各リーダーの2Pick用のカード性能をPick時に判断しやすいように
ステータス、プレイコスト、能力、2Pick間でのシナジーなどを管理人が評価したものを
レア度別で1~10点でまとめてみました、並びはコスト順となっています。

※注意点
各点数は、2Pickではレア別にPickが分かれているので各レア内で競合しています。
ブロンズ枠/シルバー枠/ゴールドレジェンド枠/ニュートラル枠の全4枠です。
ニュートラルに属するカードはリーダーによって点数が変わることがあります。

点数表としての目安は以下のとおり
10点:極めて強いカードなのでデッキコンセプトを無視してでもとりあえず取るべきカード。
9点:極めて強いカードなので、もう1枚のカードが弱くても取るべきカード。
8点:強力なカードなのでデッキの主軸とするべきカード。
7点:メインの戦力となるカード、パフォーマンスが良い有能なカード。
6点:各コストを構成する基本的なカード、コストパフォーマンスとしては普通。
5点:とりあえず各コストを埋める為にならPickしても良いカード。
4点:役に立たないこともあるがたまに役に立ってくれることもあるカード。
3点:明らかに弱いカード、コストカーブが悪い時には仕方なく取ることもあるカード。
2点:取るだけで明らかにPick損だと感じられるカード。
1点:このカードが入ってる側をPickしたくないカード。もう片方のPickを選ぼう。



ブロンズ
5点:《ウォーターフェアリー》
   《フェアリー》回収は便利ですが1コストは後回しでも大丈夫なことが多いです。
7.5点:《ベビーエルフ・メイ》
   使いやすい能力を持っているので枚数を確保するのも手です。
   構築に比べバウンスしにくいので注意しましょう。
4点:《ブレイブフェアリー》
   遅延用に採用するならステータスも低いので別のカードが欲しいところです。
6点:《自然の導き》
   どれだけコンボしたいかに応じてPickしたいカードです。
6点:《フェアリーサークル》
   コンボ用に《フェアリー》を回収したい場合Pickしましょう。
7点:《フェアリーウィスパラー》
   中盤を考えるとコンボ寄りの場合欲しいカードの1つです。
5.5点:《エルフガード》
   コンボで守護が付きますが、《フェアリー》をしっかり回収しないと低コストでの成立は難しめです。
5.5点:《ダンジョンフェアリー》
   使いやすい2/2/2スペックですが、序盤の場合バウンスが邪魔になることも。
5点:《フェアリーブリンガー》
   0コスト《フェアリー》を作れると便利で2/2と相打ちも一応可能ですが難しいカードです。
4.5点:《ワンダーエルフメイジ》
   カードドロー枠として確保しておくのも手ですが、安定度は低めです。
7点:《放浪するエルフ》
   2/2/2なので序盤の基本として運用可能な有能カードです。
5.5点:《パフュームドワーフ》
   体力は貧弱ですが、中盤の盤面遅延に少し便利な能力を持っています。
7点:《エルフバード》
   2/2/2スペックは使いやすく、能力もなかなか便利です。
7点:《森荒らしへの報い》
   便利な除去スペルですがもう少し高コストを優先した方が良い場合が多いです。
5.5点:《妖精のいたずら》
   相手の大型フォロワー対策用にPickするのも手です。
4点:《精霊の呪い》
   構築より安定して《フェアリー》を場にキープするのは難しいので使いにくい場合も多いです。
5.5点:《翅の輝き》
   ドローソースとして使いやすいですが、盤面が弱いことが多いのでプレイタイミングは注意したいです。
3点:《まどろみの森》
   重めのフィニッシャーをPick出来ている場合便利なこともあります。
7.5点:《ダークエルフ・フォーレ》
   2/3という2/2を一方で取れることに加えて《フェアリー》を回収出来るので使いやすいです。
8点:《アーチャー》
   構築に比べ相手側に体力1のフォロワーが出やすいので能力がなかなか強力です。
4点:《沼の精》
   コストの割にステータスが貧弱ですが、能力はまぁまぁ便利ななこともあります。
6.5点:《癒やしのエルフ》
   体力が高いので盤面交換にそこそこ使えるだけでなく、能力も悪くないです。
7点:《エレメンタルランス》
   3コスト3点だけでなくコンボすることで6点まで狙える強みは中盤以降も心強いです。
6点:《妖精の楽園》
   コンボを重視したい場合補充がありがたいことも。《ティターニアの妖精郷》と合わせてPickもありです。
6.5点:《大狼》
   エルフのブロンズフォロワーの中ではステータスが普通なので無難に採用出来るカードです。
6点:《森隠れの獣人》
   攻撃寄りのステータスなので4ターン目には使いにくいですが、潜伏出来ればダメージ源に。
4点:《義賊の流儀》
   コストの割にダメージが安定しないことが多いです。
5.5点:《トレント》
   コンボ成立時はなかなかのステータスです。0コスト《フェアリー》が欲しくなります。
5点:《フェアリーキャスター》
   ステータスは低めですが《フェアリー》を沢山回収したい場合採用するのも手です。
7.5点:《深緑の守護者》
   壁としても優秀なフェアリーおじさん。ラストワード時の手札溢れには注意しましょう。
5.5点:《エルフトラッカー》
   1点2回で状況が変わることもあれば、変わらないこともあります。


シルバー
3.5点:《森の聖域》
   効果が能動的に使えないことが多く難しいカードです。
6点:《メタルエルフメイジ》
   コンボを成立させる必要はありますが、便利なカードです。
6.5点:《ブレスフェアリーダンサー》
   横並びに特化したPickと合わせることでかなり有効に働いてくれます。
6点:《ワルツフェアリー》
   《フェアリー》回収役としては有能ですが、3コストとしてはステータスは低めです。
5点:《タムリン》
   安定しないステータスですが《フェアリー》次第ではそこそこ中型になってくれることも。
4点:《エルフの弓術》
   1PPあたり1点以下のダメージになるのでコストパフォーマンスが悪いです。
7点:《ローズガーデンキーパー》
   中盤以降に相手大型フォロワーをバウンス出来ると強いので進化枠として採用するのも手です。
8点:《エルフプリンセスメイジ》
   0コスト《フェアリー》がコンボ用に強いので優先的に回収したいカードの1つです。
5.5点:《マナエルク》
   構築と比べれば能力も働きやすいですが、フィニッシャーとはならないです。
8.5点:《千年妖狐・ユエル》
   進化時能力が盤面交換において強力です。進化枠として優先的に採用したいカードです。
3.5点:《収穫祭》
   ドロー補強用として使えなくもないですが、3コンボがなかなか大変です。
6点:《エルフプロフェテス》
   バウンスが邪魔になることが多いですが、高めのステータスと守護持ちで便利です。
6.5点:《マグナボタニスト》
   横に並べるPickと合わせることでなかなか強い動きになってくれます。
6.5点:《エルダートレント》
   コンボを成立させることで進化を使わずに済むのでなかなか有能です。
6.5点:《フェアリービースト》
   ドローソースを確保しないと安定した回復にはならないのでPickバランスには注意が必要です。
5.5点:《太古の森神》
   サイズの大きさは強みですが、ドローソースを確保しないと中型サイズになってしまい貧弱です。
5点:《フォレストアケロウ》
   盤面ロックもなかなか強い場合もあるのですが、コストも重いので優先度は低めです。
6点:《エルフキング・ヴァルト》
   ステータスも無難で0コスト《フェアリー》も便利です。
8点:《フォレストジャイアント》
   盤面除去と大型フォロワーが1枚にまとまっているので強力なカードです。


ゴールド
7点:《リノセウス》
   使いやすい疾走持ちなのでどんなデッキ構成でも働いてくれます。
7.5点:《エルフの少女・リザ》
   使いやすい2/2/2スペックというだけでなく、能力によるダメージ無効は優秀です。
4点:《ペタルフェンサー》
   《フェアリー》専用デッキを組む必要があるので注意が必要です。
3.5点:《ノーブルフェアリー》
   3枚使って体力1まだ残るのでもう1手以上必要ということもあり避けたいカードです。 
7点:《ロビンフッド》
   高めの体力と相手を阻害する能力が2Pickでは噛み合いやすいです。
7.5点:《森の意思》
   手札に《フェアリー》等が回収出来れば高い威力の除去となってくれます。
6点:《ティターニアの妖精郷》
   《フェアリー》限定ですがEPなしでの進化はなかなか有能です。
8.5点:《エルフナイト・シンシア》
   高いステータスに盤面交換に強い能力持ちなので、中盤に強いです。
6点:《グランドアーチャー・セルウィン》
   相手の中型以上のフォロワーに対してテンポがあまり良くないので難しいフォロワーです。
7.5点:《エンシェントフォレストドラゴン》
   貴重な高ステータス+守護だけでなく、おまけのファンファーレが嬉しい有能フォロワーです。
5点:《白銀の矢》
   このカードを軸にするのは難しい為、他のフィニッシャーを優先したいところです。


レジェンド
9.5点:《エンシェントエルフ》
   序盤から使える強力な壁です。構築ほど安定感は出ないとはいえ十分強いです。
10点:《クリスタリアプリンセス・ティア》
   コンボ成立による盤面交換が極めて強力です。バウンス効果を持つカードも回収したいです。
6点:《フェアリープリンセス》
   構築と比べれば手札が枯渇しやすいので使えることもあります。
8点:《ローズクイーン》
   ここまでターンを引き伸ばすことが出来れば強力なフィニッシャーとなってくれます。
6.5点:《ガブリエル》
   横並びさせやすいので使える場面は多いです。
8.5点:《ルシフェル》
   高いステータスと能力を持っており、どんな盤面でも運用可能な強いカードです。
8点:《オーディン》
   除去枠として優秀な能力持ちです。破壊でなく消滅は心強さがあります。
9点:《ダークエンジェル・オリヴィエ》
   ミッドレンジ以上の戦いになりがちな2Pickにおいて非常に強力な能力を持っています。
6点:《サタン》
   他のフィニッシャーが引けてなかった場合採用したいフィニッシャー枠です。


ニュートラル
4点:《ゴブリン》
   2/2に一方的に取られてしまうので採用は微妙です。
6点:《エンジェルスナイプ》
   1コスト1点は便利なこともあり、そこそこ無難なカードです。
7点:《ファイター》
   素直な2/2/2がエルフにはあまり多くないので有能なカードです。
7点:《ミノタウロス》
   守護持ち、2点火力とニュートラルの中では扱いやすいです。
5点:《研磨の魔法》
   盤面交換がなかなか難しいところをフォローしてくれます。
4.5点:《運命の泉》
   横並びしやすいので他のリーダーよりかは使いやすいことが多いです。
4.5点:《ベルエンジェル》
   テンポは良くないですが、ドロー用に運用するのも手です。
7.5点:《ユニコーンの踊り手・ユニコ》
   使いやすい2/2/2フォロワーというだけでなく、体力回復能力がなかなか優秀です。
3点:《忌むべき悪魔の像》
   守護持ちですが、攻撃力が0なのでテンポも悪く採用は見送りましょう。
3点:《新たなる運命》
   他のリーダーと比べて《フェアリー》を回収出来るので使えなくもないですが、構築ほど安定しません。
4.5点:《流浪の傭兵》
   体力が2なので、2/2/2と交換されがちです。進化時攻撃力5はたまに便利です。
6点:《シールドエンジェル》
   攻撃力は低いですが、守護持ち高耐久とニュートラルの中では使いやすい方です。
7.5点:《ヒーリングエンジェル》
   2/3というステータスが一方的に2/2/2を倒せるので有能です。
6点:《リザードマン》
   守護を持っているので《流浪の傭兵》よりかは便利なことが多いです。
3点:《天上の楽曲》
   守護持ちに使うことで場持ちが良くなることもありますが微妙なカードです。
7.5点:《エンジェルバレッジ》
   全体1点は2Pick環境では使いやすく、《フェアリー》と合わさり強いことが多いです。
7点:《烈火の魔弾》
   単体除去としては十分なスペックを持っているのでなかなか優秀です。
5.5点:《ゴリアテ》
   体力寄りなので3コストに取られにくい性能です。《デザートライダー》よりは使いやすいです。
5点:《デザートライダー》
   体力3は1コストの進化でも取られがちです。進化時攻撃力6はたまに便利です。
4点:《ウルズ》
   ラストワードや疾走も多くないので、能動的に使いにくいことが多いです。
5点:《ハンプティダンプティ》
   初手で《エルフの少女・リザ》をPickした場合コンボを狙うのも強いです。
6点:《デモンストライク》
   リーダーへのひと押しや盤面処理など使い道は広めです。
7点:《ゴブリンマウントデーモン》
   高ステータス+優秀な守護持ちですが、《フェアリー》の全滅には気をつけましょう。
8点:《風神》
   エルフは《フェアリー》を横並びさせやすいので相性は悪くないです。
7.5点:《エクスキューション》
   コストは重いですが、進化1:1交換しにくいエルフにとって確定1枚除去はかなり便利です。
8点:《死の舞踏》
   大きいフォロワーを除去しにくいエルフにとって強力な1枚です。
7点:《天剣の乙女》
   高い体力と守護を持っており、進化が2Pickでは有能なことが多いです。
5点:《天翼を食う者》
   通れば強いですが、通らなかった時は負けというわかりやすいカードです
4点:《アテナ》
   ステータスが貧弱なフォロワーが多いので、相性はあまり良くないです。
6点:《レイジングエティン》
   攻撃力は高めですが体力が少し低い守護持ちです。無難な性能といった印象が強いです。
4点:《魔術書の解読》
   プレイコストが重いので使う隙を作るのが難しいです。
7点:《インペリアルマンモス》
   うーん、でかい。出すだけで相手に除去を強要させられるので便利なことも多いです。
7点:《ギルガメッシュ》
   便利な疾走持ちなので、フィニッシャーを確保出来ていなかったら採用するのも手です。
6点:《アークエンジェル・レイナ》
   フェアリーが場に残りやすいので採用するのも手です。


2Pickから削除されているカード
3点:《カニバルフラワー》
6.5点:《根源への回帰》
2点:《光の道筋》
3.5点:《ツインプリズナー・フラム》
4.5点:《ツインプリズナー・グラス》
1点:《冥府への道》

2PickのPick法則など基本情報はこちら
通常のカード評価はこちら

旧Verの評価はこちら



1Pick目のゴールド&レジェンド枠でPickの流れが決まる難しいリーダーです。
エボルヴで追加されたカート達が軒並み優秀なので、見かけたら優先的に確保するのが
勝ちに繋がりやすいと感じています。
特に、《クリスタリアプリンセス・ティア》《千年妖狐・ユエル》が強力です。
《千年妖狐・ユエル》が2ターン以上生き残った場合は、これは貰ったな!という感じですよね。
バウンスとコンボのPickでのバランスが難しいですが、良い構築が出来た時の気持ちよさは
他のリーダーと比べてもかなり高いと思います。

各2Pickカードの評価が低いor高いなどのご意見をコメントして頂ければ嬉しいです。