赤の記憶 ~Memory of the red ~

日常と釣りの記録を綴る。 バス釣りは、主に水郷エリア、印旛、牛久、小貝川でやっています。 エリアトラウトは、ウォルトン、座間養魚場、ジョイバレーでやっています。 リバーシーバスにも挑戦中。 某電機メーカー勤務のサラリーマン(20代)。

ブログ引っ越しました

管理や編集のしやすさを考え、ブログの引っ越しを行うことにしました。

新ブログはこちらになります。
http://ameblo.jp/shidy11/

もしブックマークやリンクを貼られている人がいらっしゃいましたら、
お手数ですがアップデートをお願い致します。

新ブログのほうも、引き続き応援よろしくお願い致します。 

泉フィッシングエリア(2014/1/11)

ランキングアップにご協力お願いします!
�����祉�������㏍�井�� ��c�������㏍�� 膊∞����c����眼��
 

【1/11(土) トラウト】
釣行時間 6:45~16:00 
気温:-4.0~8.0℃
天気:晴れ(微風)
水温:8.3℃

この日はブログでお世話になっているがっちゃんさんと、
職場の同僚Tさんと、泉フィッシングエリアさんに出撃。

数釣りし易いエリアとされている泉フィッシングエリアさん、お正月休みから
1週間経ったこの日の状況は!?

がっちゃんさんとは、現地に6時半に待ち合わせ。
途中、腹痛発症で、トイレ休憩…少し遅れてしまい6時40分に到着。
3日前からビオフェルミンを服用、当日正露丸と万全の態勢で臨んだがダメか。。。

がっちゃんさんにご挨拶し、6時45分に入場。
受付時の管理人の第一声は、「タバコのポイ捨ては禁止だからね!」。
タバコは吸わないのだが…。ここ流の挨拶と受け取ろう。

受付対岸の水車横に3人並んで釣り座を構える。
DSC_0753
がっちゃんさん、好ポイントを確保頂きありがとうございました<m(__)m> 
気温は予報では-4℃、でも風がないので、思ったよりは寒くなかった。
水温は8.3℃とこの時期にしては高め。
水面ではしばしばライズが見られた。
噂通り表層か?
気になったのはお客の数。
かなりの混雑を予想していたが、この日は我々3人の他に3人しかいなかった。
何か理由があるのか!?

まずはバベルゼロウエイトチューンのレッドグローで様子を見る。
水車付近なので流れが強く、ラインではアタリを取りにくい。
手元に伝わるアタリで何とか、ファーストフィッシュをキャッチ。
その後、カラーを変えながら数匹追加。

がっちゃんさんは…得意のスティ…リップレスミノーで連発している。
もちろん私もこの日のためにミニミニスティックを購入。
スティックは、今まで使い方がよくわからなく釣果がなかったが、
今回がっちゃんさんに使い方を教えて頂き、Tさんも私もスティックで初キャッチ!
DSC_0762
ノーアクションがキモみたい。

その後もスティックで数匹追加。
岸付近に回遊している魚をサイトで掛ける。
しかし、超ショートバイトなので即バレしてしまうケースが多かった。

朝の好調タイムに数を稼ぎたかったが、ガイドやラインが凍ったりして
トラブルが頻発、2回もリーダーを結び直すことに。。。

時間は8時、がっちゃんさんによるとそろそろ放流とペレット撒きがあるとのこと。
ペレット撒きの前に試しにトップの様子を見ることにした。 
ルアーはUKさんのスプラッシュO.D.を投入。
流れに任せ放置していると…トラウトの群れがスプラッシュO.D.にアタック!
まさか冬にこんな光景を見ることが出来るとは笑。
DSC_0756
スプラッシュO.D.でやる気のある魚をキャッチしていく。

8時30分頃、放流&ペレット撒きが。
スプラッシュO.D.にアタックする魚が増加笑。

がっちゃんさんとTさんもバズボールで応戦。
Tさんは水車付近を攻略し、がっちゃんさんはバズボールを持って放浪の旅へ。
がっちゃんさんは、この放浪の旅でかなりの数を稼いだ模様。

私はあえて回遊している放流魚狙いでドーナ2.0gの赤金を投入。
…しかし不発。
やっぱりスプラッシュO.D.とミニミニスティックを使うことに笑。
午前中で約30匹の釣果。
ほとんどがスプラッシュO.D.とミニミニスティックでの釣果だった。

午後になると、トップへの反応はぴたっと止まってしまった。
また、かけ上がり付近の反応も薄くなったので、沖のやる気のある魚を狙う。
バービーR黒ゴマオレンジで様子を見る。
ロッドを立て、ただ巻きするとヒット!
DSC_0758
ロッドを立てないと反応がないので、レンジはもっと浅いか?と思い、
クランキンピューパシャローの桜吹雪カラーを投入。
レンジがぴったりだったのか、2本追加。
DSC_0760

クランクで拾えない魚はミニミニスティックでフォロー。

14時から15時の間は悶絶タイムだったようで、ほとんどアタリなし…。
DSC_0759
セカンドポンドでミニミニスティックで釣ったくらいか。

時間は15時、日が当たって暖かそうだったので、対岸に移動。
ミニミニスティックで様子を見ると、日陰側より反応が良い様子。
午前中は対岸の調子がよかったが、午後からは受付側のほうが反応がよい?
ミニミニスティックで何匹かキャッチしたので、スプーンでもいけるか?
と思い、スプーンで攻めることにした。

まずはピリカモア0.7gのカラシカラーを投入。
するとツン、ツンと反応あり。
今回から掛け用タックルのラインをPEに巻き替えたので、手元に伝わるアタリがより明確になった。
バイトを弾いてしまっているようなので、ドラグを緩めツンというアタリの時ラインを
少し送り出すようにした。これで多少、ツンというアタリを取れるようになった。
あと何となくだが、ラインの変化でアタリが取れるようになった。
少しラインを弛ませながら巻き、ラインが張ったと同時に巻き合わせを入れる。
なんとなくコツを掴めたかも?

カラーは、カラシカラーの反応がよく。
Noaのカラシカラーでもキャッチ出来た。
カラシカラーの反応が薄くなったらグリーン系に変えていく。
Tロールのグラデスパークが特に反応が良かった。

巻きで数匹追加し、16時に納竿とした。

本日の釣果は、9時間で40匹であった。 
DSC_0765
朝は岸付近、午後は沖のやる気のある魚を狙うという感じだった。
午後になると岸付近を回遊する魚が減ってしまい、ミニミニスティックでは
なかなか獲りきれなかった。逆に沖に溜まっていることがあったので、
午後はスプーンやクランクが活躍した。
誤算は、縦釣りがほとんど効かなかったことだ。
でもその分巻きの練習が出来たのでよかった。

爆釣とはいかなかったので、また様子を見て出撃したいと思う。
ご一緒して下さいましたがっちゃんさん、Tさんありがとうございました!

<ヒットルアー>
DSC_0767
バベルゼロウエイトチューン 0.4g
バベルZゼロ 0.45g
マーシャルクラシック 0.9g
Tロール 0.8g
チェイサー 0.6g
NOA Jr 0.9g
バービーR
クランキンピューパシャロー
ミニミニスティック
スプラッシュO.D.

<使用タックル>
■乗せ用
ロッド:tailwalk  57UL+ CLOSED SPACE
リール:DAIWA 13セルテート 2004CH
ライン:サンヨーナイロン APPLAUD GT-R Trout edition 3lb
リーダー:サンライン トラウティスト リーダーFC  2lb

■掛け用
ロッド:シマノ  CARDIFF EXLEAD HK S60SUL/FF
リール:シマノ 12アルテグラ 2500S
ライン:サンライン トラウティストエリアPE 5lb(0.2号)
リーダー:サンライン トラウティスト リーダーFC  2lb 

■ジャークベイト用
ロッド:SMITH マジカルトラウト MTS-60MUL
リール:DAIWA 11フリームス2506
ライン:東レ スーパーハード 4lb

さて、来週はいよいよキリンカップ!
準備は…これから! 

2014年釣り初めinウォルトンガーデン(2014/1/2)

ランキングアップにご協力お願いします!
�����祉�������㏍�井�� ��c�������㏍�� 膊∞����c����眼��
 

明けましておめでとうございます。
2014年もガンガン釣行していこうと思いますので、
拙いブログですが、本年もよろしくお願いします!


【1/2(木) トラウト】
釣行時間 11:40~16:40 
気温:-1.2~11.3℃
天気:晴れ(やや強い風)
水温:10.3℃

2014年釣り初めは、釣り友の皆さんとJさん釣行!といきたかったのだが、
あいにくと用事が入ってしまったので、前日の2日に単独でウォルトンさんに出撃した。
GTCのhiro君とnori君も出撃していたが、都合で入れ違いとなってしまった。

2日は混雑が予想されたので、5時間券の方の終了時間の11時過ぎを狙い入場。 
たまたまクラブハウス手前が空いていたので、そこに釣り座を構える。
DSC_0744
水温は10.2℃。他のエリアと比較してかなり高い。
気になる水質は、、、マッディーに戻っていた。
自分としてはマッディーのほうが得意なので、嬉しいと言えば嬉しい。

パイロットルアーとして、バベルゼロウエイトチューンの枝豆カラーを投入。
するとすぐにヒット!
反応が鈍ってきたので、バベルGTの枝豆カラーでボトムを攻めポツポツと追加。
この時間帯はホワイト系が調子がよかったので、普段あまり使わないバベルⅢの
グリーングローを投入。
こちらも反応がよく2匹追加。
DSC_0745
ニジマスだが、うっすらとバーマークのある不思議な魚が釣れた。

レンジは、ボトムべったりではなく、中層よりちょっとしたという感じか。
思いの外反応が良い。 

開始から1時間で7匹とこの時間帯にしては好調。

13時を回り、ここで放流タイム。
この日の放流はいつもより盛大に行われていた。
排水口からの放流に加え、オーナーが桶を持って魚を各地に放流していた。
放流魚狙いで、ドーナ2.0gの赤金を投入。

スパッと沖で2匹掛けることに成功。
しかし後が続かず、放流の恩恵は2匹に留まった。
初心者エリアの小さなお子さんも釣れていてほほえましかった。

しかし放流からしばらく経った後、状況は一転。
渋い時間帯に突入してしまう。
巻きのうまい方は沖の方でぽつぽつ掛けているが、私は巻きでは一向に釣れない。
それほどレンジは深くないと予想し、つぶあんFやVクラMRを投入するもNOな感じ。
結局は、ボトム攻めメインになってしまった。
ボトム系ルアーを総動員するも反応が薄い。
ピンク、オレンジ、ホワイト等のアピール系カラーのマイクロスプーンで辛うじて反応があり数匹追加。
最近マイブームのペレットペレットも安定の活躍。
DSC_0749
時間は15時、ここで2度目の放流。
放流後、初心者エリアの方が釣れ始めた頃合に、赤金、オレ金等の放流カラーのスプーンを投入。
1回目の放流で釣果があったドーナ2.0gの赤金、今まで実績のあったハイバースト2.4gや、
チャイサー0.6gのオレ金を投入するも一向にヒットせず。
この時間帯、クラブハウス側の人はみんな釣れていて、自分だけ釣れてなかったので焦る。
仕方ないので、岸から2m程に回遊している魚をバベルGTの枝豆カラーで拾う。

放流魚を掛けていた人は、どうも沖の方でヒットしている様子だった。
沖のほうに魚が溜まっている場所があるのだろうか。。。?
そもそも放流直後はどのくらいのレンジを攻めればいいのだろう。。。?
色々課題が残る時間帯であった。

時間は16時、ここまでの釣果は18匹。
ウォルトンさんは夕方が好調との情報があるので、この時間になると期待も高まる。
まずはヒゲオヤジさんの先日の釣行のアタリルアーであったミニミニスティックを投入!
ロッドを上げてスローに巻いたり、リフト&フォールで様子を見るも反応はない。
ふと隣の方のルアーを見てみると、同じくミニミニスティック笑。
横目で見ていると、同じく反応は無い模様。

まだ魚が浮いてきていないかと思い、B-Vibeのリアルペレットカラーを投入。
すると2連続でヒット!これは何かありそう…。
B-Vibeの反応がなくなったので、ペレットペレットのリフト&フォールで様子を見ると
こちらも2匹連続でヒット!

ペレットカラーに反応がよい?
水面に魚の波紋が増えてきて、リフト&フォールに適した環境になってきたので、
バベルゼロウエイトチューンのペレットカラーを投入!
するとリフト&フォールにガンガンアタリがあり、4匹追加!
DSC_0747
ペレットカラーがこの日の夕方パターンの1つだったと思われる。
残り5分、さすがにバベルゼロウエイトチューンはスレてきたので、
ペレットペレットを再びセット。
10分で5匹を狙ったが、そううまくいかず3匹止まり。

ここでタイムアップ。
DSC_0750
本日の釣果は、5時間で28匹であった。 

放流タイムで自信を喪失し、ブルーな気持ちになったが、
夕方にパターンらしきものを見つけ、すっきりと初釣りを終えることが出来た。
ウォルトンの夕方は魚の活性を上がるのは間違いないが、
他の方のブログを見るにパターンは日々変わっている模様。
この辺りが、管釣りの難しさであり、楽しさであると思う。

放流直後のレンジや、沖の魚の狙い方等、課題が残った釣行であったが、
2014年のスタートとしては、まずまずか!?

<ヒットルアー>
バベルゼロウエイトチューン 0.4g
HADO 0.5g
バベルタイプⅢ 1.0g 
キメラ 1.6g
バベルGT 1.4g 
ドーナ 2.0g
ペレットペレットSS
B-Vibe

<使用タックル>
■乗せ用
ロッド:tailwalk  57UL+ CLOSED SPACE
リール:DAIWA 13セルテート 2004CH
ライン:サンヨーナイロン APPLAUD GT-R Trout edition 3lb
リーダー:サンライン トラウティスト リーダーFC  2lb

■掛け用
ロッド:シマノ  CARDIFF EXLEAD HK S60SUL/FF
リール:シマノ 12アルテグラ 2500S
ライン:サンヨーナイロン APPLAUD GT-R Trout edition 3lb
リーダー:サンライン トラウティスト リーダーFC  2lb 

■ジャークベイト用
ロッド:SMITH マジカルトラウト MTS-60MUL
リール:DAIWA 11フリームス2506
ライン:東レ スーパーハード 4lb
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
時間
アクセスカウンター

    累計
    • 累計:

    QRコード
    QRコード