2017年05月23日

 庭には多くの昆虫が生息し、その昆虫をクモや別の昆虫が捕食しています。たくさんいるトカゲにとっても餌が豊富なので太っています。太りすぎなので卵を持っているのでしょう。日光浴中のものはあまり動きません。
 我が家のトカゲはニホントカゲではなく2012年に新たに命名されたヒガシニホントカゲ(岡本、疋田)に特徴が似ています。ここは西日本ですが、ニホントカゲとヒガシニホントカゲの分布境界は滋賀県あたりなので、いても不思議ではありません。

 今年もアジサイの花芽がちょん切られましたので、その付近を探すとシロオビアカアシナガゾウムシがいました。ちょっと迷惑な虫です。

 その隣にユリが生えていますが、2匹のユリクビナガハムシが住み着いています。こちらは綺麗だし葉をかじる程度なので、毎日見て楽しんでいます。

 金色に光っている虫がセモンジンガサハムシです。宝石のような輝きの虫も多く、庭では毎日新しい発見があります。

ヒガシニホントカゲ1ヒガシニホントカゲ2

シロオビアカアシナガゾウムシ1シロオビアカアシナガゾウムシ2

ユリクビナガハムシ1ユリクビナガハムシ2

モンジンガサハムシ1モンジンガサハムシ2

shagalshagal at 22:46│コメント(0)トラックバック(0)自然誌2017 │
 2017年5月23日、「出水期を前に、市長•副市長および市防災関係部局の市災害対策本部員が、市内の災害予防対策及び復旧状況等を視察し、現状を確認した上で、災害への備えに万全を期すことを目的とする」大津市防災パトロールが比叡平で実施されました。

 昨年9月19日早朝に崩落した比叡平一丁目の現場で関係部局から大津市長に説明が行われました。このあと、三丁目のサークルK前の陥没現場を通って、若葉台4の急傾斜地の改修地および防災公園の新設地を訪れ、石山寺一丁目の急傾斜地の改修現場に向かうそうです。NHKが取材に来ていましたので「おうみ845」ニュースを見ると、比叡平の扱いは少しで若葉台が中心でした。その若葉台を地図で見ると、確かに危険な地域です。谷をせき止めてため池を作り、その真下に住宅地を作っています。よくこんな開発を許可したものだと思います。

 サークルK前の道路陥没は原因不明のため直ちに埋めもどすことはできず、専門家の調査を待って、付近のバス停歩道の崩落地と合わせて今後の工事の対策を検討しているところです。そのため、片側交通規制は今も続いています。2〜3ヶ月以内に結論を出して工事にとりかかります。

比叡平一丁目斜面崩落現場市長・防災関係者到着

市長に現場説明1崩落時の写真1

崩落現場の写真2復旧工事の説明

大津市長に説明2地域代表と挨拶

shagalshagal at 21:03│コメント(0)トラックバック(0)比叡平の地形と地盤 │

2017年05月22日

 本日は比叡平小学校6年生の防災体験教育を行いました。学区自主防災会と社会福祉協議会が担当しました。皆様ご協力ありがとうございました。本日は高温だったので、指導者二人の体調に問題が起こりました。みなさんお年ですから、来年からは体調管理にも注意しなければなりません。

 その日の朝、庭の箱わなに今年初めてのハクビシンがかかっていました。大津市に連絡して引き取ってもらいました。我が家の庭ではこれで27頭捕獲したことになります。我が家では減っていますが、大津市全体では増え続けているそうです。

ハクビシン20170522−1ハクビシン20170522−2

shagalshagal at 21:01│コメント(0)トラックバック(0)その他 │

2017年05月15日

ポスター2017
                    総合防災訓練 ポスター

第13回 山中比叡平学区総合防災訓練計画
日時:2017年5月28日(日)9:00〜12:10
場所:比叡平小学校校庭と体育館
   (雨天時、体育館で縮小して実施)

スケジュール
 前日までの準備:お茶(自治会館の冷蔵庫に保管)と紙コップの購入
         ビラの配布(15日に済み)
         防災訓練ポスターの制作と貼り付け(DraftingCAD Proを使用)
         簡易トイレの組み立て練習
         小学校からプールの水の使用許可を得る
 前日準備(27日午後3時:2丁目自主防災会長宅に集合)
         トランシーバーの配布と使用法の説明(7箇所)
         水道山にトランシーバーの中継機設置
         翌日使用する機材等の点検
 当日
  8:00 役員集合(谷口さんに校門とテント倉庫の開錠依頼済み、放送設備もお願い)
      防災機材(発電機等)を運び込む
      簡易トイレを防災倉庫から出す(リヤカー必要)
      ドローンの会場準備(重しと5mロープ)
      本部テントを立てる(椅子と机を運ぶ)
      お茶と紙コップ等を運部ぶ
      消防分団に消防ポンプの運び込み依頼済み
      自治連合会総務に車による広報依頼済み

  9:00 災害発生:各自治会指定の一時避難場所に集合、自治会が人数確認
  9:15 集団で学区避難所のある小学校校庭に向かう
     出発前に小電力トランシーバーで全ての一時避難場所から本部へ報告
      1丁目三角公園 Yさん(15時30分)
      2丁目1区   Sさん  朝に確認
      2丁目2区   Mさん
      3丁目南山公園 Y自治会副会長 
      3丁目中央公園 O自治会長
      3丁目センター M組長(19時以降)
      3丁目芽亜里前 O組長
      本部
  9:40 開会式:比叡平小学校校庭
      学区自治連合会 持田会長による開会の挨拶
      学区自主防災会 久保田会長による訓練の説明と班分け
 10:00 4グループに分かれて4つの訓練を順に行う
      (各30分交代、移動時間を含む)
      (別に特別編成で時間のかかる仮設トイレ組み立て訓練を実施)
 12:00 閉会式
      中消防署長による講評
      倉橋消防分団長による閉会の挨拶
 12:10 訓練終了



今年の訓練の内容

 防災機材取扱い訓練:自主防災会が指導(中消防署員1名立会い)
         ガソリン発電機、カセットガス発電機、
         コードリール、LED投光器
         チェーンソー、馬、木、ブルーシート
         油圧ジャッキ、他

 ↓
 消火器消火栓取扱い訓練:消防分団員が指導(中消防署員1名立会い)
         消火器と消火栓の使い方
 ↓
 消防ポンプ取扱いと放水訓練:消防分団員が指導(中消防署員2名立会い)
         消防ポンプの使い方+消防車を使って放水
         消防ポンプは取扱い説明のみで放水は別途
         中消防署が5トン水槽を持ち込み、消防分団の水中ポンプを用いて水を満たし、
         消防署の消防車(ポンプ車)で水槽の水を使って放水訓練
         各班2人の代表者が放水体験(合計8人)

 ↓
 応急処置訓練 :中消防署員(2名)が指導
         心肺蘇生、AEDの使い方
         ローテーションを円滑に進めるため、ブルーシートを敷いて校庭で行う。



 4グループとは別に特別班を編成し30分ローテーションには加わらず、2時間かけて仮設トイレの
 組み立てとドローン操縦体験を行う。
         自主防災会が指導(中消防署員1名が立会い)

        


      山中比叡平学区自治連合会・山中比叡平学区自主防災会

shagalshagal at 16:20│コメント(0)トラックバック(0)学区総合防災訓練 │

2017年05月11日

第13回 山中比叡平学区総合防災訓練のお知らせ
日時:2017年5月28日(日)9:00〜12:10
場所:比叡平小学校校庭と体育館

 昨年は大津市の夏期火災・防災訓練を行いました。一昨年は体育館での避難所開設訓練でした。今年は原点に戻って基本の消防訓練、救急救命訓練、防災機材訓練を行います。それとは別に昨年度学区に配備された仮設トイレの組み立て訓練を行います。
 火災は最も身近な災害です。火災警報器と消火器を設置していない家庭では訓練を機会に必ず設置しましょう。

スケジュール
  9:00 災害発生:各自治会の一時避難場所に集合
  9:15 集団で学区避難所のある小学校校庭に向かう
  9:40 開会式:比叡平小学校校庭
 10:00 4グループに分かれて4つの訓練を順に行います
    (別に特別編成で時間のかかる仮設トイレ組み立て訓練を実施)
 12:00 閉会式
 12:10 訓練終了

今年の訓練の内容
 消防訓練1:消火器と消火栓の使い方
 消防訓練2:消防ポンプの使い方+放水
 救急救命訓練:AEDの使い方等
 防災機材訓練:発電機の使い方等

 4グループとは別に特別班(仮設トイレの組立+天候次第でドローン体験)

          山中比叡平学区自治連合会・山中比叡平学区自主防災会


shagalshagal at 01:34│コメント(0)トラックバック(0)学区総合防災訓練 │

2017年05月04日

 モリオガエルのオスは2週間以上前から庭のあちこちで鳴いていましたが、今朝、初めてのメスがひょうたん池に来ました。朝方は池の中で産卵に備えて吸水中でした。11時前に上陸し、11時過ぎには産卵を開始しました。昨年は4月23日に例年よりも1週間早く産卵し、今年は昨年よりも10日以上遅れました。

 ブルーシート池のヤマアカガエルのオタマジャクシは順調に成長し、もう少しで足が生えてきそうです。それを狙ってヤマカガシの幼蛇が来ていました。オタマジャクシの被害はまだよいのですが、ヤマカガシは大きくなると親カエルを食べます。毒ヘビでもあるので庭では駆除することにしました。

モリアオ20170504朝モリアオ産卵開始20170504

11時40分 産卵中

モリアオ産卵中20170504

12時30分 産卵中

産卵中

12時45分 ヤマカガシをつかまえました。赤い体と黄色い襟巻きが幼蛇の特徴です。

ヤマカガシ20170504


<追記:5月8日>

 モリアオガエルの産卵は5月4日に始まりました。2個目は産卵途中で何か(蛇、鳥、哺乳動物?)に襲われたようで、卵塊の一部だけが残っていました。本日は5匹が昼間に産卵しました。そのうちの4匹は同じ場所での産卵でした。
 遅れていたモリアオガエルの産卵もようやく活発になってきました。夕方にも1匹が産卵中で、数十匹に増えたオスは庭のあちこちで鳴いています。

モリアオ産卵20170508-1

モリアオ産卵20170508−2

<追記:5月9日>

 今年は昼間に産卵するカエルばかりです。5月9日も午前中に2匹が産卵しました。

モリアオ産卵20170509




shagalshagal at 11:26│コメント(0)トラックバック(0)自然誌2017 │

2017年04月30日

 サークルK付近の道路で陥没がありました。片側車線を通行規制しています。付近を通行される方は注意して下さい。月曜日の朝に修復するそうです。

 穴の大きさは一辺の長さが約70cmの三角形ですが、中は広く深さは3m以上あります。

 原因ですが、この穴の横に四角形の暗渠があります。さらにその下には円形の土管があり、山中越えに面した調整池からの水が流れています。上の四角形の暗渠は大雨で土管だけではさばけない水量が流れた時にのみ流れるようになっています。大津市の関係者の話によれば、深いところを通る土管の中に土砂が流れ込んで穴があいたのではないかということでした。

サークルK前陥没1

サークルK前陥没1

陥没穴陥没穴2

陥没穴内

暗渠上暗渠下

shagalshagal at 17:28│コメント(0)トラックバック(0)比叡平の地形と地盤 │

2017年04月28日

 4月16日(日)、満開の桜のもと比叡平3丁目第三公園(三角公園)で3丁目自治会主催の桜まつりが行われました。好天に恵まれ楽しい時間を過ごしました。

桜まつり会場1桜まつり会場2

焼きそば焼き鳥

焼き芋赤飯と桜飯

フランクフルトトウモロコシ

アユうどん

シカカツ

 昨年は桜まつりの会場で比叡平の自然の紹介をしましたが、今年は桜まつりの会場のはずれで希望者にドローンの操縦体験をしてもらいました。法令に違反しないように、ドローンには3mのロープをつけて飛ばし、安全に配慮しました。ドローンからの映像はプロポで受けて、20mのHDMIケーブルを介して発電機をつないだテレビに映し出しました。子供達はゲームに慣れているので、大人よりも操縦はうまいようです。

ドローン体験2ドローン体験1

 

shagalshagal at 23:29│コメント(2)トラックバック(0)活動報告2017 │

2017年04月22日

 山中比叡平学区自治連合会のホームページができて、自主防災にもリンクを張ってくれることになりましたので、「比叡平3丁目自主防災会」から「山中比叡平の防災」に変更しました。今のところ比叡平3丁目自主防災会長の私的ブログの内容に変更はありませんが、そのうち防災ブログと私的ブログを分けようかと考えています。

shagalshagal at 23:39│コメント(0)トラックバック(0)お知らせ │

2017年04月14日

 今年もかみなり山の桜のライトアップを実施しています。昨年まではガソリン発電機を使って提灯灯30球(15W電球型蛍光灯×30)とハロゲン投光器3個(500W×3)の合計約2kWを点灯していましたが、昨年度に50WLED投光器を三丁目で購入しましたので、今年はカセットガス発電機(ENEPO,900W)を用いて提灯灯(15W×30)とLED投光器(50W×5)の合計700Wを点灯しています。

 今回のライトアップは700Wの負荷でカセットガス2本でどれくらいの時間もつかのテストでもあります。実施してみると、1時間20分は大丈夫だけど1時間半は無理とわかりました。そこで、途中で1回カセットガスカートリッジ2本を交換して、18時半から21時5分くらいまで点灯しています。エネポは運転中にカセットガスカートリッジの交換が可能ですので、2時間半以上連続して点灯することができます。

 LED投光器は消費電力が小さく明るいのですが、2つの問題があります。一つは光の色です。ハロゲンランプの暖かい電球色と比較すると、冷たい昼白色はなんともいただけません。

 もう一つの問題はLEDの点光源が明るすぎて目を痛めることです。しかたがないので、スタンドを長く伸ばして投光器を真上に向け、人が側に来ても光源を見つめることがないようにしています。災害時の避難所では同様にスタンドを伸ばして天井に向けた間接照明にするか、オレンジ色のフィルターを付けるか、何らかの対策が必要です。

 3丁目自治会の桜まつりは4月16日の日曜日の昼にかみなり山の下の三角公園で行われます。

かみなり山の桜1かみなり山の桜2

かみなり山の桜3我が家の桜

桜のライトアップ1桜のライトアップ2

桜のライトアップ3桜のライトアップ4

4月15日(土)は雨のためライトアップ中止です。16日は実施する予定です。

雨の前にドローンを飛ばしました。
かみなり山の桜と比叡山

かみなり山の桜

かみなり山と3丁目

かみなり山入口の桜

かみなり山の桜2

かみなり山の桜3

かみなり山と三角公園

かみなり山の桜4


shagalshagal at 23:08│コメント(0)トラックバック(0)活動報告2017 │

2017年04月09日

 今日は当初の三丁目自治会桜まつりの予定日でしたが、開花が遅れ天気予報が雨だったので桜まつりは1週間延期されています。

 遅れていた桜の開花も連日の高温で本日になりました。

我が家の桜の開花です。
我が家の桜20170409桜20170409−2

桜20170409−3桜20170409−4

庭の花芽も膨らみました。
庭のフジハナズオウ20170409

ハクモクレン20170409カエデ20170409

オオデマリ20170409ヤマブキ20170409

ユキヤナギ20170409ビワ20170409

桜まつりの会場となる三丁目第三公園(三角公園)です。
三丁目三角公園三角公園のヒマラヤスギの下

かみなり山の桜です。
かみなり山の桜

クロモジは満開でミツバツツジはもう少し。
かみなり山のクロモジかみなり山のミツバツツジ

ウリカエデとウリハダカエデの新芽も膨らみました。
ウリカエデの新芽ウリハダカエデの新芽

shagalshagal at 16:03│コメント(0)トラックバック(0)自然誌2017 │

2017年04月08日

 次回の運転免許の更新では高齢者講習を受けなければならない年齢になりましたので、最近ぼけ防止のために数独を始めました。数独の無料ゲームサイトで中級から試してみました。初めは中級でもできないものがありました。中級でつまずくのだからその上は遥かに難しいものと諦めていましたが、毎日1問解いていたら1週間ほどで慣れてきました。

 中級ができるようになったので、本日上級に進むとこれもできたので、一気に専門級と最高級に進みましたが、時間をかけたらどれでも解けました。今回の最高級で最も時間を使ったのが真ん中の図の青い枠に3を入れるところでした。頭の体操にはよい遊びですが、最高級が解けたことで1週間で飽きてしまいました。まだぼけてはいないようです。

 初めは上級になるにつれて試行錯誤が必要になるのではないかと思っていましたが、数独には試行錯誤はありませんでした(戻ることはありません)。すべて論理だけで進むことができます。

 でもスマホは苦手で、LINEの設定は初めは小学生の孫にしてもらい、機種変更後は次男の嫁さんにお願いしました。

数独1数独2数独3


 いきおいでさらに難しそうな数独を解いてみました。数独の名付け元のパズル雑誌の方が書いたものがあり、その中にhardのサンプルがありましたので挑戦しました。さすがに2−3時間かかりました。解答の中に○を付けた7と、赤い数字あたりがやや難しかったところです。

とびっきり数独パズル





<追記:4月29日>

 久しぶりに数独で頭の体操をしました。以前と同様に中級で考え方を思い出した後、最高級に挑戦しました。
 今回は赤丸の8に少し時間がかかりました。こんな考え方でした。横の9マスのうち、5マスが空いており、そのうちの2つにある2つの数字が入り(順不明)、他の2つに別の2つの数字が入る(順不明)ことがわかると、残る1マスの数字が決まります。

数独0429




shagalshagal at 18:28│コメント(0)トラックバック(0)私事 │

2017年04月02日

 先週から比叡平1丁目南部の斜面崩落現場の復旧工事が始まりました。当初の予定では青い鳥の谷の入り口よりは東側から西側にかけて斜めに道路を作って途中で鋭角に折り返す予定でしたが、青い鳥の谷の入り口から直接谷筋に下りる道を作ることになったようです。

 ダンプカーで土砂を下ろしてその土砂をブルドーザーで広げていく方法で工事用の道路の建設が始まっています。そのため、工事がある平日は安全のため子供達の青い鳥の谷への立ち入りはできませんが、本日は日曜日なので工事は行われず、子供達も真ん中広場(上の写真の左下)で遊んでいました。

 ドローン(ファントム4)のバッテリーのメンテナンスのために時々飛ばすようにしています。本日は天気が良かったのですが、風は上空では10m/sほどありました。それでもファントム4の飛行は安定しており、全く不安を感じませんでした。以下の写真は動画から切り取ったものです。

青い鳥の谷

工事用道路

崩落現場




<追記:4月3日:桜まつり>

 比叡平3丁目自治会では今年も3丁目第3公園(三角公園)で桜まつりを行います。予定ではまつりは9日の日曜日になっており、自主防災会が担当する桜のライトアップは第4公園(かみなり山)で7日(金)から10日(月)の予定です。ところが今年は桜の開花が遅れており、京都市内でもようやく咲き始めたところです。比叡平では開花が京都市内よりも1週間ほど遅れます。我が家の桜の蕾を見たところ、蕾はまだ緑色で先端が少し開き始めたところです。通常ではここから1週間ほどで開花します。したがって4日後の7日(金)はまだ1輪も咲いていないと思われますのでライトアップは無理かも。桜まつりの当日は比叡平の開花日前日になりそうですから、お花見には少し早そうです。今年は1週間延期したほうがよかったかも。

 我が家の庭では朝まだうす氷が張っていますが、日中は暖かいです。気象庁の週間予報ではこの先の1週間は例年よりも最高気温、最低気温とも高いので、開花が早まることに期待します。

 ちなみにこのブログには過去3年間の我が家の桜開花日の記載があります。2014年4月3日、2015年4月4日、2016年4月1日ですから、やはり今年は遅れています。

桜の蕾2桜の蕾1
         4月3日午後の写真

つぼみ20170406−2つぼみ20170406−1
         4月6日昼の写真

 暖かかったので蕾が一気に膨らみました。暖かいままならば開花予定日まであと3日です(4月9日頃)。




<追記:4月4日> 桜まつりは1週間延期

 自治会長から9日の桜まつりを1週間延期するというお知らせが配布されました。天気予報では7日から9日まで雨のようですし、桜も咲いていないようなので延期です。

 それに伴い、かみなり山の桜のライトアップも13日(木)から16日(日)に変更になります。16日は天気がよくなるとよいですね。

 

shagalshagal at 16:23│コメント(1)トラックバック(0)比叡平の地形と地盤 | その他

2017年03月19日

 MacBook Proが故障したのでVESA仕様のiMacを購入して使っています。近くプレゼンテーションをしなければなりませんが、このiMacは持ち運べませんので、ドローンのコントローラーのために購入していたiPad mini2で行うことにしました。iPad mini2ではPowerPointの代わりにKeynoteが無料で使用できますので、iMacでPowerPointファイルをKeynoteファイルに変換し、iPad mini2に移すことにしました。その移植方法ですが、iTunesを使うと書いてありますので試してみましたがうまくいきません。そこでlightning-USBメモリーを使ったところ問題なく移植できました。iPad mini2のKeynote中で動画も使えることがわかりました。

 iPad mini2をPCプロジェクターに接続するにはlightning-VGAアダプターかlightning-HDMIアダプターを使いますが、lightning-VGAアダプターを使うことにしました。そのアダプターにはlightningコネクターも付いています。プレゼンテーションにレーザーポインターのUSBリモコンが付けられると便利なので、lightning-USB雌アダプターを購入することにしました。アマゾンではこのアダプターは2000円以上で送料無料になるということなので、1000数百円分の何かを購入しなければなりません。そこで、かねてより作ろうと思っていた野鳥の餌台の餌を購入しました。

 USBリモコンはlightning-USB雌アダプターを直接iPad mini2に差し込むと使えましたが、これではPCプロジェクターが使えません。lightning-VGAアダプターのlightningコネクターにlightning-USB雌アダプターで接続すると機能しませんでした。結果的にはlightning-USB雌アダプターは無駄になりました。

 餌が届く前に庭に餌台を作りました。餌台は猫などに襲われないように単管ポールの上に設置します。あり合わせの材料で2時間くらいかけて作りました。木ネジ探しに最も時間を使いました。餌台の屋根は近くにヒマラヤスギの樹皮が2枚落ちていましたので、それをそのまま利用しました。設置当日は野鳥は来ませんでした。明日の朝に期待。写真撮影に利用します。

餌台2餌台1


shagalshagal at 21:23│コメント(0)トラックバック(0)その他 | 自然誌2017

2017年03月05日

 昨年は妻の母(5月)と私の母(6月)が亡くなりました。96歳と90歳でした。義母の相続税の申告と相続登記は7月までに夫婦で済ませました。法務局では何度か相談しましたが、税務署では申請が一発でacceptされました。結果は無税です。

 私の母の手続きは私がさぼっていたので遅々として進みませんでした。相続税の申告は死亡後10ヶ月以内にしなければなりませんので、4月9日まであと約1ヶ月と少ししかありません。昨年10月に母の出生時の戸籍がある上越市に行き、11月には結婚した時の戸籍がある広島市に行って関連する戸籍を取得してきました。

 昨年の義母の相続手続きの経験がありますので私の母の手続きも自分で行いますが、相続人が私も含めて4人いて、しかも遠くに住んでいますので義母の場合よりも少しやりにくいところがあります。相続については法定相続通りですので何も問題はありませんが、書類をたくさん作らなければならず、しかも住所表示などの書き方が複雑で困ります。例えば、1丁目2番地の3という住所があるとすると、1−2−3では受け付けられず、1丁目2番3号は誤りで、戸籍の本籍地には一丁目2番地の3、登記簿の謄本には一丁目2番3のように、さまざまな表記があります。しかも相続人によって戸籍の表記が一定ではありません。字体も戸籍通りにしなければなりませんので、旧字の場合には注意が必要です。かなり気を使わないと法務局や税務署で書類不備につきrejectされます。

 今回は私が他の相続人の戸籍謄本、住民票、印鑑登録証、預金残高証明書以外の全ての書類を用意しました。近いうちに東京法務局府中支局に行き一発で受け付けてもらおうと思いますが、なかなか一発acceptとはならないようです。科学論文の投稿と似ているところがありますね。何度もやりとりはしたくありません。ノートパソコンが壊れたので東京にはパソコンを持って行けません。実家に住む妹はパソコンを使いませんのでrejectをくらうと大変です。

 税務署への相続税申告書類もすでにプリントしてありますが、戸籍や住民票等は各一部しか持っていませんので申告できません。法務局は相続登記の手続きが終われば戸籍等の原簿を返してくれますので、それらを待って税務署のある町に住む妹に相続税の申告をしてもらう予定です。申告通りに認められたら無税です。

 最近はパソコンとインターネットがあるので個人でも相続登記や相続税の手続きができるようになりました。面倒ですが節約になります。ちなみに母の相続登記の手続きを司法書士に頼むと最低でも12万円、相続税の手続きを税理士に頼むと約100万円(広大地評価があるため)かかります。


<追記:3月6日> 申請手続き終了

 高速道路料金の安い日曜日に東京に行き、本日3月6日に法務局に書類を持って相談に行きました。

revision 1:朝1番の相談では、いくつかの修正を指示されました。主な点は登記申請書の相続人それぞれの持分の書き方です。実家の土地に関して母の持分は全体の3/4ですから、相続人の相続分がその1/3でも持分は1/3と書くのではなく、3/4の1/3なので3/12と書かなければならないという指示でした。住民票や印鑑登録証の返還を求める場合にはそれらをコピーして添付するようにと指示されました。登記申請書は書き直さなければなりませんでしたが、義兄がパソコンを持っていましたので借りて修正したものをプリントしました。

revision 2:2度目は午後の1番の相談です。そこではコピーした住民票と印鑑登録証で裏のコピーがされてないものがあると指摘されました。市役所等で取得したものは表面だけなのですが、コンビニでマイナンバーカードを使って取得した住民票や印鑑登録証は裏面もあるので文字がなくてもそれのコピーも必要なのだそうです。

 そのコピーをつけてホッチキスで綴じ、すべてのページに割印をしたものを用意し、登録免許税を印紙で添付して午後2時頃には無事提出できましたので、その日のうちに家に帰りました。帰る途中の高速道路ではトラックに何度も道を塞がれました。トラックがトラックを追い越そうと追い越し車線に出ると、加速ができないのでずっと低速での並走が続きます。そのたびに追い越し車線では長い列ができます。追い越すタイミングを考えて欲しいですね。

 登記の手続きは1週間後の13日に終わるそうです。4人分の登記識別情報(権利証に相当)が発行されます。そこで返却してもらった戸籍、住民票、印鑑登録証などを添付して、次は税務署に相続税の申告をします。妹に申告のための書類を託しました。なんとか10ヶ月の期限に間に合いそうです。

 相続と言っても実際には土地の持分が変わり登録免許税と固定資産税を払うだけで他は何も変わりません。現在、土地は分割も売却もできませんので、義兄と私と妹が全員死んだら(あと20〜30年後?)土地を売って3人の子供達6人で均等に分けることになります。子供達の老後資金の足しにはなるかも。

<追記:3月8日> 書類不備

revision 3:法務局から電話があり、戸籍が足りないということでした。姉が亡くなっていますので、その子供二人が代襲相続人になっており、その二人以外に代襲相続人がいないことを姉が生まれてから死ぬまでの戸籍で確認しなければならないということでした。確かにその通りです。代襲相続人がいる場合には亡くなった相続人の全戸籍が必要とは、普通のサイトには書いてないので見落としました。さっそく義兄に連絡して、足りない2通の戸籍を法務局に持って行くようにお願いしました。




実家でDIY

 たまに東京の実家に行くといつでも仕事が待っています。無線連動式の火災警報器の設置、ドアノブの修理、センサーライトの設置、インターホンの更新、ステンドグラスの窓枠への取り付けなどを行なってきましたが、今回は玄関のインターホン(更新したものとは別口)の音が2階にいると聞こえないので何とかならないかという相談でした。

 子機のついたインターホン(約2万円)に交換できるよと言うと、会話はできなくてもよいのでもっと安くできないかということでした。現在の機種を聞くとパナソニックのVL-SV190Kでした。この機種には種々のメロディーサインを繋ぐことができますが、いずれも有線接続ですので2階までの配線経路で困難が伴います。

 急なことでネットで注文している余裕がありませんでしたので、近くの電気屋とホームセンターへ無線のチャイムを探しにいきました。様々なものが市販されていましたが、最も安価(税込2000円以下)なREVEXのワイヤレス呼び出しチャイムX810(X800受信機+X10送信機)が目にとまりました。

 これを玄関のインターホンと連動させるためにはX10送信機の送信ボタンをVL-SV190Kの親機でONにしなければなりません。VL-SV190KにはA接点出力(無電圧接点:玄関でインターホンのボタンを押すと親機のA接点がつながる)がありますので、これにチャイムの押しボタン端子の両方を繋げばよいわけです。家でX10に線を2本取り付けるところまで行い、東京でVL-SV190K のA接点につなぐことになります。

 このチャイムの押しボタン側(X10)の電池はCR2032×2ですので100均で手に入ります。1日10回の使用で1年以上、チャイム側(X800)は単三アルカリ電池×3で3ヶ月以上ということです。チャイム側ではACアダプター(DC5V、500mA、センター+、外径3.5mm)を使えば電池交換の必要はありません。

 チャイムの音量は4段階に変えられ、音色は16種類から選べます。音、光、音と光を選べますが、光も使うと当然電池の持ちは少し悪くなります。無線なのでチャイムの場所を自由に変えられるのは便利かも。そしてX800を単独で購入すれば一度に鳴らすチャイムの数を増やせます。


<追記:3月6日>

 法務局に行ったついでに妹の家のインターホンの親機のA接点端子にワイヤレスチャイムの送信機を取り付けました。ちゃんと機能しました。受信機(チャイム)を2階のどこに置いても玄関のインターホンボタンを押せばチャイムが聞こえます。これで、宅配便の再配達も少なくなります。

 インターホンに接続するチャイムはいくつも市販されていますが、ほぼ全てが有線接続です。有線だと2階に伸ばすにはドアをどうクリアするかという問題が生じます。何でインターホンに接続する無線のチャイムを用意していないのでしょう。無線チャイムにA接点に接続する外部接点端子を取り付けるだけなのに。市販品の無線チャイムには音を感じて鳴らすタイプのものもありますが、これは余計な音を拾うという欠点があるようです。メーカーは無線チャイムに外部接点端子をつけて下さい。


<追記:4月28日>

 3月24日に法務局での相続登記が完了しました。次は返してもらった戸籍謄本等を持って税務署に相続税を申告します。妹が府中に住んでいますので、あらかじめ書類一式を渡しておき税務署に提出してもらいます。その相続税の申告は3月31日に行いました。税務署から特に問い合わせ等がなければ、1ヶ月以内にそのまま手続きは完了するということでした。本日は4月の最終平日ですが、何も問い合わせがありませんでしたので、このまま終了しそうです。

 年金暮らしの母の遺産は土地だけで、預金等は葬式代の一部にしかなりませんでした。土地は500峩ですので、母の持ち分が3/4としてもそのままですと東京では相続税がかかります。調べてみると「小規模宅地等の特例」は使えませんが、「広大地評価の適用」が使えそうでした。これは相続する土地が一定の面積以上である場合、土地利用の効率化(小規模宅地化)を促すために設けられている特例で、いくつかの条件を満たせば相続税評価額が60〜35%に減額できるというものです。小規模宅地にするためには内部に私道(潰れ地)を作る必要があるので、評価額を減額するという考え方です。これを利用すると相続額が何とか免税額(3000万円+600万円×相続人の数)の範囲に収まりますので、相続税は無税になります。
 この「広大地評価の適用」を知らないと相続税を払うことになりますので、よく調べることが大切です。これで、義母と母の相続登記と相続税の申告は、司法書士や税理士の力を借りずに全て終了します。一安心です。退職した身でないと難しかったと思います。

 現在、この土地には義兄と妹が別個に住んでいますので、直ちに売ることはありません。姉が亡くなっていますので姉の持ち分は義兄と二人の子供に相続されています。妹にも二人の子供がいて、私にも二人の子供がいますので、最終的には土地は6人の子供たちで1/6ずつ相続することになりますが、誰かが買い取るということはないでしょうから「広大地評価の適用」に沿って土地を3〜4区画に分割して売却することになると思います。たぶん私の死後の話です。それまでは固定資産税のみを払い続けます。

shagalshagal at 01:12│コメント(0)トラックバック(0)私事 | DIY

2017年02月26日

 2017年2月25日(土)、山中比叡平市民センターで大津市建設部道路管理課による比叡平1丁目南の崩落斜面の災害復旧工事の住民説明会が行われました。以下は私のメモです。大きく異なっている箇所がありましたら指摘してください。訂正します。

今回の斜面崩落の原因と応急工事

 9月18日の時間あたり49mmの降雨で側溝と排水桝が雨水で溢れたことにより崩落した。20日からグリ石を投入し、側溝の雨水を繋ぎ変えヒューム管で排水する工事を行った。

復旧工事の日程

 仮設工事(3月中旬〜5月中旬)
  工事用の仮設道路を斜面に作ります(斜面上の緑の線)。
 法面本体工事(5月中旬〜8月中旬)(赤い線の部分)
 排水工事(上記と併行)
 仮設配管撤去・道路の復旧工事(10月頃)

復旧方法

 不安定な崩落土を除去し、幅54.4m、高さ34.1mにわたり良質の土で将来に渡り安全を確保できる復旧工事を行う。のべ3000台のダンプカーで土を運び 法面を7段に造成する。
 雨水は斜面中央の縦排水工溝により谷底に流す。小段の排水溝も縦排水溝に繋げて谷底に流す。盛土の底に溜まる水は暗渠排水管(300mm)で排除する。
 斜面は緑化する。

位置図

詳細図1

詳細図2



質問や意見

1) 斜面崩壊は18日午後の49mm/時の降雨で側溝や桝があふれたことが原因とされているが、今回の工事では側溝の容量や
  縦排水溝の容量を増やすのか?
  →側溝と縦排水溝の接続部および縦排水溝を増強する。

2) 以前に2丁目と3丁目の境界付近の叡山のそばで2m×2m×1.5m程度の陥没が起こり、東南商事の雨水管の問題とされたが、
  今回は関係ないか?
  →今回は周辺で調査をしたが、東南商事の雨水管には劣化や漏水はなかった。

3) 今回は49mm/時の降雨であふれたというが、今は80mm/時の降雨も普通に起こりうる。現状復旧に近い工事でよいのか?
  →今回は災害復旧工事なので国の基準で行っている。設計の基準は50mm/時である。

4) 3丁目の山中越え沿いの調整池に注ぐ直径2mのヒューム管が、49mm/時の降雨で上端まで満水になっていた。この地域の
  排水管は全体が古くなっている。今回の崩落現場の復旧だけでなく、地域全体の事前対策が必要なのではないか?
  →経年劣化については、併行して問題提起する。

5) 今投入されているグリ石は今回の本工事で撤去するのか残すのか?
  →道路の下の一部(2mの深さまで)は撤去する。

6) 縦排水工は管を埋めるのか溝か?
  →管ではなくオープン形式の溝である。

7) 9月19日に崩落し、数日で応急工事が終了してから12月末まで市は何も動いていなかった。問い合わせたところ、予算が
  通っていないから本工事が始められないという返事だったが、それは間違い。災害復旧はすぐに掛かれるはずである。何で
  5ヶ月も放置したのか?
  →9月20日から水に強く斜面でも安定なグリ石を1300m3投入し、側溝の繋ぎ変えなどで斜面の崩落を止める仮工事を行なった。
  その後、12月の補正予算要求の準備と国の補助金の査定を受けるための段取りを行なっており、何もしていなかったということではない。
  その後、補正予算を受けることが決まり、国の補助金も決定し、1月初旬に地元に説明を行なった。そして2月上旬に工事業者も
  決定したので、今回の説明会を行なっている。

8) バス路線が変更されたので住民はバスに乗るために荷物を持って長い距離を歩かなければならず、大変な思いをしている。
  住民のために福祉バスを出すべきではなかったか?もっと思いやりのある行政を。

9) 設計の基準雨量が50mm/時ではだめ。きっちりとやって。
  →国の災害復旧の補助金で行う事業はあくまでも現状復旧が原則である。

10) ダンプカーが3000台ということだが、比叡平には普段は大型車は入ってこないので大型車に危険性を感じていない人が多い。
  小学校の下校時の安全対策はどうなっているか?
  →平日は8:30〜17時に工事を行うので小学校の登校時には大型車は通行しない。工事関係車にはプレートを付け、工事関係者は
  腕章を着用し、アイドリングストップや過積載の禁止などの配慮を行う。

11)下校時の安全性を答えていない。
   サークルKの左折は危ないのでガードマンを立てるべきでは?
  →工事期間中1日3名の警備員を立てる。そのうちの一人はサークルKの交差点に配置させる予定。

12)ゴルフ場経由でダンプカーが来れば小学生の通学路を通らなくても済む。そのことは検討したのか?
  →検討したが、道が狭いので10トンのダンプカーが通行するには支障がある。

13)東南商事の雨水管は古くて劣化しているので大津市が引き取ってメンテナンスをしてほしい。
  →関係部署と連携をはかる。

14)交通安全の問題は工事業者まかせでなく、住民も当番を決めて立ちましょう。

15)崩落現場付近に住む住民だが、通行止めの内側の住民は被災者である。最も不安を感じていた近隣住民に対して何も説明
   がなかった。今回の崩落は自然災害か、人災か?
  →これは自然災害であるので、様々に取りざたされているような心配はいらない。

16)例えば、ゴミの集積所も通行止めで遠くなったので、集積所の変更を市に求めたがなかなか対応してくれなかった。
   市は被災者の立場に立った対応を。

17)風評被害が広がらないように。大津市は比叡平をモデル地区として安心安全な街になるように抜本的な改良をお願いしたい。
  (ピンチをチャンスに)

18)説明会の前に質問状を出しているが説明がない。私の質問状はとどいているか?
  →自治会長を通じて届いている。個別に返事に行く予定です。

19)返事によっては今回の工事にも関係するので考慮すべき。比叡平の当初の開発、すなわち大規模盛土の造成において盛土の
   管理に問題があった。10年前に盛土の一部が壊れたが、その原因は何か?今回の被災地だけでなく、斜面の西側の盛土も
   含めて問題なのではないか?
  →今回の復旧工事と関係なくはないが、関係部署と相談して進める。
   大規模盛土全体の安全性についてはわからないが、被災地についてはボーリング調査を行ったので、土を入れ替えれば将来に
   わたって安全であるという工事を行う。

20)粘板岩のグリ石は擁壁には適さない。また崩れた土を転圧せずにグリ石を被せた。これでは将来地盤沈下が必ず起こる。
  →検討する。

21)今回の工事では比叡平を知らない人も大勢来る。今までにも工事業者が道路で寝ていたりして怖い思いをしたことがあり
  心配している。ゴミの問題、トイレの問題、アイドリングの問題など、細かい取り決めをして工事関係者に徹底してほしい。


shagalshagal at 01:24│コメント(0)トラックバック(0)比叡平の地形と地盤 │

2017年02月20日

スマホが使えるようになるまでのお知らせです。(後で削除します)

雨の中、傘をさしながらスマホで写真を撮っていたら落として壊してしまいました(2月20日15時)
私のスマホにラインが届いているようですが、私からは見ることができません。スイッチも切れません。

ご用の方は、家の電話か、パソコンメール(yahoo)またはgmailにお願いします。楽天スマホなので復旧はいつになるかわかりません。


<追記>

 修理の希望でなければ、端末買い増しサービスで新機種を購入して、現在のSIMカードを挿入し、APN登録をすれば使えるようになるそうです。ただし、LINE等は消えてしまうようです。


<追記:2月24日>

 とりあえず、スマホ電話は使えるようになりました。LINE等は全て消えています。
 しばらくはLINEは使えません。

shagalshagal at 18:13│コメント(0)トラックバック(0)お知らせ | その他

2017年02月19日

 ヤマアカガエルが産卵する季節になりました。我が家の庭での産卵は、昨年は2月14日、一昨年は2月19日でした。今年は庭の一部にまだ雪が残っており、先週は少し気温が上がりましたが、まだ庭ではヤマアカガエルの鳴き声は聞こえません。

 O君からカエルの産卵調査の声がかかりましたので、2月19日(日)に二人で比叡平周辺の池巡りを行いました。山中越え沿いのDEPO向かいの池は水中に緑の藻が生えて良い感じになっていましたが、まだ産卵は見られませんでした。

 次に向かったワコールグラウンド付近の池は浅くて日当たりがよく水温が上がりやすいので、ヤマアカガエルの卵塊が10数個ありました。発生段階を見ると、すでにコの字形になっていました(尾芽胚初期)ので、少なくとも1週間以上前に生まれたものでした。近くの川ではイモリが水中の枯葉の下にたくさん隠れており、イシガメも一匹出てきました。

ヤマアカガエルの卵塊イシガメ

 そこから逆の大津市側に下ると、最初の池は日当たりが悪いので産卵は見られませんでしたが、少し下の池は日当たりがよく水草も豊富なので、そばまでいくとヤマアカガエルの大合唱が聞こえました。さらに近づくと、100匹以上のヤマアカガエルが一斉に水中や泥中に隠れます。2匹のオスに前後から包接されたメス(合計3匹)は潜れずにしばらく水面に出ていましたので写真を撮れました。水中には大量の卵塊がありました。これからさらに増えると思われます。10万匹以上のおたまじゃくしが孵化しても、イモリや水生昆虫等の餌になりカエルになり上陸する個体は1/100以下になりそうです。

ヤマアカガエルの多い池ヤマアカガエル卵塊

ヤマカガエル三匹ヤマアカガエル

 ヤマアカガエルは産卵期になるとオスが鳴きますが、鳴き方には特徴があります。庭の池でビデオを撮ると、オスは動く時にアゴではなく頰を膨らませて鳴きます。泳がずに鳴くことはほとんどありません。

 その後、ゴルフ場からの道との出合いを過ぎて、左側の小さな橋を渡ると、青い鳥の谷に通じる旧関電道路に入ります。以前にこの道を下った時にはやや道が広かったのですが、今回は途中で狭いところがありました。途中で家族連れと出会いました。青い鳥の谷に近づくとチェーンソーの音が聞こえます。里山倶楽部の方々が4人で、竹林の中に作った新道の出口の道路作り作業中でした。70度以上あろうかという急斜面で腰にロープを縛り付けて女性が作業をしていました。すごいパワーですね。ここのカエル池は日陰にあるため、まだ氷が張っています。

里山作業タイワンリスの巣

 その斜面での作業中に何かの巣が地面に落ちたそうです。見ると、何やら大きな巣が置いてあります。中には子供が入っているということでした。見せてもらうと、少し緑かかった大きめの子供が二匹入っていました。O君の話によるとこれはこの辺りに多いタイワンリスの子供ということでした。この巣を戻す場所はもうありませんし、特定外来生物でもあるので育てることもできません。そこで、カラスなどに狙われないように、集めていた枝葉の間に隠すことにしました。リスの子は大きな鳴き声を出しますので、親が気づいてくれたらまた世話をするでしょう。地域によっては駆除の対象です。

タイワンリスの子1タイワンリスの子2



<追記:2月20日>

 2月20日、昼間は暖かかったので庭のブルーシート池では今年初めてのヤマアカガエルの大合唱でした。しかし、夕方になって気温が下がったせいか、卵塊はありませんでした。明日も寒いそうですので、産卵は次回の気温の上昇時になりそうです。天気予報では23日(木)頃に産卵か?


<追記:2月22日>

 2月22日朝、庭ではブルーシート池ではなく、ひょうたん池の方にヤマアカガエルの卵塊が1個ありました。
早朝に産卵されたものと考えられます。夜から雨が降り始め、明日の昼までは冷え込みがないようですので、今夜中に卵塊が増えるかもしれません。

2017年初産卵

<追記:2月24日>

 24日にブルーシート池でも1個産卵しました。


<追記:2月25日>

 青い鳥の谷のリスは、タイワンリスではなくニホンリスだったそうです。現在、どなたかが引き取って人工保育中だそうです。うまく育ってくれると良いですね。


shagalshagal at 22:04│コメント(0)トラックバック(0)自然誌2017 │

2017年02月04日

 2月1日夜にMacBook Pro 15(2010)が起動できなくなりました。いろいろと試しましたが、どうしても復活しません。そのために、大津市消防局に提出する書類のプリントができなくなりました。そろそろ催促の電話がかかりそうです。(2月8日に提出しました)

 少しおかしな兆候が見られたことで前日に主要なデータのバックアップを外付けハードディスクにコピーしていましたので、被害は最小限に抑えられています。とりあえず、ドローンのプロポ用に購入していたiPad mini2でなんとかしのいでいますが、Officeなどのソフトが入っていませんしハードディスクもつなげないので身動きがとれません。

 パソコンがないと何もできませんので、次のパソコンを購入しなければなりません。MacBook Proは13インチは小さいし15インチは高価です。目も悪くなってきましたので、今回は画面の大きなiMacにしました。パソコンは居間でテレビを見ながらでも扱える移動式の小さなラックに置いていますので、不安定な通常のiMacではなくVESA仕様の21.5インチにしてラックにアーム(ロックテックD8)で固定する予定です。届くのは明後日以降なので、もう少し不自由な状態が続きます。

 新しい機種にはDVDドライブも付いていませんので、外付けのDVDドライブ(ロジテックDVDディスクドライブMac用)も必要になります。ソフトを入れるところからはじめなけばなりません。



トイレの修理

 この一週間ほどトイレの水がチョロチョロと流れっぱなしになっていました。タンクの中ではオーバーフロー管のぎりぎりまで水位が上がっており、吐出口とボールタップからの僅かな流れが止まりませんでした。

 ボールタップに問題があるようですので、ボールタップのパッキングをホームセンターで購入し、分解して交換しました。ところが、事態は改善しません。ネットで調べると、ボールタップには水位調節リングがあり、これでボールタップの長さを伸ばすと、水位の低いところでが水が止まるとの記載がありました。しかし、調節リングを回そうとしても動きません。よく読むと、リングを持ち上げてロックを外して回すと書いてあります。これで簡単に回すことができました。タンクの水位もオーバーフロー管の上端から20mmくらいで止まり、水漏れは完全に止まりました。一度修理を経験するとメカニズムがわかり、今後も対応できそうです。地域で同じ現象で困っている人にはお助けできます。



<追記:2月7日> iMac 21.5インチ VESA仕様が届きました

 本日、iMacが届きました。この一週間はiPad mini2を使っていましたので、非常に大きく感じます。今まで使っていたソフトのうち、CDが見つからないものがいくつかあり困っています。Office2008はインストールできませんでした。その代わりにiMacにはOfficeのうちよく使うWord、Excel、Powerpointに互換性のあるソフト(Pages、Numbers、Keynote)が入っていましたのでとりあえず何とかなっています。しかし、Windowsを使っている人とファイルのやりとりをするためにはOffice2016は必要になるかと思います。(購入しました)

 最も困っているのは私が愛用しているドラフティングキャドプロv5.6が見つからないことです。これも古いソフトですので新しいものv6.2にアップデートしようと思います。(アップデートしました)

 3月に講演(防災関係でも里山関係でもありません)を依頼されているのでPowerPointを使わなければなりませんが、iMacにしたせいでノートPCがなくなりました。そこで、iPad mini2にKeynoteを入れてPowerPointファイルをPCプロジェクターで投射しようと考えています。できるかどうか早めに予行演習をしなければなりません。



<追記:2月17日> 受難続き

 新しいiMacにウイルスが侵入しました。悪名高いMacKeeperです。これに感染するとブラウザで検索するたびにMacKeeperの宣伝が出てきます。アプリケーションファイルを削除しても消えず、どうしようもないのでやむなくiMacのクリーンインストールからやり直しました。こんなウイルスをどうして放置しているのか腹が立ちます。どこから侵入したのか思い出してみると、突然 Flash Player のインストール画面が出てきたことを思い出しました。iMacには Flash Player が入ってなかったので、これを迂闊にもインストールした時に同時にウイルスをインストールされたのではないかと想像しています。

 とりあえず、パソコンを全てサラにすることでウイルスは除去できました。大迷惑です。今回は MacBook Pro で残っていたノートンのライセンス143日分を真っ先にiMacに移しました。



shagalshagal at 15:16│コメント(2)トラックバック(0)その他 | DIY

2017年01月29日

 2016年度も大津市から学区自主防災会は学区自主防災活動補助金70,000の助成を受けています。比叡平三丁目自治会も大津市の地域防火・防災資器材整備事業補助金47,300の助成を受けています。年度末になりましたので実績報告書(学区)や交付請求書(自治会)を大津市に提出しなければなりませんので、写真を撮影しました。

山中比叡平学区自主防災会

 学区自主防災会は市民センターの防災拠点化のために、本年度は発電機と照明機材を購入しました。市民センターは大災害時には学区の対策本部としていち早く立ち上げなければなりませんが、照明機材は何もありませんでした。ガソリン発電機はパワーがありますが、メンテナンスが大変なので、市民センターにはカセットガス発電機(9A)を設置します。500Wのハロゲン投光器などの消費電力の大きなものは使えませんので、50WのLED投光器を10個とスタンド5個を購入しました。

エネポ一式投光器セット

LED投光器50W投光器用三脚


比叡平3丁目自治会(比叡平3丁目自主防災会が実務担当)

 比叡平3丁目は長い間消防ホースの更新を行ってきましたが、大量にあった1984年製のホースを更新して一段落ついたので、本年度は折りたたみ式の水タンクを200個購入しました。大災害時には比叡平では断水しますが、道路が通れなくなりますので給水車は来ることはできません。そこで、比叡平貯水池(上水タンク)で確保された水を緊急給水口で給水することになりますが、ポリタンク等は用意されていません。今回購入した10リットルの水タンクは、災害時に水を汲みに来れない世帯に水を届けるために使われる予定です。(写真は25個×8列)

 提灯灯(20m10灯×3本)は約10年前に3丁目で購入(材料を購入して自作)したものですが、桜や紅葉のライトアップや夏祭りの提灯などに利用されています。他に500Wのハロゲン投光器もありますが、やはり消費電力が大きいので50WのLED投光器を10個購入しました。スタンドは古いハロゲン投光器のものを利用します。

 他に、救出器材としてワイヤーロープウィンチを1個購入しました。倒木の処理などにも利用できます。3丁目は崖崩れの恐れがありますので、剣先スコップを11個追加しました。申請した後で自治会もある程度購入していることがわかりましたが、3丁目には倉庫が4箇所にありますので、分散配備するためには数が必要です。

コック付き10リットル水タンクワイヤーロープウィンチ

LED投光器50WLED投光器50W名前記入

剣先スコップ

 1月28日の夜に自治会館でこれらに名前を入れて、購入の証拠写真を撮りました。


自治会館のメンテナンス

 自治会館やまびこのレンジフードファンが回らなくなっていました。配線を確認するとファンへの電気は正常に供給されていましたので、モーターそのものの故障と思われます。レンジフードはクリナップ製ですが、モーターはフジ工業製です。交換用のモーターを取り寄せ交換しましたので、動くようになっています。

 昨日、比叡平自治会館やまびこの玄関の庇の縦樋の管が外れていましたので、こちらもはめ込みました。この縦樋はもともと鎖式でしたが、風が吹くと落下する雨水が自動販売機に降り注いでいましたので、管式に変更したものです。何か大きな力がかかって外れたものと思われます。

 昨年、やまびこの玄関が暗くて(通常、玄関灯を消しているため)夜間は鍵穴が見えにくいという声がありましたので、LEDセンサーライトを設置しました。正常に作動しています。昨年、老朽化した玄関の表札が新しくなりました。地域の書家の方に書いていただいたそうです。

クリナップシロッコファンレンジフードレンジフードファン

レンジフードファンのモーター雨樋漏斗

LEDセンサーライト自治会館表札






shagalshagal at 10:02│コメント(0)トラックバック(0)学区自主防災会2016 | 3丁目自主防災会2016