9/15(土)の利根川ラン&ガンの中で、ポントゥーン21製の
CrackJack 、Cablista をモニタする絶好の機会があったので記事したいと思う。

前回の記事(利根川支流 ラン&ガン)に記載した43cmが釣れた場所で、
CrackJack 、 Cablista を それぞれ試してみた。

TN/50を表層早巻きで巻いていた状況でヒットしていたので、
レンジ的にはCrackJack、Cablistaのレンジに合っていると思ったからだ。
また、魚もいることも直前のヒットで確認済みなので、まさに絶好の機会と言える。

環境1
時間:13時頃
天気:晴れ時々曇り(風はやや強い)
気温は30℃程度、水温不明、ベイトフィッシュ多数、バスのボイルあり

【 CrackJack 使用時のタックル】 
ロッド:メガバスF2-62XS スローテーパー
ライン:ナイロン8lb
リール:シマノ バイオマスター
Cablista 使用時のタックル】
ロッド:スコーピオンEV 5.3ftミディアムヘビー、テーパーはノーマル
ライン:12lb(ナイロン)
リール:ABU2500C  

まずは、CrackJack を投入。
TN/50でヒットした時と同じ速度(ファストリトリーブ)で巻く。
以前記事にしたが、早巻きしてもCrackJack は姿勢が崩れずしっかり泳いでくれる。
ベイトがざわついている先を狙いキャストし、群れに突っ込むように巻く。
10投程しても反応なし…巻く速さをだんだんゆっくりにしていくもノーバイト。
ジャーク、ストップ、ジャークというアクションを繰り返しても反応は出ず…


続いて、Cablistaを投入。


こちらはルアー紹介のページを見て頂ければわかる通り、少し大型のミノー。
TN/50で釣れたサイズも大きかったため、このサイズでも食ってくれるのではと思い投入。
CrackJackと同じように、早巻きから始め、スローに巻いてくるも反応はなし。
ちなみにCablistaも早巻き時、姿勢は崩れない。

CrackJack、Cablista 共に撃沈。
ただ使用しただけではモニタにならないため、
ルアーが要因で反応がないのか、環境(スレてしまったのか)が原因か切り分けを行う。
ソウルシャッド、ヒットルアーのTN/50それぞれ10投程してみるも反応は全くなかったことから、
スレてしまった可能性が高い…それか自分の腕?
使用した感じは、1500円以上する上記2つのルアーと品質の観点で、差はないように思える。

そして同じ日、北浦の某ポイントでも是非試したくなるような状況に出会った。

環境2
時間:17時頃
天気:晴れ
気温は30℃程度、水温不明、ベイトフィッシュ多数、バスのボイルなし
【 CrackJack 使用時のタックル】 
ロッド:メガバスF2-62XS スローテーパー
ライン:ナイロン8lb
リール:シマノ バイオマスター 

このポイントは、ゲーリー3インチグラブのノーシンカーでのスローな攻め方で多数の実績がある。
同じ使い方を意識し、 CrackJack をスローに使う。
3秒に1巻程のスローな速度で巻いていると、くんっとアタリがあった。
すかさずアワセを入れると魚の重みを感じた…がまさかのアワセ切れ。
ルアーは応えてくれたが、ラインチェックを行った自分が原因。
尚、カラーはGスレッドフィンシャッド。 
その後、 カラーをダブレット-1に変えるも反応はなし。。。

今回もバスは釣れなかったが、バスらしき反応を得ることが出来た。
残念ながら、ロストしてしまったが、自腹を切ってでもまた同じカラーを手に入れたくなるような
ルアーであった。
ちなみに値段は850円。
問題はどこで売っているかだが…。

まだ別のカラーの残りがあるので、モニタ終了期間までガンガン使っていきたいと思う。

ポントゥーン21メーカーサイト
http://www.pontoon21.jp/
Cablista
http://www.pontoon21.jp/cn7/pg114.html   
CrackJack
http://www.pontoon21.jp/cn7/pg109.html   

クリックお願いします↓
�����祉���������井�� ��c���������� �����鴻����c����激�潟�違��