B018R6QJ44映画 スターウォーズ フォースの覚醒 ポスター

2015年度・米・136分
STAR WARS:THE FORCE AWAKENS
■監督・脚本・製作:J.J.エイブラムス
■出演:デイジー・リドリー、ジョン・ビエガ、オスカー・アイザック、アダム・ドライバー、ハリソン・フォード、マーク・ハミル、キャリー・フィッシャー
■音楽:ジョン・ウィリアムズ

エピソードVI/ジェダイの帰還から30年後
銀河、暗黒の時代―。
ファースト・オーダーと呼ばれる強力な軍事力を持つ組織が自由な世界を脅かそうとしていた・・・。

A long time ago in a galaxy far,far away....

いきなり浮かび上がる、オープニングを飾る文字。
強烈な違和感を覚えると思ったら、そう、20世紀フォックスのロゴとあのファンファーレが、無い。
そうだった。配給がウォルト・ディズニー社になったんだった・・・。
それでも冒頭にお城のマークを出さなかったのは、ディズニー社の配慮だったらしい。
そして現れる、STAR WARSのロゴと同時に始まるテーマ曲に酔い痺れる。
今回のテーマ曲、トランペットの音が甲高く威勢が良く感じられた。トランペットが思いっきり踊ってる感じ。
最初からワクワクし通しだった!
ep7

ハン・ソロがほぼ出ずっぱり!!主役と言っても過言ではないくらいだった。
当時の主役二人、レイア姫とルークもそのまま歳をとり登場!
最後にちらっとしか出なかったがルークの存在感は半端じゃない。さすがです。

チューバッカ役のピーター・メイヒュー、C-3POのアンソニー・ダニエルズ、R2-D2のケニー・ベイカーも再登場。
顔は出さずとも動きは彼らそのもので、感無量。

EP-4を踏襲する場面も多く、それらがホントに嬉しくて。
スター・キラー基地内で足元を走るミニカーみたいなものの音が、デス・スターの時のそれと同じ音だったり、
ミレニアム・ファルコン号内部ではシーカー・ボールやモンスター・チェスが出てきたりと、思い出深い状況やアイテムが多数登場している。スター・キラー基地でのXウィングの攻撃体制も4の時とよく似ている!
ファルコン号が覆いを外してやっと飛び立った時、鳥肌が立った。
勿論、戻ってきたハンとチューイのアップは涙ものだった。
ハンお約束のセリフ、"I've got a bat feeling about this" もあったね。
J.J.エイブラムス監督、最高〜!!

チューイ&ソロ


新しい主役のレイ、フィン、ポーの三人も魅力的。
特に強く優しいレイ役のデイジー・リドリーの存在が目を引く。
新三部作にふさわしい主役だ。

Star-Wars-BB-8-Force-Awakens

そして何よりも可愛いBB-8。
ロボットなのに喜怒哀楽の表情が豊かなのだ。
彼がそこにいるだけで楽しくなる。

star-wars-7-force-awakens-reshoots

ストーリーは、これまでの4〜6と同じような流れになりそうな予感。
ダース・ベイダーに憧れるカイロ・レン。
まだまだフォースも心も弱く、自分で作った十字形のライト・セイバーは荒削りで刃がギザギザだ。
彼はあの一件で、ダークサイドへ深く堕ちてしまったのだろうか。
強いフォースを持つレイは、ルークとレイアのように双子なのだろうか?

1年後にスピンオフ『スターウォーズ アンソロジー ローグ・ワン』、2年後にエピソードVIIIが公開される予定とのこと。
今から楽しみ♪

スピンオフで、C-3POの赤い左腕の理由も明かされるのかな?
EP-4で彼の右ひざ下が銀色だった理由も結局わからずじまいだしなぁ・・・
いずれにしても、楽しみが多すぎて、嬉しすぎる〜(^O^)

あれっ?!「高田馬場」はどこに出てきたのかな???
それから、ファーストオーダーに拘束されたレイの手錠を外すストーム・トルーパーをダニエル・クレイグが演じているらしい。顔は出していないけど、声で判別できるかしら?
とにかく、また観に行かなきゃ―!!!