ブログネタ
ミニシアター系 に参加中!
B00148S74Sゾンビーノ デラックス版
2006年度・カナダ・93分 FIDO

■監督:アンドリュー・カリー
■出演:キャリー=アン・モス/ビリー・コノリー/ディラン・ベイカー/クサン・レイ/ティム・ブレイク・ネルソン
PG-12

ゾンビをペットとして飼うことがステータスとなった世界。
少年ティミーの家でもようやくゾンビを飼うことになったのだが・・・。

原題“FIDO”とは、英国圏において使われる、犬の一般的な名前らしい。
ふざけた邦題に、ワクワクしてしまった
ゾンビーノ
50年代を思わせる衣装や小物類、ピッカピカのクラシックカーに、豪華な俳優たち。B級的なつくりではあるけれど、ものすごくお金がかかってる。

緑鮮やかな草原を、少年とゾンビが颯爽と走り抜けていく映像、これは何っ?!

家庭を顧みない夫、そして妻はゾンビを可愛がる始末。
ご近所には、ゾンビを恋人化している男もいる。
まるで世のお父さん方に警鐘を鳴らしているかのように思えた。
本作は、家族愛をテーマにしているのかもしれない。

ラストの奥様方の幸せに満ちた笑顔と、子犬のような目をしたゾンビは、幸せな一家庭を観ているようだった。


でもさ、ゾンビってさ、死体だよね。


腐ってるんだよね・・・


あたしゃ、タダでもいらないYO。