各リーダーの2Pick用のカード性能をPick時に判断しやすいように
ステータス、プレイコスト、能力、2Pick間でのシナジーなどを管理人が評価したものを
レア度別で1~10点でまとめてみました、並びはコスト順となっています。

※注意点
各点数は、2Pickではレア別にPickが分かれているので各レア内で競合しています。
ブロンズ枠/シルバー枠/ゴールドレジェンド枠/ニュートラル枠の全4枠です。
ニュートラルに属するカードはリーダーによって点数が変わることがあります。

点数表としての目安は以下のとおり
10点:極めて強いカードなのでデッキコンセプトを無視してでもとりあえず取るべきカード。
9点:極めて強いカードなので、もう1枚のカードが弱くても取るべきカード。
8点:強力なカードなのでデッキの主軸とするべきカード。
7点:メインの戦力となるカード、パフォーマンスが良い有能なカード。
6点:各コストを構成する基本的なカード、コストパフォーマンスとしては普通。
5点:とりあえず各コストを埋める為にならPickしても良いカード。
4点:役に立たないこともあるがたまに役に立ってくれることもあるカード。
3点:明らかに弱いカード、コストカーブが悪い時には仕方なく取ることもあるカード。
2点:取るだけで明らかにPick損だと感じられるカード。
1点:このカードが入ってる側をPickしたくないカード。もう片方のPickを選ぼう。



ブロンズ
7点:《クイックブレーダー》
   疾走持ちの優秀な兵士フォロワー。腐りにくくどのような構成でも使いやすいです。
5点:《ニンジャエッグ》
   潜伏持ちの兵士フォロワー。《アドバンスブレーダー》を意識するなら回避したいカードです。
5点:《ヴァンガード》
   能力なしの兵士フォロワー。《アドバンスブレーダー》を意識するなら回避したいカードです。
6.5点:《師の教え》
   1:1交換以上を狙える範囲が広がるので便利です。手札も補充も優秀です。
6.5点:《オースレスナイト》
   場に1/1フォロワーを2体並べられるので、2Pick環境では処理されにくいのが強みです。
6.5点:《クノイチエッグ》
   潜伏のおかげで1ターン生き残りやすく、2点のリーダーへのダメージは役に立つことがあります。
8点:《不屈の兵士》
   通常のデッキでも大活躍の兵士フォロワー。《フェンサー》へとプレイを繋げたいです。
7点:《パレスフェンサー》
   兵士フォロワーへの強化バフ要員として採用します。
6点:《サイクロンソルジャー》
   普段なら体力1はすぐに処理されがちですが、2Pickは通ることも多いです。
7.5点:《ケンタウロスヴァンガード》
   序盤だけでなく中盤に2点を飛ばせることも多く便利です。
8点:《歴戦のランサー》
   2/2/2というだけでなく守護も付いてくるというアドバンテージだけで十分採用に値します。
6.5点:《勇敢なる旗手》
   進化可能ターン直前にプレイしておくことで恩恵を受けやすいフォロワーですが、体力1は貧弱です。
4点:《疾風怒濤》
   場に綺麗にフォロワーが並んだ場合は便利なこともあります。
8点:《アセンティックナイト》
   除去されにくい体力2が2枚並ぶので次につながりやすく強力です。
7点:《フェンサー》
   +1/+1修正が便利な指揮官、先手時は特に強いです。
8.5点:《ノーヴィストルーパー》
   疾走持ち兵士フォロワーなのでどんな場面でも働いてくれる強力なカードです。
6点:《スニッピーガーデナー》
   場に指揮官が居る状態でプレイ出来るとなかなか優秀なステータスです。
5.5点:《スウィフトペネトレーター》
   体力が低いタイプの3コストなのでそのままだと使いにくいですが潜伏時のダメージ期待はなかなかです。
4.5点:《武装強化》
   フォロワーを拾いたいので狙って取ることはないカードの1つです。
6.5点:《ジャイアントスレイヤー》
   条件付き除去カード、コストパフォーマンスが良く進化の返しとして使えます。
7点:《ホワイトジェネラル》
   +2/0修正が便利な指揮官、進化を使った盤面処理能力もなかなかです。
7.5点:《勇猛たる騎士》
   4コスト合計4/4のサイズは便利なことが多く使いやすいカードです。
6点:《ミラージュディフェンサー》
   4コストとしては十分優秀な壁ですが、優先したい4コストが多いのでプレイしにくいタイミングも多いです。
4点:《激励の舞》
   横に3体以上並んでいる状態でプレイ出来ると便利なことがありますが、なかなか状況が少ないです。
6点:《ニンジャマスター》
   全体除去が少ない2Pickでは潜伏4点は通りやすいです。
6点:《セントリーナイト》
   5コスト4/5のサイズはなかなか便利です。守護はおまけと思っておきましょう。
5.5点:《アサルトコマンダー》
   兵士フォロワー限定なので横並びするタイプの兵士をしっかりPick出来た場合は強いです。
9点:《アドバンスブレーダー》
   兵士を補給しつつ戦えるようになるので息切れに強くなります。本人のスタッツも優秀です。
7点:《猛襲》
   条件なし除去カード、相手の6コスト以上をこの1枚で返せるとかなり美味しいです。
6点:《戦場の騎兵》
   6コスト合計6/6のサイズ、本体が進化を使うことで7点まで交換を狙えるのは便利なことも。
5点:《アドミラル》
   +2/+2修正込みでようやく通常のコストパフォーマンスです。単体ではあまり使えません。


シルバー
6点:《メイドリーダー》
   効果は便利ですが1/1という残念なステータスです。
5点:《アサシン》
   指揮官限定の潜伏付与。《カースドジェネラル》が潜伏すると暴れてくれることもあります。
5.5点:《ルミナスナイト》
   進化時全体強化の指揮官、場にフォロワーが残りやすい2Pickでは便利なことも。
5点:《プリンセスヴァンガード》
   1コスト限定の+1/0修正を持つ指揮官、しっかり1コストを運用するのが難しいので評価は低め。
7点:《ガンナーメイド・セリエ》
   指揮官が居る時に進化すると2コストながらも5/5まで大きくなるので盤面交換に強いです。
4.5点:《兵士徴集》
   2コストつかってドローするぐらいなら予め2コストの兵士をPickしておきたいですね。
7.5点:《渾身の一振り》
   使いやすい軽めの除去カードなので腐りにくいです。
5点:《鉄壁の城塞》
   シナジーを生み出しにくいですが、《レオニダス》と合わさるとなかなか強いです。
6.5点:《ネイビールテナント》
   2/3ステータスが便利なことも多い守護付与指揮官。3コストとしては無難です。
4点:《わがままプリンセス》
   2Pickで1コストを取り続けるのはなかなかリスキーです。
8点:《冷酷なる暗殺者》
   ロイヤル唯一の必殺持ちフォロワー。盤面交換においてかなりの強みを発揮します。
10点:《フローラルフェンサー》
   進化で4コスト合計7/8という脅威のパフォーマンスを持つフォロワー。必ずPickしましょう。
6点:《カースドジェネラル》
   兵士に疾走付与する指揮官。あと1歩のダメ押しに活躍することもあります。
6.5点:《剣豪》
   進化で条件付き除去を持つ兵士。相手の進化の返しに使えるとなかなか便利です。
6点:《王家の御旗》
   兵士限定の+1/0修正はなかなか便利です。コンボ用カードの1つ。
4点:《パーシヴァル》
   対リーダーへの直接ダメージに特化した分ステータスは貧弱。悲しみの0点プレイもしばしば。
6.5点:《ノーブルナイト》
   5コスト合計5/5は採用条件としてはまぁまぁです。
9.5点:《セージコマンダー》
   ステータスの優秀さだけでなく、全体+1/+1修正まで持っており隙がありません。
5.5点:《コウガクノイチ》
   6点分潜伏しつつ横並びしてくれるので盤面交換と最後の一押し両方に使えなくもないです。
5点:《レイジングジェネラル》
   5コストぐらいでプレイ出来れば強いこともありますが、即時効果もないので他のカードで良い気も。


ゴールド
4点:《最前線》
   初手で引けたら便利な場合もあったりしますが、後半のTOP勝負を考えると採用は難しいです。
6点:《宝杖の司令官》
   進化時兵士を+2/+2修正する指揮官。横並びした後の進化が強い場合もあります。
6.5点:《ホワイトパラディン》
   盤面交換に強い進化時能力を持っているので2Pickでは有能です
5点:《盗賊の極意》
   潜伏専用のPickを要求されてしまうので安定性が低いです。
6点:《闇を纏う暗殺者》
   プレイ時他のフォロワーを潜伏させる兵士。コンボ要員として採用しましょう。
5.5点:《ヴァンガード・レイサム》
   コンボ用の指揮官。体力も低いので《騎士王の威光》などと組み合わせないとなかなか厳しいです。
4点:《軍師の妙策》
   重めのドロースペル。後半を意識したい場合に便利なことも。
4点:《騎士王の威光》
   専用のデッキを組まないと厳しく、コストも重いのでプレイするタイミングが難しいです。
8点:《アルビダの号令》
   6コスト合計5/5、守護&疾走と使いやすいフォロワーが場に出るので強力です。
8.5点:《フロントガードジェネラル》
   ラストワード効果のおかげで場持ちする力が非常に強い指揮官。ステータスも優秀です。
7点:《ドラゴニュート・シャルロット》
   便利な疾走&守護持ちの大型フォロワー。やはり疾走持ちは2Pickで優秀です。
8.5点:《レオニダス》
   出せたら強いフィニッシャー枠、Pickした場合は盤面を取り続けられる構成にしたいです。


レジェンド
8点:《ロイヤルセイバー・オーレリア》
   コスト、ステータス共に優秀な守護持ち指揮官。どのようなデッキでも採用したいカードの1つです。
10点:《海底都市王・乙姫》
   盤面展開に最も優れた指揮官。除去も少ない2Pickでは出すだけで大幅有利が取れます。
7点:《ツバキ》
   限定除去を持つ兵士フォロワー。進化を使わずとも盤面のアドバンテージを得られるのは強いです。
8点:《アレキサンダー》
   ロイヤル唯一の範囲除去としてなかなか優秀です。
7点:《ガブリエル》
   フォロワー1人を大幅強化するフォロワー。小型疾走や横並びとの相性が良く有能です。
8点:《ルシフェル》
   高いステータスに加え、回復と攻撃のそれぞれの能力が強いです。
8点:《オーディン》
   除去枠として優秀な能力持ちです。破壊でなく消滅は心強さがあります。
9点:《ダークエンジェル・オリヴィエ》
   ミッドレンジ以上の戦いになりがちな2Pickにおいて非常に強力な能力を持っています。
6.5点:《サタン》
   他のフィニッシャーが引けてなかった場合採用したいフィニッシャー枠です。


ニュートラル
4点:《ゴブリン》
   ほかのリーダーと比べれば扱いやすい部類ですが2/2に一方的に取られてしまいます。
6点:《エンジェルスナイプ》
   1コスト1点は便利なこともあり、そこそこ無難なカードです。
6点:《ファイター》
   2/2/2は兵士タイプを持っていなくても腐りにくく便利です。
6.5点:《ミノタウロス》
   守護持ち、2点火力とニュートラルの中では扱いやすいです。
5点:《研磨の魔法》
   横並びしやすいので、とっさの+2/0修正は便利な時もあります。
4点:《運命の泉》
   潜伏が多めに引けた時は潜伏泉コンボとして使うことも可能です。
3点:《ベルエンジェル》
   テンポを重視したいロイヤルにとっては攻撃力0は扱いにくいことが多いです。
7.5点:《ユニコーンの踊り手・ユニコ》
   使いやすい2/2/2フォロワーというだけでなく、体力回復能力がなかなか優秀です。
3点:《忌むべき悪魔の像》
   守護持ちですが、攻撃力が0なのでテンポも悪く採用は見送りましょう。
1点:《新たなる運命》
   手札交換よりかはフォロワーを採用した方が良いことが多いです。
5.5点:《流浪の傭兵》
   3/3/2バニラは同スタッツで能力持ちの多いロイヤルではあまり目立てません。
6.5点:《シールドエンジェル》
   攻撃力は低いですが、守護持ち高耐久とニュートラルの中では使いやすい方です。
7.5点:《ヒーリングエンジェル》
   ロイヤルで3/2/3は貴重なスタッツ。回復能力も何かと便利です。
6点:《リザードマン》
   守護を持っているので《流浪の傭兵》よりかは便利なことが多いです。
3.5点:《天上の楽曲》
   対象に取れないフォロワーに使うことで場持ちが良くなることもあります。
6.5点:《エンジェルバレッジ》
   使いやすい全体バーンスペルとして採用しやすいです。
7点:《烈火の魔弾》
   単体除去としては十分なスペックを持っているのでなかなか優秀です。
5.5点:《ゴリアテ》
   体力寄りなので3コストに取られにくい性能です。《デザートライダー》よりは使いやすいです。
5点:《デザートライダー》
   体力3は1コストの進化でも取られがちです。進化時攻撃力6はたまに便利です。
6点:《ウルズ》
   潜伏持ちのフォロワーの再度潜伏や疾走持ちに使うなどそこそこ運用幅があります。
4点:《ハンプティダンプティ》
   盤面処理能力は強いですが、使える盤面が限られています。
6点:《デモンストライク》
   リーダーへのひと押しや盤面処理など使い道は広めです。
5.5点:《ゴブリンマウントデーモン》
   フォロワーを並べることが多いロイヤルにとってGMDの3点ダメージは少し使いにくいです。
7点:《風神》
   横並びさせやすいロイヤルの場合特に有効です。
7.5点:《エクスキューション》
   コストは重いですが、確定1枚除去はなかなか便利です。
7点:《死の舞踏》
   確定1枚除去だけでなくリーダーダメージ付きなので優秀です。  
7点:《天剣の乙女》
   高い体力と守護を持っており、進化が2Pickでは有能なことが多いです。
4点:《天翼を食う者》
   アグロ構成の場合上手く通れば相手を詰ませる場合もありますが、基本的には回避しましょう。
6点:《アテナ》
   フォロワーを展開しやすいロイヤルと相性が良いことが多いです。《アレキサンダー》とのコンボも強力。
6点:《レイジングエティン》
   攻撃力は高めですが体力が少し低い守護持ちです。無難な性能といった印象が強いです。
4点:《魔術書の解読》
   プレイコストが重いので使う隙を作るのが難しいです。
7点:《インペリアルマンモス》
   うーん、でかい。出すだけで相手に除去を強要させられるので便利なことも多いです。
6.5点:《ギルガメッシュ》
   2Pickでは疾走が強いの法則、ニュートラル枠の中では有能フォロワーの1人です。
5点:《アークエンジェル・レイナ》
   横並びさせやすいロイヤルはレイナのロマン進化を成立させやすいリーダーです。


2Pickから削除されているカード
2点:《光の道筋》
3点:《ツインプリズナー・フラム》
5点:《ツインプリズナー・グラス》
1点:《冥府への道》



2PickのPick法則など基本情報はこちら
通常のカード評価はこちら

旧Verの評価はこちら



新カードの《冷酷なる暗殺者》《アドバンスブレーダー》が2Pickにおいてなかなか強力です。
特に《アドバンスブレーダー》のお陰で7~8ターン目を超えても息切れしにくいことを活かして
《レオニダス》に繋げるのが新カードを使った強い構築だと感じます。
《アークエンジェル・レイナ》が唯一狙えるリーダーなので管理人は狙ってPickすることも多いです。


各2Pickカードの評価が低いor高いなどのご意見をコメントして頂ければ嬉しいです。

~追記
コメントでのご指摘ありがとうございます、訂正致しました