各リーダーの2Pick用のカード性能をPick時に判断しやすいように
ステータス、プレイコスト、能力、2Pick間でのシナジーなどを管理人が評価したものを
レア度別で1~10点でまとめてみました、並びはコスト順となっています。

※注意点
各点数は、2Pickではレア別にPickが分かれているので各レア内で競合しています。
ブロンズ枠/シルバー枠/ゴールドレジェンド枠/ニュートラル枠の全4枠です。
ニュートラルに属するカードはリーダーによって点数が変わることがあります。

点数表としての目安は以下のとおり
10点:極めて強いカードなのでデッキコンセプトを無視してでもとりあえず取るべきカード。
9点:極めて強いカードなので、もう1枚のカードが弱くても取るべきカード。
8点:強力なカードなのでデッキの主軸とするべきカード。
7点:メインの戦力となるカード、パフォーマンスが良い有能なカード。
6点:各コストを構成する基本的なカード、コストパフォーマンスとしては普通。
5点:とりあえず各コストを埋める為にならPickしても良いカード。
4点:役に立たないこともあるがたまに役に立ってくれることもあるカード。
3点:明らかに弱いカード、コストカーブが悪い時には仕方なく取ることもあるカード。
2点:取るだけで明らかにPick損だと感じられるカード。
1点:このカードが入ってる側をPickしたくないカード。もう片方のPickを選ぼう。



ブロンズ
4.5点:《知恵の光》
   スペルブーストを考える場合少し欲しくなることもあります。
6.5点:《くず鉄の錬成》
   土の印回収枠として使いやすく優秀です。土の印対応カードを取った枚数に応じて調整しましょう。
5.5点:《ルーキーマジシャン・サミー》
   貴重な2/2/2フォロワーなので有能ですが、相手へのカード供給は悩ましいところです。
7点:《ペンギンウィザード》
   貴重な2/2/2フォロワーその2、スペルによる攻撃力強化も便利です。
6点:《クラフトウォーロック》
   秘術型の場合欲しくなるフォロワー、土の印を何枚取るかで決めたい所です。
7.5点:《ルーキーアルケミスト》
   貴重な2/2/2フォロワーその3、《ガーディアンの練成》回収につながればかなり強いです。
7点:《マジックミサイル》
   ドローと1点ダメージを兼ね備えた使いやすい優秀なスペル。
7点:《ゴーレムの錬成》
   貴重な2/2/2フォロワーを召喚出来るスペルなので2/2/2の総枚数のバランスをとりましょう。
6.5点:《ウィンドブラスト》
   フォロワーの取り合いになった時にダメージ調整しやすいメインとなるバーンスペルです。
5.5点:《虹の輝き》
   使えると強いスペルです。ドラゴンやエルフには少し使いにくいこともあります。
6.5点:《雄大なる教え》
   土の印設置とドローを兼ねているので、土の印対応カードを取った枚数に応じて調整しましょう。
8点:《炎熱の術式》
   土の印設置と2点ダメージを両立出来るので、土の印枠として優先的にPickしたい強いカードです。
7.5点:《ルーンガーディアン》
   そのままプレイしても2/2を一方的に取るのに加え、秘術成功時がかなり強力です。
7点:《ガントレットヒーラー》
   2/2を一方的に取る3/2/3スペックは安定した強みがあります。能力はおまけ程度です。
5点:《ベビーウィッチ・エミル》
   コストが減る2/2ですが、秘術寄りでPickすることが多いので安定性が低いです。
5点:《サモンスノー》
   普段なら強力なスペルも2Pickではスペルブーストの安定性が下がるので注意が必要です。
7.5点:《魔女の雷撃》
   使いやすいバーンスペルです。フォロワーが場に残りやすいので追加効果も受けやすいです。
4点:《初級錬金実験》
   3コストとしては後手となってしまうことが多いです。
6.5点:《結界魔術師》
   2Pickではなかなか全体効果やランダム効果が出てこないので盤面交換において有能です。
4.5点:《上級アルケミスト》
   回復が活きるシーンもたまにありますが、土の印はガーディアン召喚関係に使いたいです。
5.5点:《水晶の魔撃手》
   無難なステータス、スペルブーストにPickが寄った場合に活躍することもあります。
7.5点:《二重錬成》
   2体横並び出来るので使いやすいことが多いです。
7点:《地裂弾》
   4コスト5点は使いやすく、秘術成功するとリターンがあるのも嬉しいです。
6.5点:《錬金工房》
   使いやすい場面が多く腐りにくい有能カードです。
5点:《旋風の魔術師》
   即座には効果を得られないフォロワーなので優先度は低めにするのがオススメです。
6.5点:《グランドガーゴイル》
   ステータスも体力寄りで揃っているので、土の印確保枠として使いやすいです。 
6.5点:《運命の導き》
   スペルブーストが安定しない環境なのでコストは高くなりがちですが、ドローはありがたいです。
7点:《マスターアルケミスト》
   ステータスが優秀なので進化枠としても使いやすいフォロワーです。
5.5点:《怨恨の魔女》
   中盤以降だとなかなか全体1点ダメージがすぐに効果を発揮しないことも多いです。
6.5点:《双璧の召喚》
   守護持ちの《ガーディアンゴーレム》が横並びするだけで対処しにくく有能なスペルカードです。
6点:《炎の握撃》
   貴重な除去カードですが、スペルブーストしにくいことが多いので安定した運用はなかなか難しいです。


シルバー
5点:《実験開始》
   序盤のPickで土の印を使うカードを取った場合欲しいこともあります。
5点:《スカラーウィッチ》
   進化時にドロー能力もありますが、ステータスが貧弱です。
6.5点:《スペクトラルウィザード》
   3/2/3という使いやすいステータスなので3コストが足りない場合にも有効です。
4点:《魔力の蓄積》
   スペルブースト先に悩むことが多いカードです。
7点:《変成の魔術》
   除去としては安定感には欠けていますが、3コストという軽いプレイングコストは大きいです。
7点:《氷像の召喚》
   テンポは悪いですが、お互い除去が安定しない2Pickでは非常に強力な壁です。
8点:《錬金術の代償》
   条件が少し厳しい部分もありますが、除去として優秀かつ土の印が場に出せるので強力です。
7点:《デモンフレイムメイジ》
   進化時能力が後手の時にそこそこ役立つことが多いです。
8点:《クイーン・メイヴ》
   2Pickにおいても構築同様に能力のデメリットは特に関係なくステータス採用枠として強いです。
5点:《ルーンブレードサモナー》
   スペルブーストしにくい2Pick環境では通常のフォロワーと対して変わらないことが多いです。
9.5点:《デュアルウィッチ・レミラミ》
   土の印を消化しますが、進化時能力が極めて強いカードです。
7.5点:《ライトニングシューター》
   フォロワープレイと同時に盤面除去が出来るので使いやすいフォロワーです。
7点:《フレイムウィッチ》
   後半に能力が回った時にかなりの性能を発揮することもあります。
5.5点:《ゴーレムプロテクション》
   土の秘術を成立させないとコストパフォーマンスが落ちるので安定感に欠けています。
6.5点:《ジュエルゴーレム》
   守護持ちで体力寄りのステータスなので場持ちしやすく扱いやすいフォロワーです。
5点:《ウィッチクラフト・マギサ》
   効果を得る為にはターン数が必要なのに対してステータスが攻撃寄りなので処理されやすいです。
7.5点:《シャドウウィッチ》
   ステータスもそこそこあり、土の秘術で弱い《変成の魔術》が内包されているので返しに強いです。
7点:《アルケミックロア》
   貴重な全体除去ですがプレイコストに対して発揮ダメージが低めなので注意が必要です。
6点:《連続実験》
   2Pickでは横並びは強いですが、コストが重いので注意が必要です。
7点:《フレイムデストロイヤー》
   ステータスが非常に優秀なのでフィニッシャーが足りない場合採用するのも手です。


ゴールド
8点:《古き魔術師・レヴィ》
   進化時能力が強力で中盤の盤面処理に強いです。
7.5点:《ファーストカース》
   安定したドローソースが確保しにくい2Pickで除去しつつ手札が減らないのは便利です。
4点:《ファイアーチェイン》
   スペルブーストが安定して溜められないので採用は悩ましいです。
8.5点:《エンシェントアルケミスト》
   土の秘術成立時のリターンが非常に心強いフォロワーです。
5点:《冬の女王の気紛れ》
   盤面のリセットとしては優秀ですが、相手の場に残る《スノーマン》の対処が構築と比べ難しいです。
6.5点:《白霜の風》
   ブーストするのが大変ですが、バウンスと横並びがなかなか強いです。
2点:《神秘の獲得》
   プレイコストが重いので使う隙を作るのが非常に難しいです。
9点:《破砕の禁呪》
   非常に高い盤面リセット能力を持っているので強力なスペルです。
5点:《ドラゴンメイジ》
   スペルの確保が大変ですが、それなりのリターンに期待出来るフォロワーです。
9.5点:《ノノの秘密研究室》
   厳しい盤面でも何ターンか引き伸ばししてくれる強力なアミュレットです。



レジェンド
5点:《マーリン》
   スペルブーストでデッキを揃えるのが難しいので進化枠は別のフォロワーに使いたいところです。
8点:《太陽の巫女・パメラ》
   相手が対処出来ないサイズのフォロワーを出せればそのまま勝てることも多いです。
9点:《アークサモナー・エラスムス》
   構築に比べ生き残りやすいので能力が大活躍することも多いです。
8点:《ミスリルゴーレム》
   スペルブースト次第で一気に盤面をひっくり返せるので強力です。
5点:《ガブリエル》
   横並びするカードを多めに取った場合使えることもあります。
7.5点:《ルシフェル》
   高いステータスと能力を持っており、どんな盤面でも運用可能な強いカードです。
7.5点:《オーディン》
   除去枠として優秀な能力持ちです。破壊でなく消滅は心強さがあります。
9.5点:《ダークエンジェル・オリヴィエ》
   ミッドレンジ以上の戦いになりがちな2Pickにおいて非常に強力な能力を持っています。
7点:《サタン》
   他のフィニッシャーが引けてなかった場合採用したいフィニッシャー枠です。


ニュートラル
4点:《ゴブリン》
   2/2に一方的に取られてしまうので採用は避けたいところです。
6点:《エンジェルスナイプ》
   1コスト1点だけでなく、スペルブーストにも使えるので便利です。
6点:《ファイター》
   ウィッチは2/2/2を採用しやすいので特に無理して採用する必要はありません。
6.5点:《ミノタウロス》
   守護持ち、2点火力とニュートラルの中では扱いやすいです。
4点:《研磨の魔法》
   疾走フォロワーも多くないので採用しても使いにくいです。
2点:《運命の泉》
   フォロワーを横並びさせることが苦手なウィッチには扱いが難しいアミュレットです。
3点:《ベルエンジェル》
   場の状況が悪化してしまうことが多いので出来れば避けたいフォロワーです。
7.5点:《ユニコーンの踊り手・ユニコ》
   使いやすい2/2/2フォロワーというだけでなく、体力回復能力がなかなか優秀です。
3点:《忌むべき悪魔の像》
   守護持ちですが、攻撃力が0なのでテンポも悪く採用は見送りましょう。
2点:《新たなる運命》
   スペルブーストしたカードも流してしまうことが多いので微妙です。
5.5点:《流浪の傭兵》
   3コスト攻撃力3がウィッチにはここしかないので、体力3のフォロワーを直接意識する場合使います。
6.5点:《シールドエンジェル》
   攻撃力は低いですが、守護持ち高耐久とニュートラルの中では使いやすい方です。
7点:《ヒーリングエンジェル》
   ウィッチには3/2/3ステータスが豊富なので3コスト枠を意識しつつPickがオススメです。
6点:《リザードマン》
   守護を持っているので《流浪の傭兵》よりかは便利なことが多いです。
3.5点:《天上の楽曲》
   対象に取れないフォロワーに使うことで場持ちが良くなることもあります。
7点:《エンジェルバレッジ》
   使いやすい全体バーンスペルとしてウィッチでも採用しやすいです。
7点:《烈火の魔弾》
   単体除去としては十分なスペックを持っているのでなかなか優秀です。
5.5点:《ゴリアテ》
   体力寄りなので3コストに取られにくい性能です。《デザートライダー》よりは使いやすいです。
5点:《デザートライダー》
   体力3は1コストの進化でも取られがちです。進化時攻撃力6はたまに便利です。
4.5点:《ウルズ》
   ファンファーレや土の秘術なしの効果を持つフォロワーが少ないので効果を得にくいです。
5点:《ハンプティダンプティ》
   盤面処理能力はかなり強力ですが、進化ポイントも必要なので注意が必要です。
6.5点:《デモンストライク》
   リーダーへのひと押しや盤面処理だけでなくスペルブーストの恩恵もあるので使い道は広めです。
7.5点:《ゴブリンマウントデーモン》
   高ステータス+優秀な守護持ちなので狙って取りたいカードの1枚です。
4.5点:《風神》
   横並びさせるカードとうまく一緒に運用するのが難しいことが多いです。
7.5点:《エクスキューション》
   コストは重いですが、確定1枚除去はなかなか便利です。
7点:《死の舞踏》
   確定1枚除去だけでなくリーダーダメージ付きなので優秀です。  
7点:《天剣の乙女》
   高い体力と守護を持っており、進化が2Pickでは有能なことが多いです。
2点:《天翼を食う者》
   ハンドが命なウィッチにとってハンドレスは致命的になることが大半です。
4点:《アテナ》
   横に並べるカードをプレイした後のみ活躍出来ることもあります。
6点:《レイジングエティン》
   攻撃力は高めですが体力が少し低い守護持ちです。無難な性能といった印象が強いです。
3点:《魔術書の解読》
   プレイコストが重いので使う隙を作るのが非常に難しいです。
7.5点:《インペリアルマンモス》
   うーん、でかい。出すだけで相手に除去を強要させられるので便利なことも多いです。
6.5点:《ギルガメッシュ》
   ウィッチにとって唯一の疾走なのでなにかと便利です。
4点:《アークエンジェル・レイナ》
   通れば強いですが、進化枠も使うのでかなり重いです。


2Pickから削除されているカード
4点:《魔導の力場》
1点:《次元の超越》
2点:《光の道筋》
3点:《ツインプリズナー・フラム》
5点:《ツインプリズナー・グラス》
1点:《冥府への道》



2PickのPick法則など基本情報はこちら
通常のカード評価はこちら

旧Verの評価はこちら


ウィッチはまず秘術寄りのステータス採用がオススメです。
10ターン目まで相手の攻めを受けて、そこから返す流れが非常に多いので1:2交換を常に意識したいです。
管理人の最近の勝ち手としては、《ノノの秘密研究室》《シャドウウィッチ》《エンシェントアルケミスト》
らへんによる遅延と受けが成功したあとの各種フィニッシャーという流れが多いです。
《デュアルウィッチ・レミラミ》《太陽の巫女・パメラ》が成立したりすると
そのまま勝てたりして夢がありますよねぇ・・・!

各2Pickカードの評価が低いor高いなどのご意見をコメントして頂ければ嬉しいです。