M's Shakespeare Journal

個人的なシェイクスピアとの関わりをまとめたブログです。

宝塚 を含む記事

宝塚「暁のローマ」

[関連したBlog]に感想を書きましたが、これはあくまでも「宝塚」。
シェイクスピア作「ジュリアス・シーザー」より、とはなっているものの、
カットされている台詞は多いし、登場人物も違うし、なにしろ人物の描き方や関係性までかなり変えられています。ただ、違いに気づけて楽しめたし、これ以上ないというくらい簡潔にシーザーの時代のローマを描いているので、まったくこの話を知らない人が見てもエンターテイメント性が十二分なのは素晴らしいと思います。

1度は観るものだと思いました。
長年に渡ってファンに夢を贈り続けているのは並大抵のことではないと思います。
かなり年配の女性ファンがたくさんいらして、夢見る瞳になっていました。こういうのって、なんだかいいですよね。

blogランキングへ


宝塚月組「暁のローマ」

宝塚の舞台を生でまともに観たのは初めてです。
開演前の劇場の老若入り交じった女性たちの熱気ときたら。(男性は数えるほどでした)
開幕前や幕間の幕前の漫才(!?)には、さすが関西と思いました。
いやあ、想像はしていましたが・・・
これは「シェイクスピア」の「ジュリアス・シーザー」と思って観てはいけないのだとすぐに気づきました。
つまり「宝塚」は演目が何であっても「宝塚」なのだな、とわかりました。1度は観てみるものですねえ。あの決めポーズ、独特の節回し・・・なんと言っても観客サービスが濃厚。これでもか、ってもんです。

「宝塚」って「スター」を生み出すところなんですねえ。そして「スター」はもう存在そのものが「スター」、まさに光り輝くオーラです。登場するたびにおそらくその人気によって拍手と歓声がわきます。オーケストラピットの前の花道(とは言わないのでしょうか?)を「スター」が歩き出すと観客席の熱(?)が上がるんですね、明らかに。たいしたものです。思わず観客席を見回してしまいました。
と、言うことは、入り込めていない私、がいたというわけです。つまらなかったわけではありません、むしろ楽しめた、と思いますが、ファンの方々とは少し違う楽しみ方だった、ということですので、宝塚ファンのみなさん気を悪くしないでくださいね。
「え、そんな!」「あれ、カットなの?」「その人がここで出る?」「台詞、そんなに変えちゃう?」「人格違うでしょ?」
という脚本自体へのつっこみから、
「お、そこで歌うか。」「出た!決めポーズ!」「ダンス、さすが!」「オーケストラ、来るよねえ」「すごいわ、スポットライト」
と、宝塚ならではの構成へのつっこみ、
「そこにマクベス、出すんだ」「セルヴィーリアの暗殺後の台詞は『ローマ人の物語』かな?」「クレオパトラも入ってるなあ」
とついついつっこみを入れたくなり、そのたびに笑いたくなり実際くすくすしてしまったのですが、観客席をちらりと見ると、みなさん真剣に見入っていました、すみません。

とにかく「スター」ですから。
カエサルとブルータスの美しいこと、かっこいいことったら。
そしてテーマはもちろん「愛」ですから。「美」と「夢」ですから。
これにはまる女性ファンが多いのもわかるような気が・・・
だって、現実の男性は勝負になりませんよ。
そうか、これって少女漫画の世界なのかも。
美しいものはあくまでも美しく、醜いものなどこの世界には存在しないのです。
わかりやすい!
みなさん、オペラグラスでごひいきのスターを捜していらっしゃるようでした。

でも、「シェイクスピア」ではありませんから。
いえ、けなしているわけではありませんよ、これだけ煌びやかな舞台、シェイクスピアが見たら何て言うかしら?
シェイクスピアは寛大だから、おもしろがるかもしれませんね。
音楽も適度にノリノリでしたし。ロック・オペラということでした。楽しかったですよ。
「宝塚」というひとつの「夢」ひとつの「世界」をこれだけしっかり作り上げて守っている、というのもすごいことだとおもいます。
エンターテイメントは奥が深い・・・


第2部のレビューは・・・
なんだか「なつかしい」感じのショーでした。
すみません、一瞬記憶が飛びました。
フィナーレも、これでもか、のファンサービス。
「大階段だよねえ、やっぱり」「脚上げるよねえ」「羽根、背負うんだ」「えっ、そんな大きい羽根しょっちゃう?!」
いや、もうお腹いっぱいです。
すごいですよねえ、学校作っちゃってるんですものねえ。
ああ、ここに出ている人も出ていない人もみんなすごい努力しているんだろうなあ。
あの美しさの陰にはたくさん涙も流したんだろうなあ。
それでも「スター」になるのはほんの一握りですものねえ、厳しい世界ですねえ、はあ。

終演後外に出ると劇場前の沿道にたくさん人が集まっています。
あのあと「スター」たちが出てくるのを待っているのでしょうか。
ちょっと興味はあったのですが、そこまでは・・・


blogランキングへ

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ