ブログネタ
映画鑑賞日記 に参加中!
B00007G0LRボーン・アイデンティティー
2002年度・米・119分 The Bourne Identity

■監督:ダグ・リーマン
■出演:マット・デイモン/フランカ・ポテンテ/クリス・クーパー/クライヴ・オーウェン

続編の「ボーン・スプレマシー」を先に観てしまったのですが、スプレマシーは、前作を踏まえずに観ても、とても面白かったんですよ…。
だから、最初の作品であるこの作品は、もっと面白いに違いないと期待していたのですが・・・。

あれれれ??? ストーリーがわかりづらい。(@_@;)
一度観ただけではよく理解できず、もう一度観てしまいました。

ミニ・クーパーによるカーアクションは目が離せず面白かったです。「TAXi」のカーアクションよりよっぽど良かった。

一度目よりは少し理解できたけれど、
結局、「トレッドストーン作戦」ってなんだったの?
ボーンの上司は何故殺されたの?あれで事態を闇に葬ることができたの??
「?」が多すぎて、なんだか消化不良に終わってしまいました。

ボーンの能力全開、アクションシーンが多かった「スプレマシー」のほうが面白かったです。
全3部作となるそうだけれど、もしかしたら新作ごとに良くなっていくのかな?

さえない普通の女性だったマリー(フランカ・ポテンテ)が、髪を切ってから素敵になっていく部分はよかった。

ボーン役のマット・デイモンは動きが機敏で、顔に似合わず(ゴメンチャイ)とてもカッコイイのですが、あの感情を抑えた抑揚のない話し方が、どうしてもこの前観た「チーム★アメリカ」の「まっと・でいもん」とダブってしまい、笑ってしまいました。

つくづく映画って観る順番を考えないといけないんだな、と感じました。