日蓮宗 法明教会

当教会の信徒さん向けの法話と時折やや専門的な小考を掲示いたします。

八難に負けずに

仏典には、仏道修行を邪魔する八つの難をあげています。

八難とは大別すると、二つに分けられます。

一は、健康長寿で豊かで満ち足りた生活です。十分に幸せで何の心労ないから、祈りや罪障消滅の修行などの必要性を感じない、熱心にお参りする気持ちが薄れてしまうからです。

二は、困窮にひどく責められる生活状況です。病苦や貧困がひどいと参詣するどころではなくなってしまうからです。

 

私自身、通院で時間がとられる日には、勤経を怠る場合があります。

また、ずっと以前の話ですが、相続税が変わった際に「節税のためにアパートを建てることにしたので、毎月の参詣供養料がきつくなった。」と云うことで数年続けていた毎月のお参りを中止した人や、老人の保険料が上がったからと云って毎月の先祖供養と参詣を止めた人や、老齢化で医療費がかさむようになったからと云って、毎月の先祖供養と参拝を止めた人も居りました。

 

格差社会の実状を報じるテレビ番組で紹介された貧困の母子家庭や老夫婦の経済状態だったら、十円の浄財も供えることは出来ないと思います。しかし、困窮に陥ったときにも、将来、余裕が出来るようになったら浄財を供養すればよいのですから、お題目の信仰を続けてほしいものです。

 

私たちの運勢には、因果の道理が厳正として働いているのですから、幸せ平穏なる将来・次生を招く為めには、罪障消滅と積徳の善業が絶対に必要なのです。

『文殊師利發願經』と云う御経に

「清淨の善業力は、煩惱の力を除滅し、諸魔の力を壞散し、」

とあります。罪障消滅と積徳の力用がある南無妙法蓮華経の唱題は、清淨の善業力です。八難をくぐり抜ける力を与えてくれることでしょう。

 

御本尊(仏神)は初心の人には過大な修行を要求しません。日蓮聖人は「布施する力のない者に過ぎたる布施を要求することは、正業の信を妨げるもので、譬へば小船に荷物を積み過ぎて海を渡るようなものだ」とも教示されています。また、日蓮聖人は一念信解・初随喜が最も法華経修(信仰)の基本であると教示されてます。

一念信解・初随喜とは端的に言えば「お題目の力用に依て過去の罪障も消滅できるし、釈尊の智徳を譲り受けられる、すなわち積徳出来ると信じて、お題目の力はすごい、と喜ぶこと」です。

 

「ただ南無妙法蓮華経とだにも唱へ奉らば滅せぬ罪やあるべき来らぬ福や有るべき、真実なり甚深なり是を信受すべし。」(聖愚問答抄)

とのお言葉をかたく信じ、信仰退転の悪縁である八難を乗り越えましょう。

 

 

続きを読む

運鈍根

東京新聞朝刊56日号の社説は「人生の成功は才能?運?」と云う標題でした。

米科学技術雑誌「MITテクノロジーレビュー」に掲載されたイタリア・カターニヤ大学のプルチ准教授らの論文「才能と運 成功と失敗における偶然の役割」の趣旨を述べ、論文の結論は「最も裕福な人々は(ある程度の才能はあるものの)最も才能のある人ではなく、最も幸運だったのだ」と云う指摘であり、「実績のある科学者とは、過去に幸運に恵まれたということであって、将来も幸運に恵まれるとは限らない」と、幸運をうまく生かした科学者が成功すると述べていると論文の趣旨を紹介し、ノーベル化学賞受賞の白川英樹博士が研究中の失敗をヒントに導電性プラスチックの発見した例を挙げ、さらに「人類が今、地球上で繁栄しているのは、何度も幸運に恵まれたからだ、という見方が専門家の間に広がっています」とも「知能を決めるのが脳のおおきさなら、私たちホモサピエンスより絶滅したネアンデルタール人の方が大きかったのです」と記して、偶然(幸運)の重要性を語っています。

 

成功するには、幸運と根気と、鈍いくらいの粘(ねば)り強さの三つが必要であるとの意味である「(幸)運・鈍・根」と云う言葉を証明している論文と言えますね。

 

仏教的に云えば、幸運とは善業力ですね。過去世の善業や今世の善業の作用力が幸運をもたらすのです。

「懺悔文」に「因果のことわりは、厳正にして犯し難し」とありますが、因は縁が調(ととの)えば必ず報果を現すのです。

過去世・今世の悪業(悪行為)に思いをいたし、唱題によって悪業力の消滅をはかり、唱題に因って徳を積むことが幸運をもたらす原動力になるのです。

「聖愚問答抄」にある

「只(ただ)南無妙法蓮華経とだにも唱へ奉らば滅せぬ罪やあるべき来らぬ福や有るべき、真実なり甚深なり是を信受すべし。」

との教示が尊く思われます。

大駐車場は苦手

左足の痛みは、長引きそうな感じでが、だいぶ軽くなってきました。


副担任のブログでは、スマートフォンの写真を主に載せています。

スマートフォンから、メールでパソコンに送った後、ピクチャーに移動し、それをブログに移しています。

手順が面倒なので、スマートフォンからも写真を取り込める「デジカメ写真管理」というソフトと「無線・充電USBケーブルとをビックカメラで購入して来ました。

高度な補正などの機能は無いですが、写真掲載の手順が以前より便利になったようです。

 

早い時間なのに、二階駐車場が満杯で三階に駐車したのですが、帰り、二階の駐車場に入り自動車を探すところを、後ろから副担任が注意してくれました。

一人だったら、泡を食うところでした。

 

ギャラリー
  • ご宝前で咲いた菜の花
  • ひやー驚いた
  • ひやー驚いた
  • 大坊の桜
  • 塗装完了
  • 塗り替え作業中です
  • 塗り替え作業中です
  • まだ居たヤモリ
  • まだ居たヤモリ
アーカイブ
  • ライブドアブログ