b31317777b2c6ae272aad653ab9a8625244402bdf7be56df25c414691087b320
デッキリンク(どばすぽ)

キーカード
《ガーディアンゴーレム》
C_900311030

今回の構築は、ダークネスエボルヴの新カードを採用した形の土ウィッチ(秘術ウィッチ)デッキです。
盤面を《ガーディアンゴーレム》主体で遅延させつつ《ダークエンジェル・オリヴィエ》まで繋ぎ
そこから盤面とリーダーの体力差を返していくコントロールデッキです。
フィニッシャーは多数存在しますが、それらを通す為にターン数を稼ぐ必要があるので
様々なデッキに対して、きちんと遅延出来るかどうか?が土デッキの強さとなっています。



デッキの長所
・遅延能力が非常に高い
除去だけでなく、多数の守護持ちをデッキに組み込むことが出来るので、全リーダー中トップの
遅延能力を持てる所が強みの1つです。

・守護持ちフォロワーを展開する能力が高い
守護持ちの《ガーディアンゴーレム》を多数配置出来るカードを多数組み込むことにより
フェイス型のデッキや超越デッキに対して強みを発揮することが出来ます。


デッキの短所
・コントロールデッキなので手札が事故ったり、噛み合わないことがある
コントロールデッキあるあるですが、ミッドレンジ以下に比べコストが重たいカードも多く含まれるので
手札事故だけは長くデッキを回していると避けられません。
土デッキは土の印依存のカードもあるので、タイプ:土の印のカードが引けず足りなかった・・・
ということも良く発生します。


デッキの回し方
・前半
手札入れ替えでは3コスト以下のカードは事故が怖いのですべてキープします。
後攻の場合は《デュアルウィッチ・レミラミ》をキープしておくほうが良いことが多いです。
他4コスト以上のカードとしては、ドローソースの《運命の導き》はキープしておきましょう。

序盤は《くず鉄の錬成》から始まり、すべてのPPを消化出来るドローが出来ていれば強いですが
なかなかそうはいかないので、手札の中で最もターンを遅延出来るカードを進化可能ターンまで
順番にプレイしていくことになります。
進化可能ターンまでに土の印アミュレットを最低でも1つは場にプレイしておきたいです。


・後半
進化可能ターンからようやく盤面を返せる流れになっていきます。
特にエボルヴから追加された《デュアルウィッチ・レミラミ》が特に強いので進化枠としてオススメです。
ベストな動きとしては《破砕の禁呪》(土の印消費)>《ノノの秘密研究室》《オーディン》とプレイし
盤面を制圧し、相手のフィニッシャーを捌きながら《ダークエンジェル・オリヴィエ》まで繋げましょう。
《ガーディアンゴーレム》が盤面に並んで生き残った場合は《太陽の巫女・パメラ》もなかなか強いです。
《サタン》は主にエイラビショップなどのフィニッシュまでの火力が足りない時に運用します。



デッキ入れ替え候補としては、《古き魔術師・レヴィ》《魔導の力場》と相性が良いので
《白霜の風》を採用して横並び型のデッキにするのもなかなか強いです。
ドローソースを確保するのも強いので《マジックミサイル》を採用するのもオススメです。
1~3コスト枠は自由に入れ替え可能なのでプレイヤーごとに好みが出る部分だと思います。
《ルーキーアルケミスト》を採用し《ガーディアンゴーレム》を最速でプレイする形や
《雄大なる教え》を採用し、ドローを強化する流れも中盤以降強いです。