『心の傷み』
 
たとえば、眼の不自由を理解するために
目隠しをして、生活を体験してみる。
すこしばかり、不自由さを実感できるかもしれない。
唯、眼の不自由による
心の傷みは味わえない。

人それぞれに言葉にならない心の傷みを持っている。

この自覚こそが、命の尊厳に他ならない。

Namo-amidabutsu 

Guragyu: 愚螺牛

 

 

彼岸法要:春の野聖物語/眞信讃歌法話コンサート2015

 

 https://www.facebook.com/events/325505760989505/?ref_dashboard_filter=upcoming

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PhotoCopyright © YURIKO OCHIAI  JAPAN 落合 由利子

 

カノバンド 


Hideki Ishihara ;石原秀樹JAPAN


大乗 浄土真宗本願寺派・西本願寺機関誌:2014年


病に生きる」寄稿

 

*copyrigft 1981- FukashiHojo+OfficeAmitaHouse

header750x100.jpg

 

 

 

 

OfficeAmitahouse&VOW BREATH PRODUCTIONS