ブログネタ
映画鑑賞日記 に参加中!
B000B5M7R8バットマン ビギンズ
2005年度・米・140分 BATMAN BEGINS

■監督:クリストファー・ノーラン
■出演:クリスチャン・ベール/マイケル・ケイン/リーアム・ニーソン/ケイティ・ホームズ/ゲイリー・オールドマン/モーガン・フリーマン/渡辺謙

いいです、これ。こういうの大好き

これまでのバットマンは、現実離れした悪役とあの雰囲気が今ひとつ性に合わなかったのですが、本作は別物。
リアリティーがあります。そこがイイ

期待していた渡辺謙は、出番が少なく、あっけなく死んでしまって非常に残念ではありましたが、その存在感は十分でした。(ところであれは、何語でしょう…?)

ブルースが、バットマンスーツに身を包むまでが長く感じましたが、とても重要な生い立ちや心の葛藤が、丁寧に描かれていました。

バットマンになってからは、もう痛快!大好き!かっこいいっ
しかもバットマンスーツを着ているときの声がとてもいいのです。あの低く、お腹の底から響くような声に撃たれました!完全に、ノック・アウト 捕らえた下っ端から、黒幕を聞き出すときのあの声にシビレまくりでした。

「名前を教えて」 とレイチェルに聞かれ、「人は中身ではない。行動で決まる。」
と以前レイチェルに言われた言葉を、そのまま返すシーンは一番のお気に入り。

バットマン役のクリスチャン・ベールが素晴らしかったのはもちろんですが、脇を固める俳優のまた凄いこと!
執事役のマイケル・ケインはまさに適役だし、ゲイリー・オールドマンが善人の刑事役で登場したのにもぶっ飛んだ。
クワイ=ガン・ジンを彷彿とさせる、リーアム・ニーソン。
そして、なによりもモーガン・フリーマンが、作品に重厚さを醸し出しています。
「メモ見なかったのかい?」の言葉のやり取りは、ニヤリとさせられました。

使われている小物や車もよくて、とにかくもう目が離せない。
戦車だと言われたあのバットマン・モービルは、一度運転してみたいものです。(危険だから、何もないところでね。)金持ちっていいなぁ・・・。(笑)

とにかくすべてがはまりまくりでした。