ブログネタ
映画鑑賞日記 に参加中!
B000S6LHSAラブソングができるまで 特別版
2006年度・米・104分 Music and Lyrics

■監督:マーク・ローレンス
■出演:ヒュー・グラント/ドリュー・バリモア/ヘイリー・ベネット/ブラッド・ギャレット

いきなり古めかしい80年代のミュージックビデオが始まったものだから、
てっきり間違ったものをレンタルしちゃったのかと思った!

この時代のPVは、みんなこんな感じだったなぁ。
カルチャー・クラブ、デュラン・デュラン、ワム!・・・。
『ベストヒット・USA』を夢中で見ていた頃が、走馬灯のように思い出された。

ラブソングができるまで
それにしても、この二人はぜんぜん歳を取らない。

ドリューは見るたびに美しくなっている。真っ赤なドレス姿には、うっとりした。

ヒューのあの腰振りダンスは、「ラブ・アクチュアリー」でもやってたなぁ。
彼はきっとあぁいう風にしか踊れないんじゃないだろうか
振りすぎて腰を痛めちゃったのは、いかにも彼らしくて面白かった。
歌もそこそこ上手ではあるけれど、こうも延々と聴かされるとうんざり おなか一杯

ピアノに頭をぶつけて「ゴーン!」には笑った!
私もやったことあるけど、確かにあんな音が出るんだよね。

残念なのは、アレックスのマネージャー役や、ソフィーの姉役にインパクトがなかったこと。
こういう脇役に存在感のある人を配役していたら、もっとよかったかも。

でも、サクッと観られるこういうラブコメは、大好き。