5b41ccd3b85626ae9dcbdf0ab5e426b2b3f8b26e4472e2f38fc56088112becd5
デッキリンク(どばすぽ)

キーカード
《海底都市王・乙姫》 / 《セージコマンダー》
C_101241010

ダークネス・エボルヴが追加された新環境でもフォロワーを横並びさせるデッキが強いので
最もフォロワーを並べることが得意なデッキのひとつであるミッドレンジロイヤルをご紹介します。
《渾身の一振り》の存在によりミッドレンジロイヤルが求めていた
小回りのきく除去+盤面アドバンテージの逆転が容易になり
未だ強力なコンボである《海底都市王・乙姫》《セージコマンダー》までの安定感が増しています。
また、現環境では《死の舞踏》のような強力な単体除去が流行していることもあり
あまり大型守護が採用されていないことがこのデッキにとって追い風となっています。



デッキの長所
・中盤以降のダメージレースで優位に立ちやすい
横並びさせやすい《オースレスナイト》系フォロワーや
《クイックブレーダー》のような疾走持ちを多めに採用しているため
盤面で優位に立ち相手の体力を削る動きが簡単に取れるようになっています。
特に現環境で猛威を振るう疾走ビショップに対しても手数で押し負けないよう構築しています。


デッキの短所
・高スタッツ守護持ちフォロワーの突破が面倒
大型フォロワーを除去する手段を採用していないため
《ゴブリンマウントデーモン》のような高スタッツの守護持ちに対して
小型を数体ぶつけるようなアド損になる動きを強いられる場合があります。


デッキの回し方
・前半
序盤から盤面で有利を取れるよう、1~3コストの兵士カードを優先的にキープします。
他の手札で序盤を回せる状態であることが前提ですが
先攻であれば《勇猛たる騎士》、後攻であれば《フローラルフェンサー》をキープして
4ターン目の動きを確定させておくのも相変わらず強い動きです。
フェイス型のアグロデッキを警戒するべきリーダーが相手の場合は
特に《歴戦のランサー》《渾身の一振り》をキープして序盤に備えるのが良いです。
ゲーム開始後は毎ターンフォロワーを展開し、相手の体力を詰めに行きます。
相手も展開・迎撃を狙ってくるので《渾身の一振り》による丁寧な除去や
小型兵士に対しての《フェンサー》《ホワイトジェネラル》を用いてのバフを駆使して
こちらにとって有利な交換ができるよう立ち回りましょう。

・後半
盤面が押されている場合は単体除去の対象になりづらい《ロイヤルセイバー・オーレリア》で逆転を狙い
逆に押している場合は《フローラルフェンサー》等を進化させ更に盤面を盤石なものにします。
PP6以降は《海底都市王・乙姫》《セージコマンダー》を狙いたいです。
ここまででボードが勝っているなら直接《セージコマンダー》に繋げてしまうのも良いでしょう。
相手がビショップやヴァンパイア、ウィッチのような全体除去を持っているリーダーの場合
後半は無駄に展開しすぎず手札に次の攻めに繋がる弾を残しておくか
相手の展開の様子からそのまま押し切るルートを取るかの取捨選択をするのが大事です。



基本的な動きは旧環境のデッキと変わらないところも多いので目新しさはあまりないですが
現環境では天敵であったドラゴンの《ファフニール》が採用されづらく
またエルフやヴァンパイアの対策として多く採用されている《エンジェルバレッジ》
1枚では《乙姫お守り隊》を倒せないこともあって、以前より必殺コンボを通しやすくなっています。

今回のデッキでは環境に刺さる守護持ちとして《ロイヤルセイバー・オーレリア》を採用していますが
もっと大型の守護持ちとして《フロントガードジェネラル》を投入してみるのも良いでしょう。
ドローソースとなる《メイドリーダー》《アドバンスブレーダー》、追加の強化手段である《風神》を採用し
ミッドレンジ速度以降の息切れを防ぐ構築にしてみるのも面白いと思います。
アグロ対策に寄せるなら1/1を一方しやすい《ヴァンガード》を採用するのもオススメで
いっそ《アサルトコマンダー》《激励の舞》を使うアグロ寄りに転向してみるのも面白いです。