平井堅のシングルコレクションが出るって言うから、
アマゾンでかなり前に予約しといたんだよね〜。
それが23日届いて。
CD二枚とDVDの三枚組。まだDVDは見てないんだけど…(実を言えば、別になくてもよいかな〜顔が好きな訳じゃないから・笑)
私は平井堅聴くようになったのは“LOVE OR LUST”とかが入った4thアルバムからで、もうブレイクした後。
だからその前のシングルとか聴いたことなくて(デビュー曲はテレビ“僕らの音楽”で聴いたことあるけど)
今彼がこんなシンガーになった歴史っての興味ありありだった。
ちょうどその辺で二枚に分かれていていい感じ。一枚目は今とは路線が違う?明るくて爽やかな青年のイメージ、声も若くて、まだまだ未熟と言うか…今みたいな声だけで心をとらえるようなゾクゾクする魅力は生まれてきてないかな〜。
でもこの時はこの時で素直な彼の思いなんだろうなと思う。
そして、私が平井堅にやられた曲“even if”で一枚目は終わる。。
この曲初めて聴いたとき、この男性の気持ちがなんだか手に取るように伝わってきて…
ちょうどこの頃私はこの彼女のような立場にいたから。
彼女は男の気持ちに気づいているんだと思う…でも気づかぬ振りをして自分の恋人の話をしてる。
あ〜、もう心にビンビン響くよ〜〜もし私がその時独身だったら…今でも聴くと思い出しちゃうな。
二枚目は、もうヒット曲ばかり。初めて買った平井堅のシングルが“Ring”。
これ出た頃ね〜仕事と家庭のことですごく悩んでいたっけ。
その気持ちをいたわってくれた曲で着メロもこれにしてて。辛いとき携帯鳴らして聴いていたな〜。
そんな感じで、彼の曲聴くとその頃の自分にタイムスリップしちゃう。
本当は万人向けのシングル曲より、アルバムのファンキーで性愛肉欲系(爆)の曲に轢かれたりもするんだけどね。
東京ドームの“Ken's bar”、プレリザーブ頼んであるんだけど、取れるかなあ〜?