2007年11月28日

福田です

f71ab4ce.JPGお腹を触り”何が入ってるの?”と。


わたくしはここ最近、板の上には立たず、美術セットに演じて貰っています。

何度か同じ事をいいますが、演じる事と舞台美術は同じ事。

美術セットは単なる装置ではございません、大事な一役者。
単なる装置としか見做さない演出家や出演者とは仕事したくありませんね。
過去何度と、そのような方々とは降板してきました。

生意気でございます。

それはこちらも毎回、寝食問わず愛情込めて全力で取り組んでおります結果でございまして‥。


一方、その愛情がわかっていただいて役者さんやお客さんが大変喜んでいただけた時は、何百倍も嬉しいものです。
blogに”写真”や”セットのココが好き”等書いてあるのをこっそり見た時も嬉しいですね。

しかし、美術は生身の役者さんを超えるのはよくありませんねぇ。
この前、とある美術さんがタレントさんに‥”もっともっとセットについて触れて〜”だって。

何考えてんだ、アホ。大学生のサークルか、アホ。

あっ、言い過ぎました。

今年もあと少し、年末年始も休み無く、お腹に夢を宿して、舞台美術を毎週出産していきますよ。

そうです、わたくしのお腹には夢が入っています。


写真は25日までの舞台、東京芸術劇場「体感季節」のセット。


shampoo1996 at 02:17│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔