ランキングアップにご協力お願いします!
�����祉�������㏍�井�� ��c�������㏍�� 膊∞����c����眼��
 

【12/22(日) トラウト】
釣行時間 7:30~15:30 
気温:0.6~10.0℃
天気:晴れ(強風)
水温:5.6℃

この日は職場のTさんと同釣。
Tさんは海の餌釣りに精通している方だが、淡水のルアーは初めてとのこと。
金曜の仕事終わりに南柏のキャスティングに行き、Tさん用に5000円分でルアーをチョイス。
感覚的に5000円くらいか?と思いながら選んだら、5100円とニアピン笑。
当日の場所は、引きを楽しんでもらいたいと思いDoDooさんをチョイスした。
ここではジャガートラウトが放流されているので、釣れたら持ち帰ろうと考えていた笑。

当日、DoDooさんには7時半に到着。
3連休の中日の日曜なので混雑しているか…心配したがなんとか釣り座を確保。
やっぱり土曜よりは混んでいる感じがした。

まずは、ルアーポンドに入る。
水温はなんと5.6℃、 408club並みの水温だった。
水面では魚のもじりやライズ等は見られない。

ファーストルアーはレンジを探るため、バベルゼロウエイトチューンの枝豆カラーを投入。
リフト&フォールで様子を見る。
1投目は反応なし、2投目、3投も反応なく嫌な予感。
ボトムズル引きからのステイ、に攻め方を変えてみると岸際でバイト!もフッキングには至らず。
しばらく経ってようやく1匹目をキャッチ!
うーん、周りも渋そうだし、不安を感じる出だし。

ちなみに朝型の気温は1℃。日陰で寒かったので、ルアー&フライポンドの日向に
移動することにした。
DSC_0714
こちらの水温は6.2℃と少し高かった。
やはり水面で魚の気配は感じられず。

レンジは深めなので、Tさんのルアーを買った時についでに買ったディープクラピーを投入。
するとヒット!
DSC_0711
やはりDoDooさんの魚は引きがいい。

ディープクラピーでの連発を期待したが、そうはいかずルアーチェンジを余儀なくされる。
ここで、VクラMRを投入!
レンジもぴったりだし、いけるか?と思い巻いているとヒット!
またまた引きが強い魚で、緊張感のあるやりとりをしていると…
急にプツッという感触…やってしまったまさかのラインブレイク。
貴重なVクラMRをロスト…切断箇所はフロロリーダーの中間。
前日にリーダーを結び直したので魚の歯が原因か、水中に沈んでいた岩が原因か…。
いずれにせよ、ファイト中の配慮が不十分だった。
浮かんでくるのを待っていたが、水面には見当たらず。。。

ロストしたショックを引きづりつつ釣りを続行。
バベルZ・ZEROのオレンジカラーのリフト&フォールのボトム直前でバイトする
場面がいくつかあったが、パターンではなく間欠。
昨シーズン、1月末~2月の極寒期に有効だったズル引き~ボトム長時間放置を試すも、
ぽつぽつと反応があるだけで、うまく波に乗れない。

ポンド全体が厳しい中、隣に入っていた方だけは時速10ペースで掛けている!
私がやっていたボトム攻めは、じっくりと待ち拾い食いを狙う釣り方だが、
その方のやり方はリアクションバイトを狙っているように見えた。
大きめのワンポイントアクションと、長時間のステイで着々と釣果を伸ばしていた。

私もB-Vibeやシャドウアタッカー、ハビィなどで攻めてみるもうまくいかず。
一方、Tさんはその方を独自に観察し、チェイサーなど軽量ルアーのボトムステイで
ポツポツと掛けていた。
ノーレクチャー、初エリアフィッシングで、この様な釣り方に独自で辿りつくとは、
正直すごいと感じた。
なによりびっくりしたのが、ラインでアタリを取っていること!
正直初エリアフィシングなので、巻きの釣りメインになると考え、
クリアーラインを巻いたタックルを貸していたのだが、それもしっかりアタリを取っていた。
後で聞いてみたら餌釣りにも似た部分があるとのこと。

時間は10時を回り、放流タイム!
DoDooさんは、受付近くのポンドの一端からまとめて放流するスタイルで、
その対岸に入っていた我々はその恩恵を受けられないと思っていたが、
放流から少し経った後に、ちゃんと放流魚は回ってきた。
マーシャルクラシックのオレ金で数匹キャッチするも、すぐに悶絶。
Tさんもチェイサーのオレ金などで、しっかりキャッチ。

午後になると状況が少し変わったように感じた。
午前中程、ボトムで反応がなくなってきた。
 隣に入っていた方も反応が止まった模様。
少し魚が浮いてきた?

ボトムでも反応がないし、その他のレンジも相変わらず。
つまり何をやってもダメな状況になってしまった。
ぐるぐるXやフラッグで事故的なバイトもあるも、フッキングには至らず。

時間は13時半、ここで2度目の放流!
私は放流時に実績のあるハイバースト2.4gのイエロー/ゴールドとNOA1.8gの黒金で
放流魚をキャッチ。
放流からしばらく経った後は、また渋い状況に戻ってしまった。
何とか1匹キャッチするも、それが上がりますとなり、15時半に納竿とした。
DSC_0712
Tさんは、ぐるぐるXでジャガートラウトをキャッチ!

本日の釣果は、8時間で8匹であった。
DSC_0715
前回のDoDooさん釣行のリベンジ釣行のつもりが、更に厳しい結果になってしまった。
しかし、渋い中も釣っている人がいたので、どうしようもない状況ではなかったはず。
課題が残った釣行となった。

Tさんは終盤、バベルでの縦釣りのコツも掴んだようで、もうどこに行っても
大丈夫な程、上達していた。次回はまた違ったエリアに行きましょう!

釣果が伸びず、ルアーロストもあり、凹んだ気持ちで家に帰ると、
なにやら一通の封筒が。
中身を開けると…
DSC_0716
どうやら先日応募した懸賞が当選していたようだ。
Tスプーンのホロビームと、MKフック8号。

スプーンの巻きの楽しさに目覚めてきた私にとって、これは嬉しいプレゼントだった。
次回は巻きの練習に行こうかなと考えている。

<ヒットルアー>
バベルゼロウエイトチューン 0.4g
バベルZゼロ 0.45g
マーシャルクラシック 0.9g
NOA 1.8g
ハイバースト2.4g
ディープクラピーSFT

<使用タックル>
■乗せ用
ロッド:tailwalk  57UL+ CLOSED SPACE
リール:DAIWA 13セルテート 2004CH
ライン:サンヨーナイロン APPLAUD GT-R Trout edition 3lb
リーダー:サンライン トラウティスト リーダーFC  2lb

■掛け用
ロッド:シマノ  CARDIFF EXLEAD HK S60SUL/FF
リール:シマノ 12アルテグラ 2500S
ライン:サンヨーナイロン APPLAUD GT-R Trout edition 3lb
リーダー:サンライン トラウティスト リーダーFC  2lb

■ミノー、対大物用
ロッド:SMITH マジカルトラウト MTS-60MUL
リール:DAIWA 11フリームス2506
ライン:東レ スーパーハード 4lb