皆さん、こんにちは。シャハランメスリです。前回は私の化粧品の大きな特徴の原生バラ水の話をしましたが、今回は、私が化粧品をつくるきっかけとなったスペシャルラビアゴムの話をします。この植物の研究がなければ、私の人生は違ったものになっていたと思います。

それほど私にとって大切な原料であり、私の人生の糧といっても過言ではない原料です。

実は現在、新しいシャンプーの開発をしています。お陰さまで2007年のザシャンプーの発売以来、口コミだけで多くの方に支持されるブランドになりました。化粧品業界では、宣伝費が大切とされていますが、私は宣伝費をかけません。これは私の強い信念で、宣伝費に充てる費用は全て、原料にかけたいと思うからです。

私は原料には妥協したくありませんし、私がつくる製品は誰も真似できないものをつくりたいという想いでつくっています。新しいシャンプーを開発する過程で、改めてスペシャルアラビアゴムの事を考えました。

現在もイラン南西地域にある村々では、脱毛を防ぐため特別のアラビアゴム・パウダー(SAG:スペシャルアラビアゴム)を使っています。化学的な根拠もありますが、この慣習は昔からありました。1975年、高校の最終学年頃からでしょうか、私の髪の毛が急に抜け始めたのです。様々な治療を試しましたし、いくつもの医者も訪ねました。しかし、私自身これという納得のいく方法は見つかりませんでした。最後の選択肢として、祖母の提案するアラビアゴム・パウダー(以下SAG)に生卵を混ぜあわせたものを試しました。この混ぜ合わせたものを3回ほど試した頃私の脱毛は止まったのです。

この出来事は、SAGが卵の中の様々な栄養素を髪の毛に運ぶ働きをし、細胞を活性化させていくためだと私は確信しました。その結果、私の髪は以前より太く剛毛になったのです。これは私にとって、新しい自然のコンセプトです。 (注:SAGは、一般的に言われているアラビアゴムとは植物学上別の種類です)



以下の話は専門的になりますが、以下の結果が私の化粧品つくりの源ですので、

この場を借りてお話させて頂きます。

 続く…