2015年06月05日

52cm戻り山女魚(自己ベスト更新) 5

今日はひと昔前なら花の金曜日、朝からどんよりとして絶好な釣り日和。
仕事は定時で終わらせて、大河へとクルマを走らせると、暫くしてフロントガラスにポツポツと雨が落ちてきた。
ワイパーを使う程ではないけど次第に雨脚も強くなり、ワイパーから流れ落ちる雫は、虚しくも止むことはなかった。
いつもの土手を下り、クルマを止めて着替えを済ませ歩き出し葦を掻分け岸際にでると、雨は弱まってコカゲがパラパラと水面を流れて行った。

流心と左側の筋が合流した上の鏡で散発なライズを見つけた。
すかさずフライを入れるが、動きまわっていて的が絞れない。
次第に雨も強くなり、目を凝らしながらもライズを探すが、雨の波紋がライズを隠すかの様に邪魔をして、おまけに風も出て来て見えない。
対峙したけれど撃沈。

今度はヨレの脇でライズを見つけた。
完全に捕食を繰り返す小さ目なライズで、きっと尺絡まりで間違いなさそう。
間を図ってフライを入れる。

「出た!」

反射的に合わせたが、ガックンと竿からその先にいる魚の大きさが伝わったと同時に切れてしまった。
デカかった…。

気を取り直してライズを探す。
大粒の雨も落ちてきた。
ラインを一旦ライトウェイトに収めて下流へ移動。



続きを読む

2015年06月02日

6月の女神降臨 5

6月に入り、例年だと水温の上昇と共に雨が降り続いて増水し終了。
そのパターンが、今年はちょっと変だ。
ダムの放水が続いた影響なのか、立ち込んでいても水温は低いので、まだ楽しめそうな予感。
日没間際のライズが獲れず、イブニングに突入。
再び女神降臨。
image


2015年05月30日

5月の女神降臨 5

女神降臨
日没間際のシマトビのライズ狙いも面白いのだけれど、この頃になるとエルモンのライズも加わり、水面は虫と渓魚で騒々しくなる。
全く何にもない日も多々有るけれど、それを過ぎるといよいよヒゲナガのイブニングとなる。
ヒゲナガの羽化に沈黙を破ったかのように動き出す巨山女魚。

それも降りながらライズする奴ばかりで釣れそうでなかなか釣れない。
そんな中、少しだけ新たな攻略法を見つけ、これが的中した日だった。
image


2015年05月23日

エルモンのライズ

エルモンのライズに誘われて
image


2015年04月05日

本日解禁しました

今朝から霧雨、山は中止して妻と娘のスタッドレスタイヤを夏タイヤに交換。
10時半を過ぎて利根本流へ向かう。
11時半、久々の利根本流。
そう言えばフライロッドを握るのも10ヶ月振りかも?
どんより曇りに小雨。
12時半には虫も出るだろう。
ところが川面は静まり返ったまま。
セブンで買ったそばおにぎりとお茶を飲む。
流石に飽きてきた。
山なら起承転結が明確なのに釣りは相変わらず読めない。
遊びなんだからそんな時間も良しとしよう。
13時17分、オオクマがハッチ。
目立つようになった。
川面を丁寧に見るやライズを見つけた。
今年もライズを見る事が出来た。
年々良くない状況で、復活の兆しはいつになることやら。
image


Profile
Archives
Recent Comments
Twitter
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)