各リーダーの2Pick用のカード性能をPick時に判断しやすいように
ステータス、プレイコスト、能力、2Pick間でのシナジーなどを管理人が評価したものを
レア度別で1~10点でまとめてみました、並びはコスト順となっています。

※注意点
各点数は、2Pickではレア別にPickが分かれているので各レア内で競合しています。
ブロンズ枠/シルバー枠/ゴールドレジェンド枠/ニュートラル枠の全4枠です。
ニュートラルに属するカードはリーダーによって点数が変わることがあります。

点数表としての目安は以下のとおり
10点:極めて強いカードなのでデッキコンセプトを無視してでもとりあえず取るべきカード。
9点:極めて強いカードなので、もう1枚のカードが弱くても取るべきカード。
8点:強力なカードなのでデッキの主軸とするべきカード。
7点:メインの戦力となるカード、パフォーマンスが良い有能なカード。
6点:各コストを構成する基本的なカード、コストパフォーマンスとしては普通。
5点:とりあえず各コストを埋める為にならPickしても良いカード。
4点:役に立たないこともあるがたまに役に立ってくれることもあるカード。
3点:明らかに弱いカード、コストカーブが悪い時には仕方なく取ることもあるカード。
2点:取るだけで明らかにPick損だと感じられるカード。
1点:このカードが入ってる側をPickしたくないカード。もう片方のPickを選ぼう。



ブロンズ
5点:《スカルビースト》
   ステータスを重視して取りたいので、《骸の王》デッキ以外は特に必要がないです。
5点:《ソウルコンバージョン》
   ドローソースとしては有能ですが、Pickする場合は対象となる餌をどうするか考えたいです。
7点:《スパルトイサージェント》
   2/2/2という序盤の基本となるカード、コストバランスを考えつつPickしましょう。
6.5点:《スペクター》
   中盤以降に相手の中型フォロワーと相打ちが取れるとなかなか美味しいです。
6点:《スケルトンヴァイパー》
   2/2スペックとも相打ちが取れる無難なスペック、ネクロマンス消費での守護が便利なことも。
6点:《スカルウィドウ》
   ドロー効果を持つ小型フォロワー。2/2ステータス以上に一方的に取られるのが辛いです。
5.5点:《ワイト》
   1~2点稼げたら良いかな、という気持ちで運用します。体力1はやはり辛い。
6.5点:《レッサーマミー》
   2/2/2フォロワーが欲しい場合採用も手ですが、ネクロマンス消費が邪魔になる場合もあります。
7.5点:《ダークコンジュラー》
   2/2/2フォロワーその3。盤面処理が大事な2Pickにおいて《ゴースト》が出て来る能力持ちは優秀です。
6.5点:《消えぬ怨恨》
   どのタイミングでも使いやすいバーンスペル、アグロ対策したい場合便利です。
5点:《死への近道》
   中盤以降にプレイ出来ると便利な必殺付与。各種《ゴースト》を場に出すカードと相性が良いです。
7点:《ルーキーネクロマンサー》
   2/2を一方的に取れる2/3ステータスのフォロワー、ネクロマンス消費の《ゾンビ》もなかなか有能です。
7点:《纏わりつく亡霊》
   2/2を一方的に取れる2/3ステータスのフォロワーその2、潜伏なのであとひと押しにも強いです。
7点:《ラビットネクロマンサー》
   プレッシャーをかけやすいラストワードを持つ小型フォロワーなのでヘイトを集めやすく有能です。
7.5点:《スケルトンナイト》
   除去を安定して積みにくい2Pickにおいて強いラストワードを持っています。
6点:《スパルトイ》
   2/2と相打ちを取られてしまいますがネクロマンス重視の場合便利なこともあります。
7.5点:《死を追う者》
   2/2を一方的に取れる2/3ステータスのフォロワーその3、ネクロマンス重視の場合優秀です。
8点:《スパルトイソルジャー》
   攻撃力は低いですが体力4の守護持ちは壁として優秀です。
6点:《ソウルハント》
   使いやすいスペルですが、フォロワーを重視した方が良いことの方が多いです。
4.5点:《汚れた再生》
   先手の3ターン目や《ゴースト》にプレイ出来ると強いこともありますが、フォロワーを優先しましょう。
9点:《死の一閃》
   単体除去は強力です。このカードのお陰でネクロは単体除去を入手しやすくなっています。
6点:《エルダースパルトイソルジャー》
   体力が3点なのが不安です。進化で6点まで取れるので便利なこともあります。
6.5点:《ギルティクーリエ》
   体力が4あるのでそこそこ死ににくいです。《ケリドウェン》で再度呼び出すとなかなか圧力があります。
5.5点:《マリスゴースト》
   体力が2点なので貧弱です。進化して6点まで取る弾としてはラストワードもあり便利なことも。
7点:《グレイブウェイカー》
   ラストワードが強く、進化の使い先としても便利です。
7点:《ソウルイーター》
   ステータスが体力寄りで優秀かつ便利な能力を持つ使いやすいフォロワーです。
8点:《デストロイヤーズコマンダー》
   重たいカードに繋げるための中盤の壁としてかなり優秀です。
8.5点:《深淵への誘い》
   単体除去だけでなく、ネクロマンスが溜まっていれば《ゾンビ》も出る便利なスペルです。
7点:《ゴーストライダー》
   ステータスに特化しており、かつ守護持ちなので隙がありません。進化しても強いです。
6点:《カースドソルジャー》
   あとひと押しに便利な大型フォロワー。ネクロマンス消費カードの枚数で採用を考えましょう。
7点:《オルクス》
   優秀なステータス、便利な回復能力と隙のない優秀なフォロワーです。


シルバー
5点:《スケルトンファイター》
   ネクロマンス消費で2/2になりますが、効果が欲しい1~2ターン目で安定しないことが多いです。
5点:《集団埋葬地》
   主に後攻時、ネクロマンスを大量消費するカードを多く組み込んだ時に活躍することもあります。
6.5点:《デッドリーウィドウ》
   シルバーの2/2/2、ブロンズ枠で2/2/2があまり確保出来てなかったら取りたいです。
5.5点:《幽体化》
   終盤の殴り合いになった時に守護無視+攻撃力上昇はたまに役に立ってくれます。
4点:《死者の帰還》
   中~大型フォロワー回収出来る余裕がある場合の、後半に役に立ってくれることもあります。
7.5点:《ネクロエレメンタラー》
   構築と比べ体力1が登場しやすい2Pickでこの能力は強力です。
4点:《ゴエティアメイジ》
   アミュレットを警戒したい場合に採用するのも手ですが、能力条件が厳しくステータスも貧弱です。
5点:《ボーンキマイラ》
   除去耐性もちのフォロワーですが、自身が攻撃力1なので処理できる範囲がそこまで広くありません。
10点:《悪戯なネクロマンサー》
   便利な疾走を持つ《ゴースト》を進化時2体出現させるので盤面処理能力が高く非常に強力です。
8.5点:《地獄の解放者》
   安定した除去を積みにくい2Pickにおいて非常に厄介なラストワードを持っています。
7点:《スカルライダー》
   ネクロマンス消費を考えたい1枚、主に7ターン目以降の盤面処理に便利です。
4点:《再生の呪印》
   シルバー枠は優秀なフォロワーが多いのでスペルの優先度は低めです。
8点:《ソウルグラットン》
   2Pickで体力高めの必殺持ちは有能です。進化の使い先の1つです。
5.5点:《魂飢の亡霊》
   ネクロマンスを消費し潜伏しないとあまり役に立たないことが多いです。
5点:《デュラハン》
   ステータスは優秀ですが進化時能力が運用しにくいことが多いです。
6.5点:《カローン》
   進化可能ターン直後で能力を活かすのはほぼ無理ですが、優秀な盤面能力を持っています。
6点:《死都の女王》
   盤面交換に使いやすい高めの攻撃力を持っています。能力が使えたらラッキー程度。
6.5点:《アンデッドキング》
   コストに対してステータスは普通以下ですが、ラストワードが処理しにくい能力です。
7点:《ソウルグラインダー》
   2Pickで体力高めの必殺持ちは有能その2。守護持ちなのでお互い進化を使いきった後に強いです。
8点:《アンドラス》
   コストは重いですが、強力なステータスに加えネクロマンス消費で必殺&疾走は強力です。


ゴールド
7点:《マダムリッチ》
   3/2/3という2/2を一方で取りやすいので能力不問で使いやすいです。
8点:《魂の再利用》
   ミッドレンジ以上の展開になりやすい2Pickにおいて優秀なドローソースです。
4点:《死霊の宴》
   ネクロマンスを大量消費するカードを安定して回収しにくいので運用が難しいです。
9点:《腐の嵐》
   範囲除去は優先したいカードの1つです。中盤にネクロマンス消費が綺麗に刺さると非常に強力です。
6点:《ワイトキング》
   ネクロマンス消費で守護必殺になるのでなかなか便利です。
4.5点:《ファントムドラゴン》
   潜伏が確定しない上に体力1なので、安定した運用が難しいカードです。
9点:《ファントムハウル》
   除去にもトドメにも使える超有能スペルです。見かけたら取りたい1枚です。
8点:《ケリドウェン》
   進化を使いますがフォロワーが並ぶのは盤面進行において強力です。
5点:《デスタイラント》
   疾走3/3として活躍してくれることがあります。ネクロマンス20は2Pickでは遠いです。
9点:《死の祝福》
   範囲除去を安定して確保するのが難しい2Pickで横並び出来るのは非常に強力です。
8.5点:《デュエリスト・モルディカイ》
   出せれば強いの代名詞的なカード。除去耐性ありが頼もしい1枚。


レジェンド
8点:《ケルベロス》
   非常に強力な能力を持つカードなので見かけたらPickしましょう。
8.5点:《蝿の王》
   フォロワーガシャの結果次第には左右されやすいですが、7コストとしては破格の能力です。
7.5点:《プルート》
   除去持ちフォロワーとして優秀です。上手く刺さるとそれだけで勝ちが決まることも。
4点:《骸の王》
   能力を活かすにはある程度ギャンブル要素があり難しいカードです。
7点:《ガブリエル》
   横並びさせやすいネクロマンサーにとって強い能力を持っています。
7.5点:《ルシフェル》
   高いステータスと能力を持っており、どんな盤面でも運用可能な強いカードです。
8点:《オーディン》
   除去枠として優秀な能力持ちです。破壊でなく消滅は心強さがあります。
9点:《ダークエンジェル・オリヴィエ》
   ミッドレンジ以上の戦いになりがちな2Pickにおいて非常に強力な能力を持っています。
7点:《サタン》
   他のフィニッシャーが引けてなかった場合採用したいフィニッシャーです。


ニュートラル
4点:《ゴブリン》
   2/2に一方的に取られてしまうので、《骸の王》デッキ以外は特に必要がないです。
6点:《エンジェルスナイプ》
   1コスト1点は便利なこともあり、そこそこ無難なカードです。
6.5点:《ファイター》
   2/2/2の確保枠として採用するのもありです。
7点:《ミノタウロス》
   守護持ち、2点火力とニュートラルの中では扱いやすいです。
5点:《研磨の魔法》
   とっさの+2/0修正は便利な時もありますがネクロマンサー的にはフォロワーが欲しいです。
4.5点:《運命の泉》
   Pickを軽めに仕上げることで横並び運用も可能ですが、たまに活躍する程度です。
5点:《ベルエンジェル》
   テンポは良くないですが、ネクロマンス稼ぎとドローを兼ねて運用するのも手です。
7.5点:《ユニコーンの踊り手・ユニコ》
   使いやすい2/2/2フォロワーというだけでなく、体力回復能力がなかなか優秀です。
3点:《忌むべき悪魔の像》
   守護持ちですが、攻撃力が0なのでテンポも悪く採用は見送りましょう。
2点:《新たなる運命》
   手札交換よりかはフォロワーを採用した方が良いことが多いです。
5点:《流浪の傭兵》
   体力が2なので、2/2/2と交換されがちです。進化時攻撃力5はたまに便利です。
6点:《シールドエンジェル》
   攻撃力は低いですが、守護持ち高耐久とニュートラルの中では使いやすい方です。
7.5点:《ヒーリングエンジェル》
   2/3というステータスが一方的に2/2/2を倒せるので有能です。
6点:《リザードマン》
   守護を持っているので《流浪の傭兵》よりかは便利なことが多いです。
3.5点:《天上の楽曲》
   必殺持ちに使うことでたまに役に立ってくれます。
7点:《エンジェルバレッジ》
   範囲除去の《腐の嵐》と合わせてPickすることで除去出来る範囲が増えるので強いです。
7点:《烈火の魔弾》
   単体除去としては十分なスペックを持っているのでなかなか優秀です。
5.5点:《ゴリアテ》
   体力寄りなので3コストに取られにくい性能です。《デザートライダー》よりは使いやすいです。
5点:《デザートライダー》
   体力3は1コストの進化でも取られがちです。進化時攻撃力6はたまに便利です。
6点:《ウルズ》
   ラストワード用に採用することで幅広い連携にも期待できます。
5.5点:《ハンプティダンプティ》
   盤面処理能力はかなり強力ですが、進化ポイントも必要なので注意が必要です。
6点:《デモンストライク》
   リーダーへのひと押しや盤面処理など使い道は広めです。
7点:《ゴブリンマウントデーモン》
   高ステータス+優秀な守護持ちなので狙って取りたいカードの1枚です。
6点:《風神》
   上手く横並び出来た時には強いフォロワーです。
7点:《エクスキューション》
   コストは重いですが、確定1枚除去はなかなか便利です。
7.5点:《死の舞踏》
   確定1枚除去だけでなくリーダーダメージ付きなので優秀です。  
7点:《天剣の乙女》
   高い体力と守護を持っており、進化が2Pickでは有能なことが多いです。
4点:《天翼を食う者》
   アグロ構成の場合上手く通れば相手を詰ませる場合もありますが、基本的には回避しましょう。
5.5点:《アテナ》
   高ステータスや必殺持ちのフォロワーが多いネクロマンサー的には相性は悪くないです。
6点:《レイジングエティン》
   攻撃力は高めですが体力が少し低い守護持ちです。無難な性能といった印象が強いです。
4点:《魔術書の解読》
   6PP払って3枚ドロー出来る状況なら他のカードを使って押したほうがいい場合が多いです。
7点:《インペリアルマンモス》
   うーん、でかい。出すだけで相手に除去を強要させられるので便利なことも多いです。
6点:《ギルガメッシュ》
   便利な疾走持ちなので、フィニッシャーを確保出来ていなかったら採用するのも手です。
4点:《アークエンジェル・レイナ》
   通れば強いですが、進化枠も使うのでかなり重いです。


2Pickから削除されているカード
4点:《悪霊の饗宴》
   使えれば強いのですが、安定したネクロマンス供給と安定したネクロマンス消費が難しいです。
2点:《光の道筋》
   2コストつかってドローするなら他のニュートラルカードを選択しましょう。
3点:《ツインプリズナー・フラム》
   盤面に弱いフラムは採用が厳しいです。
5点:《ツインプリズナー・グラス》
   進化を使うことで即時全体1点効果も得られるので便利なこともあります。
   《腐の嵐》などとの合わせも便利です。
1点:《冥府への道》
   ネクロマンスとして墓地を消費してしまうので成立は絶望的です。


2PickのPick法則など基本情報はこちら
通常のカード評価はこちら

旧Verの評価はこちら



《スパルトイソルジャー》《死の一閃》など沢山Pickしやすいブロンズ枠に優秀なカードが来たので
環境的にかなり強いと感じるリーダーの1人です。
最近管理人は《ソウルグラットン》《アンドラス》が居たら必ずPickして必殺デッキ構築を狙うことが多いです。

各2Pickカードの評価が低いor高いなどのご意見をコメントして頂ければ嬉しいです。