ポントゥーン21製ルアー2種類(Cablista、CrackJack)のモニタ期間が
9/30で終了するため、先日総括の記事を書いたが、
期間ぎりぎりに釣りに行けることになったので、今一度チャンスが出来た。

ちなみに現在までの釣果はCrackJackでナマズ1匹。
ラストチャンスに懸ける。

まずはトラウトの反応を確認するため、管理釣り場でトライ。

【管理釣り場(ウォルトンガーデン)の環境】
時間:11時~13時
天気:曇り時々雨(風は暴風レベル)
気温は25℃程度、水温不明、台風接近により強風 、ウィークデイなのでプレッシャーは低か

メーカーのCrackJackの紹介ページでは、下記のように記載されている。
 エリアトラウト ★★★ (ちなみにバスは★★)
CrackJackはトラウトで本領発揮出来るルアーなのだろう。

期待しつつ、釣りを開始。
開始早々、あっさりとヒット!


去年、ウォルトンガーデンで実績のあったつぶあんの反応がいまいちであったことから、
活性はあまり高くなかったと考えられる。
しかし、そんななかガンガンヒットするCrackJackは、トラウトを寄せる力がすごい強いと感じた。

続いて翌日、バスに対してのモニタ。
これまで何度かトライしてみたが結果が出ず…。
ラストチャンスで何とかバスをゲットしたい。
フィールドは、昔、巻き物で実績のあった某水路で試す。

【環境】
時間:12時前後
天気:晴れ(風はやや強い)
気温は28℃程度、水温不明 

この水路は水面下に1段 段がありバスはその陰に潜んでいる。
つまり段の陰からバスを誘い出すアピール力が必要となる。
早速トライ。
段の上をCrackJackで流す。
ひたすら流す…と小バスがCrackJackにアタックしてきた。
フックアップし、無事ランディング!

この日は珍しく水がやや澄んでいたので、アタックする瞬間が見えて興奮した。

15cm程度のバスだが、バスはバス。
何とかモニタルアーでバスをゲットすることに成功した。

今回の釣行でCrackJackはトラウト、バスいずれに対しても効くルアーだということがわかった。
後やはりひらひら動くので誘う力は大きい。

Cablistaのほうは、シーバスメインで使っていたが、元々リバーシーバスは不慣れで難しいため、
釣果は出ていない。是非ともシーバスで釣果を出したいと思う。


ポントゥーン21メーカーサイト
http://www.pontoon21.jp/
Cablista
http://www.pontoon21.jp/cn7/pg114.html   
CrackJack
http://www.pontoon21.jp/cn7/pg109.html   

クリックお願いします↓
�����祉���������井�� ��c���������� �����鴻����c����激�潟�違�� �����祉�������㏍�井�� ��c�������㏍�� �����������������c����激�潟�違��