ランキングアップにご協力お願いします!
�����祉�������㏍�井�� ��c�������㏍�� 膊∞����c����眼��
 

【12/15(日) トラウト】
釣行時間 7:00~15:00 
気温:-1.6~9.4℃
天気:晴れ(強風)
水温:8.2℃

とうとうこの日がやってきた。
本格大物エリアの408Clubへ遠征の日!

408Clubはその名の通り、栃木県塩谷町にあり、
千葉からだと片道2時間以上と相当にタフ。
高速に乗れない私にとっては厳しく、釣行は夢のまた夢だと思っていた。
そんな時、毎年408Clubへ行かれているTMUさんボウズマンさんからお誘いを受け、
さらに同乗させて頂けるということで足の問題も解消され、、、今回の釣行が実現した。
TMUさんとボウズマンさんに加え、ゅぅきさんも参加!
4人で大物を攻略することになった。

そして当日、2時半に起床し、近所にお住まいのTMUさんの自宅に行き、同乗させて頂く。
埼玉の某市で、 ボウズマンさんとゅぅきさんと合流し、塩谷町へ向かう!
車内ではゅぅきさんが参加されたキャンベルカップの話題で盛り上がるが…
私はもはや持病となっている腹痛が発症、、、
ちょうどTMUさんもトイレ休憩されるとのことで、事なきを得た。 

408Clubには、6時過ぎに到着。
DSC_0684
まだ薄暗いが、7時の開場に向けタックルのセッティングを行う。
今回はロッド2本体制で臨む。
ミノーや重めのルアーを投げられるマジカルトラウトをメインにし、
スプーンやクランク用にS&S COMPETITIONを持ちこんだ。
大物のひったくるようなバイトを想定し、CARDIFF EXLEADではなく、
食い込みの良いソリッドティップのS&S COMPETITIONをチョイスした。
ラインは前者が4lbのナイロン、後者が3lbのナイロン+フロロリーダー2号。
DSC_0686
 ウッドデッキのテラスでコーヒーを飲みながらポンドを見渡し、開場を待つ。
DSC_0685
この日の気温は、-1℃。パラパラと雪が降る場面も…。

そして7時、ポンドの噴水からの放水を合図にいよいよ開場!
DSC_0697
TMUさんはレストハウス前の出島に、ボウズマンさんとゅぅきさんは対岸のディープエリアに
入られ、私はTMUさんの隣の噴水付近に入る。 

ファーストキャストのルアーは何にしようか数日前から色々考えていたが、
朝方はシャロー付近が良いとのオーナーからの情報と、
なるべく大きめでアピールの強いルアーがよいだろうという考えから、
自作ミノーであるフラッグの黒ラメカラーを投入することにした。
DSC_0689
これは自作ミノーの中で最もバランス良く仕上がったタイプで、
水面から30cm程のレンジを大きくウォブリングしながら泳ぐ。

ジャークしたり、巻く速度を変えたりしながら様子を伺う。
3投目、早めにただ巻きしていると…急にリールのハンドルが重くなり、グングン引いている!
それほど抵抗せず難なく岸まで寄せるが、足元で暴れ出す!
隣に入られていたTMUさんにネットですくって頂き、無事キャッチ成功!
DSC_0687
50cm級のヤシオマスをキャッチ!
寒さか、それとも感動か、手が震え写真がブレてしまった。
DSC_0688
自作ミノー フラッグを丸飲み!
大物キャッチに比べ、自作ルアーでの釣果!これは本当に嬉しい。
もちろんこの魚はキープ。
TMUさん、貴重な朝一の時間にサポートして頂きありがとうございました。

最初からクライマックス的な展開に興奮し、どんどん釣ろう!と意気込む。
DSC_0691
自作ミノー フラッグの他のカラーを次々に投入!
しかし、反応はない。
レンジが下がったかな?と思い、少し深めを攻められるまさやさんのVクラMRや、
DSC_0692
TMUさんのハンドメクランク クレッセントをウエイトチューンしたものを投入!
 DSC_0695
チェイスしてくるも、残念ながらバイトには至らず。
さすが、408Club、そう簡単にはいかない。

この辺りで、隣のTMUさんにヒット!
しかし残念ながらバラシ…。
大物はフッキングからの取り込みの難易度も高い。

私は大物に定評のあるWaterLandのスプーンを次々に投入。
ゲータースプーンにチェイスがあるも、バイトには至らず。

続いて、今回の釣行のために購入したぐるぐるXを投入!
こちらもチェイスがあるも、バイトには至らず。
どうも直前で見切られてしまう。

対岸に入られていた、ボウズマンさん、ゅぅきさんはそれぞれキャッチされた模様。
難しい状況では、自分だけでなく、他の方の釣果も励みになる。

バイトがないまま時間だけが過ぎ…気分転換のため、ボウズマンさんやゅぅきさんが
いらっしゃる対岸に移動することにした。
TMUさんも移動され、4人並んでキャストするになった。

気分を切り替え、手持ちのミノーを総動員し、大物キャッチを目指すも反応なし。
風が強くなってきて、とても寒くなってきたので、お昼休憩することにした。
 
昼食は、「ボウズマンスタイル」でカレーラーメンを頂く。
なんだか釣れそうな気がしてきたぞ。

ポンドに戻り、色々とルアーを変えて様子を見ながらキャストを繰り返す。
ぐるぐるXのゴールドカラーをセットし、キャストすると…岸付近で大物がバイト! 
咄嗟のバイトに反応出来ず、フッキングには至らず。

時間は13時半、納竿の時間も迫ってきた。
ボウズマンさんが、魚を捌きに流し台へ行かれるとのことだったので、
私も付いていくことにした。

ボウズマンさんの見事な包丁さばきを拝見しながら、魚の捌き方をレクチャー頂く。
ボウズマンさんにフォロー頂き、私もなんとか3枚おろし成功。

再びポンドに戻り、納竿時間の15時までキャストを続ける。
ここで自作ミノー フラッグのスローシンキングバージョンである
ゴールド×オレンジカラーにバイト!
しかしまたもや反応出来ず、、、

時間は15時、ここで納竿となった。
DSC_0700
本日の釣果は、55cmのヤシオマス1匹であった。
大物を自作ミノーでキャッチ出来て、大満足!!
ハンドメの大きな励みになる1匹であった。

しかし、2度のバイトをフッキングまで持ち込めなかったところは反省点だ。
大物エリアはバス釣りと同じように、数少ないチャンスをものにしないと釣果が伸びない。
常に集中しないとだめだな…と感じた。
でも数少ないチャンスをものにした達成感は何物にも代え難い。
この感覚はハマりそう笑。

ご一緒して下さいましたTMUさん、ボウズマンさん、ゅぅきさんありがとうございました!
TMUさん、長距離の運転お疲れ様でした。
次はキリンカップで大物狙いですね!!

<ヒットルアー>
フラッグF (自作ルアー)

<使用タックル>
■ミノー用
ロッド:SMITH マジカルトラウト MTS-60MUL
リール:DAIWA 11フリームス2506
ライン:東レ スーパーハード 4lb

■スプーン、クランク用
ロッド:tailwalk  S&S COMPETITION 57UL+ CLOSED SPACE
リール:DAIWA 13セルテート 2004CH
ライン:サンライン トラウティストエリアL.E.マイスター 3lb
リーダー:シーガー シーガーエース2号
DSC_0703
釣ったヤシオマスは、早速お刺身で頂いた。
切り身はまだ残っているので、今週は食卓がヤシオ祭りになりそう。