3c1c67c6e86595b79e2dcbf4344a1f8426781b4189a0b9a8ac05b3212c644712
デッキリンク(どばすぽ)

キーカード
《ダークドラグーン・フォルテ》
C_101441020


フェイスドラゴンは「攻撃されない」フォロワーを多用して高速で相手を殴りきるデッキですが
ダークネス・エボルヴの追加によって更に様々な戦術が取れるようになりました。
相手に処理を戸惑わせる《ムシュフシュ》《ワイルドハント》内蔵の《ジークフリート》によって
シンプルすぎた旧環境構築のこのデッキを簡単には捌けないほどに強化しています。
また、Ver1.3追加カードの性質から大型守護持ちが入りづらい環境になっていることも
細かくリーダーの体力を狙うフェイスドラゴンにとっては追い風と言えるでしょう。
《竜の伝令》《ダークドラグーン・フォルテ》に繋げる動きは未だ強力なままなので
今回は確定サーチの長所を残しながら新環境に向けた構築を行ってみました。



デッキの長所
・「攻撃されない」フォロワーが多く、除去の少ないデッキに対して強い
フォロワー戦で盤面を支配するようなデッキでは
直接フォロワーを除去するカードが投入されることが稀で、採用されても枚数が少なくなりがちです。
そういった相手に対して、盤面の状況を無視してリーダーの体力を減らすことに集中できる
《ドラゴニュートスカラー》《トリニティドラゴン》のような「攻撃されない」フォロワー達は
非常に有利に立ちまわることが出来ます。

・1回1回の試合時間が非常に短い
高速で相手リーダーを殴りきるデッキなので、勝つにせよ負けるにせよ
1回のゲームのプレイ時間が非常に短くなります。
そのため、他のデッキと比べて高速で試合数を消化することが出来ます。


デッキの短所
・息切れしやすく、大型の守護持ちや除去が苦手
フェイス系デッキの宿命ですが、戦力のほとんどを序盤に偏らせているため
試合が後半にもつれ込むにつれ、どんどん戦況が厳しくなっていきます。
特に相手の大型守護フォロワーが場に出た時に《ジークフリート》等の対抗策が引けていなければ
その対応に数枚のカードと数ターンの時間を割くことになってしまうでしょう。
また、攻撃されないフォロワーも除去には無力ですので
手札が枯渇しやすいこのデッキに対し守護を立てながら丁寧に除去を撃ってくる
コントロール型のビショップのような相手は苦手です。



デッキの回し方
・前半
最初の手札の入れ替えですが、序盤からテンポ良く盤面にカードを並べられるようキープしましょう。
《ゴブリン》《サンドストームドラゴン》《トリニティドラゴン》と言った感じに
1~3コストのフォロワーがそれぞれ引けている状態がベストな手札の一つですが
《竜の伝令》からの《ダークドラグーン・フォルテ》がフィニッシュ手段なので
他の手札で序盤を回せるようであればこれもキープしておきたいです。

ゲーム開始後、序盤はフォロワーをどんどん展開し、リーダーを攻撃します。
《ファイアーリザード》《ジークフリート》の条件を満たすこともできるので、後に取っておくのもアリです。
基本的にはボードアドバンテージよりも相手の体力を削ることを優先しますが
残しておくことで強化やバウンスで使い回され不利になりそうなフォロワーは除去しましょう。
進化が出来るようになった時、盤面が均衡~不利の場合は《ドラゴンウォーリア》を進化させ
相手にボードの支配権を渡さないよう立ち回りたいです。
相手が先に進化して手負いのフォロワーを残しているなら《ジークフリート》で破壊してしまうのも手です。
《ムシュフシュ》の追加により、後攻4ターン目に《ムシュフシュ》+2コストで進化を使う動きも強力に。
巨大化し続ける《ムシュフシュ》と進化後フォロワー、どちらも相手としては処理したいカードですが
《ムシュフシュ》を進化で取るならほぼ相討ちの上《鉄鱗の竜人》が機能し
進化後フォロワーを取るなら手のつけられない攻撃力のフォロワーを場に残すことになります。


・後半
PP5以降はフェイスデッキとしては既に終盤に差し掛かるタイミングです。
4ターン目あたりに《竜の伝令》を使うタイミングがあったなら
コストの軽減された《ダークドラグーン・フォルテ》を連続してプレイし
一気に大ダメージを与えてゲームを決めることが可能になります。
7ターン目以降は《ダークドラグーン・フォルテ》にも「攻撃されない」能力が付き、なお強力ですが
これ以降は出来る限りもつれ込みたくないので、無事フィニッシュできることを祈りたいです。
今回の構築では《大嵐のドラゴン》《デモンストライク》
追加の即時ダメージを与えられる手段を用意しているので
数点程度ダメージが足りない場合であれば諦めず戦えます。



今回は《竜の伝令》《ダークドラグーン・フォルテ》確定サーチ用として採用していますが
ダークネス・エボルヴで新たに追加された《死の舞踏》を採用し
除去&バーンを同時に狙えるようにする構築もメジャーになりつつあります。
レシピでは自分より早く並べて殴ってくるデッキ対策に《エンジェルバレッジ》を採用していますが
この枠を好みで入れ替えて《死の舞踏》採用型に改造してみるのも良さそうです。
《ダークドラグーン・フォルテ》は基本的に使い捨て火力として見るので
お馴染み《ウルズ》コンボはこのデッキでは成立しません。
現実的で強力なコンボではありますが、狙ってみたい場合は疾走ドラゴンを使うほうが無難でしょう。