと冥府成立のバランスを取りましょう。
前までの冥府デッキ同様に、相手がコントロールだと断定した場合は最速で冥府を成立するために
早めに《フェアリー》回収後《新たなる運命》を回してしまいましょう。


・後半
バウンスで強化された《エンシェントエルフ》の攻撃が通った場合は《リノセウス》でトドメを刺すのが
早い場合があるので《冥府への道》とのバランスを見極めます。
また後攻時は《エルフプリンセスメイジ》進化>5ターン目《クリスタリアプリンセス・ティア》も強力です。
《新たなる運命》を回す時、手札に余裕があったら《フェアリー》回収だけでなく
《翅の輝き》で手札を増やしてから回すのも手です。



前のバージョンに比べ、冥府成立よりか更にコンボダメージの比率が上がったデッキとなっています。
特にデッキ構成的に特殊勝利への対策とアミュレットフォロワーへの対策が上がっています。

デッキの入れ替え候補としては、もっと疾走対策したい場合は冥府との兼ね合いを考えて
《ベルエンジェル》を採用するのも手です。
また、環境的に《エンジェルバレッジ》が抜きにくいですが、ガラッと環境が変わった場合は
ここを換えることになりそうです。

ちょうど昨日大会が行われましたが、そちらの1位の方のデッキと管理人が回していたデッキを
融合した感じのデッキでの紹介となりました。
管理人は前のVerから《ウォーターフェアリー》はピン挿し派だったのですが
いっその事《ユニコーンの踊り手・ユニコ》を採用して実質守護を増やすのも面白いのかなーと思いました。