チームしゃか

2006年05月12日

お疲れさま

遅くなりましたが、5月3日はお疲れさまでした。
自分にとって、忘れられない1日になったな。
関わってくれた関係者の皆様、ありがとうございます。

なんだかね、終わって、こう、月日が経って、
ふと、思い返してみると、本当に夢みたいだったなって。
俺もシャカ好きなんだなぁ。だって叩きながら歌ってたもん。
それが楽しくて楽しくて仕様が無かったんだ。
前の3人と目を合わせ、体を同じように揺らしながら音を出す。
これぞ、正に歌って踊れるシャカグルーヴ!!って感じだったね。

次はいつ?なんてわからないよ。みんな気まぐれだしね。
今更ながらメンバーに感謝しています。
おっさん、いとしくん、まっつん、まさよ、ありがと!

あの日、確かにシャカは存在してた。
そして、今も、これからも、皆の心の中に存在してくだろう。
だから、永遠に失くなる事は無いんだよ。
夢の中で見た夢はリアル過ぎたから…覚めたくなかったな。。。

また寂しくなったら戻ってこよう。
目を瞑って胸に手をあてたら、また、あの夢の中へ行けるから。
大切な想い出。あの日描いた夢の灯火はいつまでも消えないよ。

ありがとう。
non-stop dancin' shaka に在籍してた事を誇りに思います。

れいじ

shakalog at 13:07|Permalinkclip!

2006年05月10日

ライブを終えて

ワカメです☆ 皆さん改めまして、お疲れ様でした。
あれから、もう一週間が経ちますね。

ライブをやることが決まってから終わる迄、
思えばアッという間の出来事でした。
色んな事を思い出しました。何をしても当時とダブるんです。
一つ一つが懐かしかった。

いざライブ本番。いろんな感情がありました。
シャカやってて、楽しかった事、嬉しかった事、辛かった事、
いっぱいいっぱい思い出しました。まさしく走馬灯です。
きっとあの時、あの場に来てくれた皆が同じ気持ちだったと思います。
シャカのスタッフで本当に良かったです。

全国のシャカを応援してくれた人、
支えてくれた人、皆に感謝です。そして、
つかちゃん、いとしさん、まっつん、れいじさん、ありがとう☆

ワカメ

shakalog at 09:14|Permalinkclip!

2006年05月07日

2006年5月3日 晴天

しゃかの気まぐれ復活GIG!!、気まぐれに終了!!
ありがとうございましたっ。全ての人に感謝です m(u_u)m

あの日、non-stop dancin' shaka は、
楽しく歌い、楽しく踊り、楽しく呑みました。
そして、それぞれの生活へ戻りました…

私自身、今回「再び釈迦に参加できて」
嬉しく楽しい一時を過ごしました。
「釈迦に参加して良かった」と思っております。

応援してくれた皆さん、スタッフの皆さん、
本当にありがとうございました。
つかさ、いとし、れいじ、わかめ、ありがとね。

それでは皆さん、またいつか、
第2回しゃかの気まぐれ復活GIG?で、お会いしましょう?

また会う日まで、さようなら (^_^)/

まっつん

shakalog at 02:55|Permalinkclip!

2006年05月05日

夢の中で見た夢は、

覚めない夢の中の夢。ソコで僕が唄うから、何故か皆も歌うのだ。
「イイ!!」(98年秋)

気まぐれ復活GIG!!、無事終了。
変わらない気持ちがソコにありました。
そんなドリーマーのいとしです。

non-stop dancin' shaka が好きです。
今迄も、今も、そして、これからも。
好きだよ、ずっと、好きでした。マジになるってry

メンバー、スタッフ、応援してくれた皆さんへ
何回言っても全然足りないけど、ありがとう。
すげーありがとう。今迄ホントありがとう。
皆からは素敵なモノを沢山貰いました。大切にします。
名前書いとこ。貰いっぱなしでドロン。

次はいつ逢えるかな。逢いたくなったら逢いませう。
それ迄、おやすみなさい。みんな、良い夢を。

いとし

shakalog at 01:52|Permalinkclip!

2006年05月04日

To be continued…?

おかげさまで、気まぐれ復活GIGは、
無事に幕を閉じる事が出来ました(ありがちょネ)

5月3日… ある者は純粋に共鳴し、ある者は懐古に浸り、
またある者は未来へと何かを描き始めていた事でしょう。
僕らはたくさんのファンや仲間のみんなと作れただろう
素晴らしい瞬間を大切に胸に刻み、
これからも「強くたくましく笑いの絶えない人生」
を送って行けるだろうと確信してます。

そして… 残念ですが、
non-stop dancin' shaka は、またほんの少し?お休みします。

もし… また、いつか僕らに触れたくなったら、
その時はいつでも現れて、
歌い踊り楽しめる時間を提供する事を約束したいと思います。

それじゃあ、また… いつかお会いしませう。
〜Thanks to all fans&families&friends&…ラーメン〜
See you next time… (o^-’)b

つかさ

shakalog at 11:42|Permalinkclip!

2006年05月02日

いざ・ハーツ!

来るべき時が来てしまった。
やるべき事、やらなきゃいけない事、
やりたい事、やらなくてもいい事、etc…
とにかく最高の夜をお届けします。
では明日、大宮ハーツで待ってます!

ちゃんツカ

shakalog at 18:54|Permalinkclip!

明日があるさ

いよいよ本日、最後のリハーサル。
思えば遠くに来たもんだ。

空も俺の為に泣いてくれてます。
つーか、ピカ吾郎じゃね?

明日は晴れるといーな。

いとし

2006_rh05_160

shakalog at 10:04|Permalinkclip!

2006年04月28日

どうも

皆さん、お久しぶりです。シャカの初代ドラマーです。
現在は、仕事をやりつつ、新しいバンドもやっています。
バンドはパンク?な感じで、仕事は看板取り付け、
ビル内テナント店舗補修工事、
金物(主にポニークリーニング)てな感じです。
仕事ありましたら是非! ま、そんなことは置いといて。

あれは、2月だったかな。
いとし君から、いきなりの連絡が来ました。
『シャカやるかもしれない。ドラムやってくれない?』
… えっ( ̄□ ̄;)!!
あの時は一瞬、何を言ってるんだ?と思いましたが。。。

しかし、いざやることになって、スタジオ入った時に、
当時の想い出がフラッシュバックしてきました。
色んな事があったなぁ…。あれからどれくらい経ったんだろう。

久しぶりに会った他の4人(ワカメ含む)は何も変わってなかった。
もちろん外見や生活とか、
多少は変わってる部分もあるのかもしれないけど、
内から滲み出てくる本質の部分って言うのかな?
そこは何も変わってないなって感じました。

一番年下の俺でさえ30歳を超えてる。ワカメはリーチ。
世間一般から見ればいい年だよ。
でも、同じ夢を追い求めた仲間が、それぞれ別の道を歩いて、
また何年後かにこんな形で出会う。演奏するのはあの頃の曲達。
そんなロマンチックなものじゃないかもしれないけどね。
俺はこの機会を、ただ単純に楽しみたい。
ライブが終わった時に、
また新たな何かが見えてくるんじゃないかと思うんです。
同窓会的なノリもあるのかな。
そんなもん一度も誘われたことないけど。

後期のお客さんの中には、
俺の事を知らない方もいらっしゃるでしょう。
ま、あんまり気にしないで下さい。

そんな訳で今回はこの辺で。ほいじゃ。

れいじ

2006_rh04_160

shakalog at 14:49|Permalinkclip!

2006年04月26日

マスターしゃかード

熊本県熊本市にある、CDショップ「マツレコ」こと、
マツモトレコードが、5/7で閉店する。
残念な知らせだが、何故?は無い。
音楽ソフト業界の状況の変化を、確かに感じる。

3階にあるライブホールには、ユーミンとサザンと矢沢永吉以外、
ほとんどのアーティストが来たそうな。
non-stop dancin' shaka も、
CDリリースの際、大変、お世話になった。
この場を借りて、今迄、ホントありがとうございました!

皆、CD、ちゃんと買おうゼ! PCでコpry
お金で買えない価値がある。お金で買えるモノはry

いよいよ、リハーサルも大詰めの段階!
もう一踏ん張りだっちゃ!!

いとし

shakalog at 16:24|Permalinkclip!

2006年04月24日

ルーツが見えない?

アーティスト、ミュージシャン、役者さんとか、
何かを「表現」する人達には、
必ず何らかのルーツ(根源)ってヤツがあるみたいでやんす。
僕達のルーツ的なモノを、今迄のGIGやCDで感じた方って、
どれだけいたのでしょうか…?

「non-stop dancin' shaka」自体、
明確な何かをヒントに始めた訳ではないので、
なんとな〜く自然にこうなったバンドだと言った方が、
正しい解釈になるんじゃないのかな。      
故に正解・不正解などの、枠(ワク)みたいなものが絶対に無い、
「どこまでも自由に表現出来るバンド」
だったんじゃないのかなぁ〜と、今、改めて思うんだよネ。       
まぁ、メンバーの皆も個人的に好きなバンドやアーティストなど、
多少は意識してる部分が無い訳じゃないだろうけど、
多分ソレを全てそっくりそのまま受け継ぐのではなく、
その共感出来る部分や、サウンドにおけるスタイルなどを、
自分なりの解釈で、更に広げて行きたいと思いながら演ってる、
という感じだと思うんだ。

結果、僕達のサウンドに触れた皆さんには、
音楽的なルーツが、見えにくいバンドなのかもしれないだろうな、
と思いまっす。今後も、また、歌う・奏でるにあたりまして、
相変わらず?な僕達をどうぞよろしくちゃんネ (o^-’)b

つかさ

2006_tsukasa_02_160続きを読む

shakalog at 07:24|Permalinkclip!