ブログネタ
映画鑑賞日記 に参加中!
B000DZI63Uソウ2 DTSエディション
2005年度・米・100分 SAW

■監督:ダーレン・リン・バウズマン
■製作:リー・ワネル/ジェームズ・ワン
■脚本:リー・ワネル/ダーレン・リン・バウズマン
■出演:ドニー・ウォールバーグ/ショウニー・スミス/トビン・ベル/フランキー・G

R-15

怖いから前作の復習をせずに観てしまいました

うひゃ〜 もう最初の犠牲者がっ

あの究極の選択にパニックになる犠牲者を見て、鮮明に思い出しましたよ、前作を!!
後悔しても時既に遅し。もう物語りは始まってしまった・・・。


ギャァァァー!!


このシリーズの何が嫌かって、部屋中に響き渡る男の悲鳴がイヤ!!
こんなに男の人が悲鳴をあげる作品ってないもの。(多分…)

今回はゲームの犠牲者が8人。
舞台は「部屋」から「館」へと範囲が広がり、グロさは更にUPしてます
けれど残念ながら、人数が増え行動範囲が広がった分、あの独特な閉塞感や圧迫感、緊張感などはどうしても前作より劣ったように感じました。


SAW2






再び登場する、ナンチャン人形。
最後に通じていた場所を見たとたん、全身が凍りつきました。
これを作ったリー・ワネルの頭の中はいったいどうなっているのでしょう。

ラストはもちろん「3」へ続くことを示唆しています。
しかも「数字」と「OVER THE RAINBOW」の謎は解けないまま。
この謎は解けずじまいとなってしまうのでしょうか?

怖いけど、やっぱり「3」も観なくちゃね・・・。(DVDで!)