627dc662af304203f71b844091075eb6a57522cb566bdd321992895ab2b49159
デッキリンク(どばすぽ)


キーカード
《冥府への道》 / 《サモンスノー》 / 《白霜の風》
C_101032010

今回の構築は、ダークネスエボルヴで実装された新カードを採用し
ウィッチで《冥府への道》を成立させるというコンセプトデッキになります。
スペルを随時使い墓地を肥やしつつ、主に《サモンスノー》《白霜の風》で場を制圧し
盤面をある程度コントロールする方向で進行し8~9ターン目までに
《冥府への道》を成立させ状況を逆転させるという流れを辿っていきます。
旧環境の冥府ウィッチと違い成立率よりかはコントロール力を重視しています。



デッキの長所
《冥府への道》が成立してしまえば大型フォロワーが来ても勝ちを通すことが可能
冥府デッキの特徴である成立さえしてしまえば、という意味では超越スペルウィッチ
同様の特徴を持っています。

・盤面に対する高いコントロール力を持つので押し負けにくい
軽めのダメージスペル、《スノーマン》《変成の魔術》など除去、盤面交換に強く
《氷像の召喚》による壁の設置など場に対する押し引きに優れています。

・ドローソースが豊富なので手札が事故りにくい
《運命の導き》《マーリン》《虹の輝き》といったドローソースに恵まれているので
《冥府への道》を手札に抱えすぎて《運命の導き》が撃てない!というあるある冥府事故には
耐性があります。


デッキの短所
・超越デッキに弱い
盤面に対するコントロール力を上げた結果、《冥府への道》成立ターンが少し遅く
お互いに対象を取れるカードを出しにくい超越デッキに対しては相性が悪いことが多いです。

・フェイスに特化したデッキに弱い
守護持ちが《氷像の召喚》だけなので、盤面を無視して殴りかかってくる
フェイス型とはあまり相性が良くありません


デッキの回し方
・前半
リーダーに応じて多少の違いはありますが、基本的なルートは同じなので手札入れ替えも似ています。
中盤以降の為に、《サモンスノー》《白霜の風》にスペルブーストを貯める必要があります。
先攻時は《サモンスノー》《白霜の風》を1枚キープします。
後攻時は《白霜の風》は5PP必要なので《サモンスノー》《マーリン》を1枚キープしましょう。
次に優先すべきカードは序盤に使う1~3コストのカードとドローソースです。
《運命の導き》は1枠程度ならドローソースとしてそのままキープしておきましょう。
特にフェイス特化のヴァンパイアを警戒したい場合は、《マジックミサイル》をキープするのがオススメです。
2コストが強いロイヤルやビショップを警戒したい場合は、《虹の輝き》をキープしておくのがオススメです。
《冥府への道》は後で各種ドローソースから引っ張ってこれるので手札交換では捨てましょう。

序盤は盤面の交換をメインに立ち回ります。
予め相手のデッキをある程度予想しつつ、ダメージスペルや《虹の輝き》をどこで撃つか考えておきます。
基本的に進化可能ターンまではPP通り進行していくのが良いことが多いです。
《冥府への道》が手札に1枚以下だったら2ターン目に《新たなる運命》をプレイしてしまうのも手です。
序盤に盤面が押し負けると辛いので《サモンスノー》も早め早めにプレイしてしまいましょう。


・後半
進化可能ターンから相手の攻めもかなり強くなるので後攻時は受けが難しくなってきます。
新カードの《古き魔術師・レヴィ》進化や《白霜の風》で受けつつ、先に《スノーマン》を場に置きます。
進化は盤面を取れる場合は《スノーマン》進化も大事です。
毎ターン相手の場のフォロワーを全部取り、《スノーマン》を場に残してターン終了したいです。
少しでも相手の場にフォロワーが残ってしまいそうな場合は《氷像の召喚》で1ターン耐え
次のターンで返せるように2ターン分先読みしつつ場を進行させましょう。
大体平均して8~9ターン目ぐらいになると墓地が《新たなる運命》1回程度でちょうど30になります。
そこでようやく盤面消化に対して《冥府への道》成立を視野に入れるぐらいでちょうど良いことが多いです。



デッキの入れ替え候補としては、フェイス型のデッキ対策として《スノーマン》が横並びすることを活かす形で
《風神》《魔導の力場》を採用するのがオススメです。
また、フィニッシャー採用というよりかはPP増加+1ドロー目的で《次元の超越》
1枚程度挿しておくのも8~9ターン目で《新たなる運命》と合わさった時になかなか強いです。

環境的にアグロ~ミッドレンジと戦えてフィニッシャーに繋げることの出来るデッキが望まれている中
冥府ウィッチは綺麗な回答の1つではないかな?と感じています。