各リーダーの2Pick用のカード性能をPick時に判断しやすいように
ステータス、プレイコスト、能力、2Pick間でのシナジーなどを管理人が評価したものを
レア度別で1~10点でまとめてみました、並びはコスト順となっています。

※注意点
各点数は、2Pickではレア別にPickが分かれているので各レア内で競合しています。
ブロンズ枠/シルバー枠/ゴールドレジェンド枠/ニュートラル枠の全4枠です。
ニュートラルに属するカードはリーダーによって点数が変わることがあります。

点数表としての目安は以下のとおり
10点:極めて強いカードなのでデッキコンセプトを無視してでもとりあえず取るべきカード。
9点:極めて強いカードなので、もう1枚のカードが弱くても取るべきカード。
8点:強力なカードなのでデッキの主軸とするべきカード。
7点:メインの戦力となるカード、パフォーマンスが良い有能なカード。
6点:各コストを構成する基本的なカード、コストパフォーマンスとしては普通。
5点:とりあえず各コストを埋める為にならPickしても良いカード。
4点:役に立たないこともあるがたまに役に立ってくれることもあるカード。
3点:明らかに弱いカード、コストカーブが悪い時には仕方なく取ることもあるカード。
2点:取るだけで明らかにPick損だと感じられるカード。
1点:このカードが入ってる側をPickしたくないカード。もう片方のPickを選ぼう。


ブロンズ
5点:《アイボリードラゴン》
   戦力として考えると1コストは貧弱すぎますが、覚醒時は役に立つこともあります。
6点:《ブレイジングブレス》
   2点ダメージは無傷からでも3コストまで破壊を視野に入れられて便利です。
7.5点:《ドラゴンライダー》
   ドラゴンの基本的な2/2/2フォロワー。序盤は勿論、覚醒後も強いのが嬉しいです。
7点:《大嵐のドラゴン》
   2Pickのコスト2には前半を意識したカードが欲しいですが、後半の軽量疾走は強いです。
5点:《サンドストームドラゴン》
   スタッツ合計は高いですがちょっと防御寄り過ぎて相手を選ぶフォロワーです。
7.5点:《ファイアーリザード》
   やはり体力の低さが気になるものの、場に出たときの1点で弱点をカバーできます。
8点:《ムシュフシュ》
   2/2/2の平均的スタッツと中盤の進化ターンから機能する強力な能力が魅力です。
7点:《荒牙の竜少女》
   使いやすい性能を持ちますが能力を安定して使えるように構築するのは難しいです。
7.5点:《竜の託宣》
   大型を叩きつける構築を目指すなら優先して取りたいカードです。
   カードプールが広くなりPP加速カードの出現率が減ったので、ランプを狙うなら優先。
5.5点:《竜の翼》
   2コストとはいえ、自軍を巻き込む全体1点は若干使いづらいです。
7点:《ワイルドハント》
   ダメージさえ通せていれば何でも2コストで破壊できるのは偉いです。
7点:《古の飛竜》
   3/2/3というだけで便利です。後半は守護を持てるので腐りにくいです。
8点:《ドラゴンナイト・アイラ》
   2/2/2に取られるスタッツは貧弱ですがランプ戦術をしたいなら多めにとっておきたいカードです。
   これも出現率が減ったので見たら狙っていきたいカードです。
6点:《ツインヘッドドラゴン》
   後半1コスト軽い《デスドラゴン》相当なら、最初から《デスドラゴン》が欲しいかも。
5点:《ルフ鳥》
   通常時に平均的な2コスに取られてしまうのは悲しいです。
5.5点:《トリニティドラゴン》
   ブロンズレアでは唯一の攻撃されないフォロワー、強化スペルが取れているなら有用です。
7.5点:《鉄鱗の竜人》
   3/2/3は使いやすく、能力まで使えれば大きなアドバンテージにつながります。
4.5点:《竜の咆哮》
   盤面のフォロワー依存の火力は少し使いづらいです。大型が取れているなら選択肢。
7.5点:《デスドラゴン》
   デメリット無しの4コスト4/4は非常に使いやすいです。
6.5点:《グリントドラゴン》
   大きくなった《ファイアーリザード》、4コスト体力2は出すタイミングを選びます。
6点:《竜の怒り》
   4コスト6点は火力としては上々ですが、どこまで行っても1:1までのカードなのでこの評価に。
4点:《竜の力》
   バフとしては少し重すぎます。攻撃されないフォロワーを集められているならアリかも。
6点:《竜の知恵》
   貴重なドローソース、少ないフィニッシャーを拾いに行くなら少量持っていても良いでしょう。
7.5点:《ディザスタードラゴン》
   最低5コストバニラ相当、進化すれば大型まで狙えるのは嬉しいです。
9点:《海剣竜》
   覚醒時の4点疾走は非常に強力で、見たら取っていいレベルのカードです。
7点:《クイーンサーペント》
   《オルカ》を出す能力を見ると総スタッツは優秀ですが、少しテンポが悪くなってしまうのには注意。
8点:《ドラゴンガード》
   6/5/6だけで及第点なのに、覚醒すると守護までついて隙がありません。
7.5点:《アイランドホエール》
   通常よりもスタッツの高いバニラは2pickでは非常に強力です。
5点:《スカルドラゴン》
   体力は高目ですが、相手ターン中の攻撃力の低さはちょっと使いづらいレベルです。
4点:《氷結のドラゴン》
   ドラゴンのこのコスト帯でこの能力は少し寂しいです。
8点:《インフェルノドラゴン》
   PP加速からポンと出て来る8/8/8はまさに暴力。シルバー以上に大型を取れなくても安心です。


シルバー
4点:《竜の伝令》
   2Pickでは狙ったものを引くのは難しいです。何でも良いから大型を1ターン早く出したいならアリ。
6点:《ドラゴニュートフィスト》
   ランダムに対象を選ぶカードですが、威力は十分にあるので使いやすいです。
4.5点:《黄金竜の棲家》
   これが置けるタイミングは盤面有利の時なので、素直にフォロワーをおかわりしたほうが強いかも。
7.5点:《ドラゴニュートプリンセス》
   序盤はあんまりですが、後半3コスト3点火力として働いてくれるのは大きいです。
7.5点:《スカイドラコ・エチカ》
   盤面を取りながら能動的にPP加速ができるので、大型を多く取りたい場合は採用したいです。
5.5点:《プリズンドラゴン》
   構築と同じく壁と割り切るカードですが、そのためにシルバー枠消費はちょっと痛いです。
4点:《エースドラグーン》
   基本的に盤面で勝っている時しか強くないため、安定性に欠けます。
10点:《ドラゴンウォーリア》
   進化時能力で1:2~3交換を簡単に狙え、大型にも届き得るのは非常に強いです。
8点:《グリムリーパー》
   最低でもバニラ程度の性能があり、覚醒後なら守護とバフが強力で使いやすいです。
6点:《リヴァイアサン》
   通常進行のPP6時点で出してしまっても強烈。上手くPP加速できるデッキなら評価+です。
9点:《ジークフリート》
   ダメージが与えられているフォロワーを破壊しながら3/3が出せるので一対多交換が狙えます。
5.5点:《ノクシャスロアードラゴン》
   手札を能動的に捨てる手段が安定しないので、ほとんどバニラとして扱うことになります。
3点:《竜化の秘法》
   除去としても強化としても中途半端で使いづらい印象です。
5.5点:《ライトニングベヒモス》
   盤面の取り合いをしたい2Pickでこのデメリットは痛すぎますが、スタッツ自体は強力。
7点:《変異の巨竜》
   最低でもバニラ相当、出しどころが少し難しいですが進化時能力が決まれば強烈です。
5点:《ドラゴンライダーデビル》
   危険なアミュレットが増え少し使いやすくなりましたが、まだ能動的に量を取りたくはないです。
5.5点:《ミストドラゴン》
   攻撃されない大型フォロワー、サポートカードが取れているなら選択肢です。
9点:《ドレッドドラゴン》
   ファンファーレの4点が文句なしに強く、容易に一対多交換を狙えます
7.5点:《神龍》
   ドラゴンの貴重なドロー手段、次に出す大型を補充できるのは嬉しいです。
6点:《灼熱の嵐》
   全体除去スペルですが、盤面に何も残らないことが多く相手に先に動きを起こされてしまうことも。


ゴールド
5.5点:《ドラゴニュートスカラー》
   ドローの安定化には便利ですが、これでドラゴンのゴールド枠を潰したくはないかもしれません。
6点:《変化する魔術師》
   貴重な2/2/2とはいえ、小型でゴールド。能力の誘発はあまり期待できません。
3点:《竜巫女の儀式》
   手札を捨てる手段を別途用意する必要があるので使いづらいです。
7点:《デスミストドラゴン》
   攻撃されない能力と継続的な全体火力が優秀で、盤面を停滞させられることも。
2点:《鳳凰の庭園》
   元々専用構築が必要なこのカードを2Pickで安定させるのは至難の業です。
8点:《騎竜兵》
   ドラゴンの重くて強力なカードを早出しするならぜひ取っておきたいカード、スタッツも優秀です。
3点:《竜化の塔》
   これを置く暇があったらフォロワーを出したほうが強いことがほとんどです。
7点:《ハイドラ》
   即進化の2回攻撃で盤面を取りながら除去を強要出来るのが強みです。
7.5点:《ネプチューン》
   進化できれば《オルカ》と合わせて2枚分行動できるので盤面有利を取りやすいです。
8点:《オーブドラゴン》
   《エクスキューション》内蔵で本体サイズもそこそこ大きいので、有利交換がしやすいです。
9点:《連なる咆哮》
   隙は大きいですが通ってしまえば毎ターン大型を供給でき、簡単に勝ちを狙えるカードです。
8.5点:《ジェネシスドラゴン》
   PP加速からプレイ>進化できれば除去に丸々1T使わせることになり、実質超越と言ってもいいかも?
   ランプ戦術が取りづらくなったことで強い動きがしづらくなったのは残念。


レジェンド
6.5点:《竜呼びの笛》
   初手で引くならデッキの方向性を決められ優秀ですが
   ほぼ構築の終わったラストで引くと使いづらいことも多いです。
8点:《ダークドラグーン・フォルテ》
   5点疾走は強烈です。攻撃されない能力も構築より有効に働きます。
7.5点:《ジルニトラ》
   ドラゴンの中では唯一盤面に数を並べることが出来るカード。手数を増やしたい時に重宝します。
9.5点:《ファフニール》
   ファンファーレでの盤面支配性能もさることながら、本体サイズが凶悪。
   《騎竜兵》の次のターンにプレイできる優秀なエンドカードです。
6.5点:《ガブリエル》
   攻撃されないフォロワーが盤面に残りやすいので、そのサポートとして優秀です。
8点:《ルシフェル》
   高いステータスと能力を持っており、どんな盤面でも運用可能な強いカードです。
8点:《オーディン》
   除去枠として優秀な能力持ちです。破壊でなく消滅は心強さがあります。
9.5点:《ダークエンジェル・オリヴィエ》
   ランプ戦術がし易いドラゴンは、これと大型を沢山用意することで特に勝ちやすいリーダーです。
8.5点:《サタン》
   ドラゴンでならPP加速・コスト軽減から現実的に高速プレイができ
   早い段階からアポカリプスデッキで戦うことが出来ます。


ニュートラル
4点:《ゴブリン》
   1コストフォロワーは基本的にアド損に繋がりやすいです。
6点:《エンジェルスナイプ》
   1点火力は《ワイルドハント》と組み合わせるのにも便利です。
6.5点:《ファイター》
   2/2/2は相変わらず優秀で十分Pickする価値があるカードです。
7点:《ミノタウロス》
   守護持ち、2点火力とニュートラルの中では扱いやすいです。
5点:《研磨の魔法》
   ドラゴンには疾走持ちや《ドラゴンナイト・アイラ》等対象にしたいフォロワーが多めです
4点:《運命の泉》
   攻撃されないフォロワーを多用するなら強力なサポートとなり得ます。
4点:《ベルエンジェル》
   盤面を取り返せる大型を引けるよう構築するなら採用しても良いかもしれません。
7.5点:《ユニコーンの踊り手・ユニコ》
   使いやすい2/2/2フォロワーというだけでなく、体力回復能力がなかなか優秀です。
3.5点:《忌むべき悪魔の像》
   スタッツの高い進化フォロワーを並べやすいドラゴンでは他リーダーより使いやすいです。
   初手で《ネプチューン》が引けているならピックも視野に入るかもしれません。
4点:《新たなる運命》
   手札を捨てることでメリットを得るカードが多いならピックしても良いでしょう。
5点:《流浪の傭兵》
   ドラゴンの3コスト帯は結構渋滞しているのであまり必要のないカードです。
6.5点:《シールドエンジェル》
   攻撃力は低いですが、守護持ち高耐久とニュートラルの中では使いやすい方です。
7点:《ヒーリングエンジェル》
   3/2/3とリーダー回復は使いどころが多く便利です。
6点:《リザードマン》
   守護を持っているので《流浪の傭兵》より頼れることが多いです。
3.5点:《天上の楽曲》
   対象に取れないフォロワーに使うことで場持ちが良くなることもあります。
7点:《エンジェルバレッジ》
   相手にだけ影響する使いやすい全体火力スペルとして採用しやすいです。
7点:《烈火の魔弾》
   単体除去としては十分なスペックを持っているのでなかなか優秀です。
5.5点:《ゴリアテ》
   体力寄りなので3コストに取られにくい性能です。《デスドラゴン》が取れなかったらこれ。
5点:《デザートライダー》
   体力3は1コストの進化でも取られがちです。進化時攻撃力6はたまに便利です。
7点:《ウルズ》
   高スタッツフォロワーの回復や疾走持ちの再行動
   《ドラゴンナイト・アイラ》の能力誘発など、他のフォロワーより幅広く使えます。
4点:《ハンプティダンプティ》
   後半に寄せるのであれば、序盤をこれで凌ぐパターンもあるかもしれません。
6点:《デモンストライク》
   疾走だけでは仕留めきれなかったリーダーへのひと押しに。フォロワー除去にも役立ちます。
7.5点:《ゴブリンマウントデーモン》
   高ステータス+優秀な守護持ちなので狙って取りたいカードの1枚です。
4.5点:《風神》
   ドラゴンは大型を叩きつけるデッキになりがちなのでバフが有効に使えるタイミングが少ないです。
7点:《エクスキューション》
   確定除去はどのクラスでも使いやすいです。
7点:《死の舞踏》
   確定1枚除去だけでなくリーダーダメージ付きなので優秀です。 
7点:《天剣の乙女》
   高い体力と守護を持っており、進化が2Pickでは有能なことが多いです。
7点:《天翼を食う者》
   元々引いたものを叩きつけるデッキなのでデメリットが気になりません。
   手札を捨てる効果も場合によっては役に立ちます。
4点:《アテナ》
   ドラゴンならもっと大きなフォロワーで轢いたほうが良いことが多いです。
5.5点:《レイジングエティン》
   ニュートラルらしい無難な性能。もっと強いフォロワーがドラゴンには溢れています。
4.5点:《魔術書の解読》
   ドラゴンには貴重なドローカードですが、プレイする隙を作るのは難しいです。
7点:《インペリアルマンモス》
   ドラゴンから見ても流石にでかい。
   出すだけで相手に除去を強要させられるので便利なことも多いです。
6.5点:《ギルガメッシュ》
   クラスカードの疾走だけでは物足りないなら投入するのも面白いです。
4点:《アークエンジェル・レイナ》
   横並びしているときにはすでに勝っているドラゴンではあまり活躍する機会がなさそうです。



2Pickから削除されているカード
3点:《光の道筋》
3点:《ツインプリズナー・フラム》
5点:《ツインプリズナー・グラス》
1点:《冥府への道》


2PickのPick法則など基本情報はこちら
通常のカード評価はこちら

旧Verの評価はこちら



ドラゴンの新規要素として手札を捨てることでメリットを受けるカードが追加されましたが
2Pickでメインの戦術として組み込むのは少し難しく、ノイズとなりがちです。
プールの増加でPP加速系カードの出現率が下がったことにより
他のリーダーと同程度のサイズのフォロワーしか出せない事も多くなったので
相対的に弱体化してしまったリーダーといえるでしょうか。
一方で《連なる咆哮》《ダークエンジェル・オリヴィエ》のような通れば勝ちのカードは増えているので
このあたりをピック出来るとゲームプランが決めやすくなるでしょう。

各2Pickカードの評価が低いor高いなどのご意見をコメントして頂ければ嬉しいです。