昨日(7/2)、実に4か月ぶりのスイム練習、2/28以来。
3月初旬の海外出張、帰国後の海外渡航者自宅待機期間、その後4/7に緊急事態背現発令。
近隣でプールのある市営スポーツ施設、西東京スポーツセンターが再開していたので、初めてそこに行ってみた。

現在はコロナ対応ということで、利用時間帯や利用可能時間に少し制限がある、とのスタッフの方の説明を受け入館。

13時~、15時~、17時~、19時~
という風に、2時間での完全入れ替え制で、それぞれの回は30名定員。
プールは25m×8コース?の広さ。
真ん中2コースが泳ぎ用で、それぞれ往と復に割り振られて、25m行ったら隣のコースで帰ってくる。
両端のそれぞれ3コース分は、フリーのスペースで片方は子供用に浅い。
ドリルやアップはフリースペースで出来るし、空いてくればターンして持続的に泳ぐこともできた。

人数は、子ども大人それぞれ10人ほど、計20人くらいいたかな。
最初こそ結構混雑しているように感じたけど、40~50分もすると上がる人も出てきて、みんなどんどん帰っていく。
さらに、次の2時間の回までは人が入ってこないので、一時間ちょい過ぎからはもう数名。
後半はかなり泳ぎやすかった。

これは良い。
一回400円だし、週3~4回練習しても、スポーツジムに入会するよりは少し安いし、空いてる。
スタッフの方たちは小まめに消毒をしたりして大変そうだったけど、コロナ対応もすごくちゃんとしていて、利用する側も安心感があった。

トレーニングの方は、久しぶりすぎて、アップのドリルでスカーリングやっただけで、腕や肩がだるい。
もともと大したスキルはないから、泳げなくなった感覚は想定内。
けれど、動かしていなかった肩回りは硬くなっており、腰が沿って沈む感覚は以前よりは強くなってた。プルブイ挟まないと泳げる気がしなかった。
継続は力、また地道にトレーニングを積み上げていこう。