B0000AIRN3スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐
2005年度・米・141分
Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith

■監督/製作総指揮/脚本:ジョージ・ルーカス
■音楽:ジョン・ウィリアムス
■出演:ヘイデン・クリステンセン/ナタリー・ポートマン/ユアン・マクレガー/クリストファー・リー/サミュエル・L・ジャクソン

 一般公開が待ちきれず、先々行上映会へ行ってきました。会場はほぼ満員。私と同じように28年間待ち続けた人たちが大勢やってきていました。

“A long time ago in a galaxy far, far away...”

あのテーマ曲と同時にSTAR WARSのロゴがスクリーンいっぱいに映し出されると、感無量、涙が頬を伝う・・・。気がつくと、まわりからは「ほーっ・・・」というため息が。やっぱり涙をぬぐっている人も。

 最終章の始まり。タイトルロールのあと、既にいつもとは違う雰囲気。ダークサイドの象徴、赤い光に包まれる。

 ほとんどずっと戦いの連続。無口なC-3POに、これまでに見たことも無い動きをするR2-D2。そしてダークサイドへと堕ちてゆく、アナキン・・・。

 わかってはいたけれど、これは悲劇。そして色々な意味で辛い物語。初めてエピソード犬魎僂討ら28年。ついに全貌が明かされました。このラストは、あの「エピソード/新たなる希望」へとつながります。

 もう、新作を待つ楽しみが無くなってしまいました。その喪失感と、すべての謎が解けた万感の思い。

 エンドロールが終わるまで席を立つ人も、席を立ってからおしゃべりをする人もいませんでした。誰もが無言で余韻に浸っていたのだと思います。

 本公開は7月9日から。あと数回は劇場へ足を運ぶと思います。
そして最後のSTAR WARSを思いっきり堪能してこようと思います。

スター・ウォーズ/シスの復讐の復習は→こちら