ザ・ヒーナキャット

2015年09月16日

9/12 Electric Lady Loud 2015

9月12日 名古屋E.L.L.
「Electric Lady Loud 2015」

 一昨年、昨年に引き続き参戦。

Mary's Blood

 一年ぶりの観戦。下手側で観ることが多かったので、今日はSAKIちゃんを見るべく上手側へ。やはり彼女のギターはいいですなあ。客観的に観てると、もうひとりのサポートギターは必要なのかという疑問はやはりあるが。バンド全体の実力がアップしているのは実感できた。確かにサポートのyashiroちゃんも腕は確かだし、二人いることでツインリードのハモリがライブでも表現できるんだけど、これ見てると、かつてマシンガンズのライブでもわざわざ追加のギタリストを入れていたのを思い出すんですよ。

exist†trace

 そのまま1階でイグ待機。パターン破りの1曲目が”RAZE”という展開。”Shout Out”とmiko新曲も入っていてよかった。こういうイベントで入れてくるということは新曲を大事にしているということだからね。終演後、物販でmikoさんに「早くタイトルを決めてほしいな」的なことをリクエストしたら少し困った顔をしてました。ごめんね。コアなファンの数は限られていると思ったが、盛り上がりはとても大きかった。ここでは体力をかなり消費。

 SETLIST
1.RAZE
2.ダイアモンド
3.SHOOTING STAR
4.Shout Out
5.miko 新曲
6.VOICE

 少し空白時間ができたので、SIZEでイグとよく対バンしているLAST MAY JAGUERでも少し観ていこうかと思ったが、入口からけっこうぎっしり人が入っていたので、途中で出ることを考えてこれはやめた。

 なので3階に上がって、まったりとアイドルでも観ながらクールダウンして次のヒーナキャット待機。混み具合もほどほどだったのでちょうどよい。えー、nanoCUNEという純アイドルグループでした。もちろんバンドはなしで演奏はカラオケ。前方にファンはそれなりにいましたね。お世辞にもステージ慣れしているとも思えなかったし、仕方ないといえばその通りですが、ファン以外の反応はけっこう冷やかでちょっと可愛そうでもあった。

 てか、仮面女子とやらも出演していたし、なんで主催者はアイドルなんか呼んだんだろ。そんなに面子が足りなかったんだろうか。ちなみに昨年ここでデビューを飾ったMardelasが、同日札幌で行われたサーベルタイガー主催のHAMMER BALLに行ってしまったことも影響してるとか? 

ザ・ヒーナキャット

 はい、今年の決め手、初参戦のヒーナキャット。自分的に実においしい。名古屋地区ではまだ知名度は低いのかもしれない。そんなにコアなファンは多くなかったようです。はい、踊りは率先してやりましたよ。”夢中毒”がまだ完全に覚えられないぜ。独特の世界観に対して、初めて観るお客さんがどんな反応をしていたのか興味はあったが、前方で楽しんでたので後方の様子はわかりませんでした。

 SETLIST
1.飾りキラリ恋模様
2.ナツコイハマルヤ
3.シャテキオトメ
4.夢中毒
5.恋がしたい
6.紫黒蝶

 この時間帯、1階でやっていたBRIDEARも観たかったが、自分のメインアクトと重なっていたため泣く泣く諦めました。アー写が新しく垢抜けたものになっていたので見たかった。博多弁も聞きたかった。けど仕方ない。

GANGLION

 そのまま同会場でガンちゃん待機。今日は受付でどのバンドを観に来ましたかと聞かれてガングリオンと答えてしまいました。新曲の”SAVE YOUR HEART”と”オレンジ”は今日初めて聴いたけど、良かったね。後で買って帰ったCDを見たら、これもプロデューサーがゆよゆっぺ氏になっていて、彼と組んだのはやはり正解だったと思えた。えびちゃん(b)の髪が短くなっていた。てか、なぜか彼女だけ衣装がフツーの普段着ぽくて違和感があったんですが…。

 SETLIST
1.DISTANCE
2.SAVE YOUR HEART
3.オレンジ
4.tonight
5.ONE FEEL

激情★めたりっちぇ

 少し時間にゆとりができたので、ヒーナとガンちゃんの物販行ってから、SIZEに移動。一回観てみたかっためたりっちぇを初観戦。うーん、いろいろな意味で粗かったですね。観る前に友人に「あれはメタルというよりハードコア」みたいに聞いていたけど、確かにという感じ。ヴォーカルの子がジャケ写ほど可愛く見えなかったのは薄めのメイクのせいなのか、笑顔の少ないステージングのせいなのか。本当はもっと胸キュンの萌えを期待してました。サポートの女子ベーシストはともかく、もうひとりのサポート男性ギタリストは見た目的にも違和感ありで、これは必要なのか? まあ知ってる曲もやってくれたし、4曲ほどでお腹いっぱいになったので外に出て、大トリのガチャピン待機することに。

Gacharic Spin

 過去そんなに何回もライブを観てるわけではないんだけど、このバンドは実に凄い。全力エンターテインメントバンドの看板に偽りなし。音楽的には楽しい系の曲が多いためそれほど好みではないが、そんな好みなど関係なく、観る人すべてを楽しませて、かつ感嘆させることができる。専任ヴォーカルがいなくて、ドラム兼とキーボード兼が歌って、両サイドにギタリストとベーシスト。中央にダンサーふたりという現在のフォーメーション。これは結成時元来の姿ではなく、試行錯誤の末こうなったはずだが、そのステージの完成度は極めて高い。見た目の可愛さとは裏腹に隠し切れない努力と根性。この姿勢を、テキトーにやっているテキトーなバンドさんたちにも少しは見習ってほしいものである。

shana09 at 18:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年09月01日

8/30 ザ・ヒーナキャット 厚木

8月30日 厚木サンダースネーク
ザ・ヒーナキャット 「ザ・ヒーナキャットのぷぷぷぷあぁーっぷ ナツコイカモネ」

 ワンマンは初参戦です。というか、ワンマン行きたいくらい好きになってしまったのか。

 いままでライブで聴いたことのないナンバーもいくつかあってよかった。#8や#14の振り付けは自分でもだいぶ手応えを感じてきましたよ。

 カヴァーの#11は面白かった。アレンジがヒーナのオリジナル風で、あれこの曲なんだったっけと思ってるうちに歌に入ったら石川さゆりで、変な次元スポットに落とされた気分になったというか。

 ↑ある意味アニメタル風アレンジっていうんでしょうかね。Burnかと思ったら鋼鉄ジーグだった、みたいな。

 SETLIST

1.流心
2.飾りキラリ恋模様
3.ばら〜花の涙〜
4.胸♡かもね
5.ぐるぐる
6.さくら〜春の夜の夢
7.シャテキオトメ
8.夢中毒
9.朧月
10.十五夜うさぎ
11.天城越え (石川さゆりカヴァー)
12.つくしんぼ
13.雷兎
14.ナツコイハマルヤ
15.恋がしたい

 encore
16.あやつられ人形
17.あの日カラ
18.紫黒蝶


shana09 at 19:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年08月05日

8/2 exist†trace×ザ・ヒーナキャット 厚木

8月2日 厚木サンダースネーク
「ぐるぐるダイアモンド」

 自分的に美味しいツーマン企画。

 互いの持ち曲をカヴァーし合うというサプライズあり。どちらも自分達らしいアレンジで実に素晴らしかった。今まで対バンもけっこうやっているし、僕は未見だがMallyがサポートとしてヒーナのドラムを叩くこともあるので、それぞれのファンにとっても楽しめるカヴァーだっただろう。個人的にはぐるぐるの振付けをするmikoちゃんに萌えましたよ。

 ヒーナ新曲のナツコイハマルヤが癖になってます。たまらん。毎日聴きたくなる。キラッキラ。

 イグ物販では、タイトル未定のmikoちゃん新曲をぜひカタチ(音源)にしてほしいとリクエストを伝えてきました。

 ザ・ヒーナキャット SETLIST

1.夢中毒
2.飾りキラリ恋模様
3.3センチ
4.知らない知らない知るよしもない
5.ばら〜花の涙〜
6.SHOOTING STAR (exist†trace)
7.胸♡かもね
8.ナツコイハマルヤ
9.恋の病
10.あの日カラ
11.恋がしたい
12.紫黒蝶

 exist†trace SETLIST

1.ダイアモンド
2.SHOOTING STAR
3.シグナル
4.Shout Out
5.JUST ONE
6.Feel
7.Lost ln Helix
8.ぐるぐる (ザ・ヒーナキャット)
9.TRUE
10.miko 新曲
11.RAZE
12.VOICE

shana09 at 18:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年07月29日

7/26 ザ・ヒーナキャット 小田原

7月26日 小田原ダイナシティ WEST1階 
ザ・ヒーナキャット 「ナツコイハマルヤ発売記念ミニライブ」

 この前3日間ほど、仕事とアンセムのライブでかなりの体力と汗を消費していて、正直いうとこの日曜日は出かけないで身体を休めたかったのですが、マンションの駐車場の入れ替え日だったために午前から出かけなければならなかったのです。

 なのでこの際だから、なんかイベントないかと検索していたら、午前は武蔵小杉のローカルラジオ局でGANGLIONゲストの生放送があったので応援に行くことに。他のファンの方も集まっていて楽しかったですよ。

 で、午後は小田原でヒーナキャットの無料ライブがあるのでこれも行こう、と。地図見たら電車よりも車の方が行きやすい場所だったし。

 しかしまあ前日は”ど”の付くメタルイベントに参戦して、翌日はガールズバンドの追っかけのようなマネを(笑)。我ながら守備範囲が広い。

 1時からの第一部は間に合わないので、3時からの第二部に参加。

 実はこの手の無料ライブは初めての参加だったのですが、場所が明るいショッピングセンターの中で、ファン以外にも一般の方が大勢見に来ていて健康的な雰囲気でしたね。
 なにより猛暑の中、エアコンの効いている屋内で椅子席があるのがありがたかった。20分ほど前に着いたら上手側最前が空いていたのでそこに座り、曲を知っている者の務めとして振付けしながら応援ですよ。

 ドラムは打ち込み音源だったが、アンプなどの機材もしっかり使用していて、広い吹き抜けのある空間のわりにサウンドも予想外にしっかりしたものだったのが良かった。

 彼女らは、見かけさえ慣れるか気にしないかすれば、音楽は普遍性のある歌謡曲的なものなので、一般にもじゅうぶん伝わるものがあると思います。
 後ろに座っていた老夫婦の方も気に入ってくれたかなあ。チラシを見て「こんな顔(メイク)で出てくるの?」などと驚いてましたが。でも隣の子供連れの若夫婦は反応薄かったなあ。きっとロックに慣れてないんだね、そうだね。

 SETLIST

1.胸♡かもね
2.つくしんぼ
3.シャテキオトメ
4.ナツコイハマルヤ
5.夢中毒
6.恋がしたい
7.紫黒蝶

shana09 at 18:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年06月16日

6/14 ザ・ヒーナキャット、犬神サアカス團 厚木

6月14日 厚木サンダースネーク
「厚木にサアカス團がやってきた!うれひーな!」

 昨年ヒーナキャットを初めて観たときから、両バンドは雰囲気に近いものがあると思っていて、ぜひこの組合わせで観たいと思っていました。

 犬っ子さんたちは思いのほか数が少なく、かなり良い環境で犬神も観れました。おそらく過去参戦した中で最も近い距離だったので、これ以上ないほど満喫。犬っ子はワンマンにはよく行くがイベントにはあまり積極的には行かないという話を聞いたことをあるけど、そういうものでしょうか。やっぱり厚木という土地は東京の人には遠いのでしょうね。(わたしもいちおう犬っさんの端くれ)

 ヒーナキャットにはだんだんハマってきている自分がいるのをを自覚するな〜。振付けも平気でするようになってきたし(笑)。まだちゃんと覚えられないんだけど。厚木に住んでいるわけではないが、神奈川県民として応援したい地元心理とかあるんですよ、きっと。

 ザ・ヒーナキャット SETLIST

1.夢中毒
2.知りたがり
3.ぐるぐる
4.知らない知らない知るよしもない
5.あっかんべ
6.ナツコイハマルヤ
7.飾りキラリ恋模様
8.恋がしたい
9.紫黒蝶

 犬神サアカス團 SETLIST

1.鬼畜
2.生霊
3.血の下僕
4.アタシは国家
5.玉椿姫
6.死ぬまでROCK!
7.ビバ!アメリカ
8.信じるな!
9.運命のカルマ
10.念仏谷
 encore
11.命みぢかし恋せよ人類


shana09 at 18:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月09日

3/8 exist†trace他 厚木

3月8日 厚木サンダースネーク
「月夜の演奏旅客団〜満月の宴〜」

exist†trace 

 SETLIST
1.TWIN WINGS
2.VANGUARD
3.ダイアモンド
4.JUST ONE
5.SHOUT OUT
6.長い夢の終わりに
7.Liquid
8.RAZE
9.VOICE

D_Drive

ザ・ヒーナキャット

  SETLIST
1.かこってしまったらね
2.ぐるぐる
3.知りたがり
4.さくら〜春の夜の夢〜
5.胸♡かもね
6.夢中毒
7.あやつられ人形
8.恋がしたい
9.紫黒蝶


 ○スペシャルセッション
ジョウ(vo)、miko(g,vo)、Yuki(g)、Chiiko(dr)、ひな(b)、ひーちゃん(key,vo)

 限界LOVERS (SHOW-YA)

 選曲はD_DriveのふたりがSHOW-YA主催の「NAONのYAON」に今年も出演が決まったことへのオマージュでしょう。ま、メタル系のメンツでないので、洋楽メタルのカバーというのも想像つかないし、このあたりではないかと予想もできてましたが。
 ひいき目なしで、ジョウが寺田恵子さんの歌を歌ってこんなにカッコよくハマるとは驚き。イグのライブでも、乙魅さま作曲の新曲はハードロック的な男前の歌なので、やはりこういうのが王道としてハマってるなあと改めて感心。
 演奏陣では特にD_Drive組のテクニックが素晴らしく、おまけのセッションとしてはもったいないほどの完成度でした。オリジナル様に比べると平均年齢がかなり若いので、その分キレが良かった、というのもあったりして。

shana09 at 18:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月05日

3/1  exist†trace他 渋谷

3月1日 渋谷Milkyway
「月夜の演奏旅客団〜半月の宴〜」

ザ・ヒーナキャット

 独特の世界観が好きですね。ついつい夢中毒イントロの振り付けを一緒にやってしまいました。

 SETLIST
1.あやつられ人形
2.飾りキラリ恋模様
3.胸♡かもね
4.朧月
5.さくら〜春の夜の夢
6.夢中毒
7.恋がしたい
8.紫黒蝶

D_Drive

 このバンドはchiikoさん(dr)の全身使ったキレキレのプレイが好きなんですよ。で、上手の空いているところに入ったら、seijiさん(g)の影に隠れてかえってドラムが見にくかった。しまった〜。

exist†trace 

 今回はいつも違ってやや下手側で。久々にmikoさんピックをゲット。天使のパスで目の前に降りてくるのです。新曲は前回の時よりもアレンジが少し変わって長くなった。

 SETLIST
1.VANGUARD
2.ダイアモンド
3.JUST ONE
4.くちびる
5.TWIN WINGS
6.シグナル
7.RAZE
8.VOICE
 encore
9.WORLD MAKER


shana09 at 18:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月01日

9/27 exist†trace、ザ・ヒーナキャット 厚木

9月27日 厚木サンダースネーク
exist†trace × Take ambulance  「STORM RIDER TOUR」

 1組目は普通にフツーのハードロックバンド。特に下手ではないが、曲にフックがなく平坦。楽器隊の演奏は合格だが、ヴォーカルは残念ながら不合格。

 次は仙台のHERe:NE。間違ってもファンにはならないが、なんだかんだ3回も観ているととこっちも慣れてきた。後ろから客観的に見ている分にはけっこう楽しいな。下手の赤い色のベーシストの動きはけっこう好きだ。

 次はイグとカップリングツアー中のTake ambulance。うーん、特に言うことはないです。やはり上手のギターがちょっとなあ…。痛すぎる。

 次がexist†trace。熱かったです。今日の衣装はスパイラル大作戦のやつで。終演後、「WORLD MAKER」のCDにサインいただいてきた(笑)。

 SETLSIT
1.ダイアモンド
2.JUST ONE
3.WORLD MAKER
4.RAZE
5.VOICE

 次が地元厚木の星、ザ・ヒーナキャット。観るのはこれで3回目。曲とかはかなり好みなのだが、まだ前方に行ってのめり込むほどではないかなあ、と。後ろから落ち着いて見ているととても楽しいです。ちなみに前回参戦したときにまたCDを買ったので、今回はほとんど曲がわかっていた分、さらに楽しめた。
 結局終了後、物販でまだ持っていない残りのCDを購入。ライブの2曲目は音源になっていない(する予定がない)ということで、曲名だけ教えてもらいました。

 SETLIST
1.ぐるぐる
2.合言葉
3.朧月
4.飾りキラリ恋模様
5.あの日カラ
6.恋がしたい
7.紫黒蝶

 トリがオーロラタクトという男女混合のポップバンド。リズム隊が女性というのが面白い。本来守備範囲外だが、良いバンドだと思った。
 曲もまあまあ良いし、演奏や歌も悪くない。何よりメンバー全員、ステージ上でのパフォーマンスがきちんと出来ているのが評価が高い理由。

 ↑ 単に演奏が上手い下手よりも、ここが大事。客ウケばかり狙っていたり、逆に客のことがまったく見えていなかったりとか、あるいは内輪受けに終始していたり。イマイチだと感じるバンドは大抵このあたりが良くない。

shana09 at 18:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年08月05日

ぐるぐるで中毒

804ザ・ヒーナキャット 「ふたり物語」

 バンド改名後の6曲入り1stミニアルバム。といっても他のシングルやスキルアップ時代のアイテムを含めれば、けっこう音源の数はある。
 

 お求めは厚木サンダースネーク前のCDショップ「じょいふるミュージック」さんでどうぞ。
(地元出身アーティストとして、いきものがかり並みに推してます 笑。)

 楽曲に特に新機軸とかがあるわけではないが、相変わらずメロディーやアレンジに一癖も二癖もあって一筋縄ではいかない。一度聴くと癖になって、しばらく聴いていないとたまらなく聴きたくなる中毒性を持っている。
 

 特にリードトラックの#1”ぐるぐる”の中毒性は危険。「らっぱっぱりら らっぱっぱりら らっぱっぱりら らっぱっぱりら」 という、意味の全然わからないサビが一度聴いたら耳から離れない。

 また、#2”最初から”のBメロで、一度目は表拍から歌が入るところを、二度目は半拍遅らせて裏拍から入るなど、単調にならないように芸の細かいアレンジも施してあるのが感心する。

 女子ユニットらしく歌詞の内容は恋愛ものが多いのだが、それはストレートではない、少し歪んだ恋愛ソングだ。微かに狂気が覗くのが普通でなくてよい。(その方向性は、メンバーふたりのメイクを見ればわかるだろ、という気もするが)

 ひーちゃん(vo.g)の歌声には萌えるものを感じますね。いわゆるアイドル声ではないのだが、あの微妙に低いテンションがアングラぽさも含んでいるのがよいのだ。

 バンド的にミュージシャン耳で聴くと、演奏にはこれといって耳を引くほどのものはない。代表曲”恋がしたい”のようにもう少しバンドサウンドを前面に出してほしいところではある。それと1曲づつの時間が短めであっさりしすぎなのが不満点。各曲とも、もう少し展開させたりして長く楽しませてほしいかな。



shana09 at 18:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月17日

ザ・ヒーナキャット ちょっと注目

399ザ・ヒーナキャット 
「恋がしたい」 と 「ふたりだけど」


 先日のイベントでライブを観たら、非常に気になるものがあったため、このまま忘れるには惜しい、なにか音源を買っておこう、ということで物販で購入。

 昨年出た2曲入りシングル「恋がしたい」と、スキルアップ時代の5曲入りミニアルバム「ふたりだけど」。(バンド名を変更している)

 独特すぎる個性はけっこう衝撃的で、これは初めて犬神サーカス団を知った時の感覚に近い。(昭和歌謡が原型にあるような楽曲とか、アングラ感など音楽的にも近いものはある。) 
 しかし明兄さんの年齢ならともかく、あの若さでこのセンスはどこから出てくるのか。

 演奏は極めてシンプルで、テクニックを云々いうようなものではない。スキルアップ時代の曲では、歌以外は伴奏に徹しているようでもあるが、新しい”恋がしたい”ではソロパートも聴きどころで、ひーちゃん(vo,g)はギターヒーロー的なプレイも披露したりしている。

 ひーちゃんの歌声は、可愛いといえば可愛くて萌え心をくすぐるものがあるが、一方でアップテンポの曲でも、底辺にある薄暗いアングラ感はまたどこから出てきたのだろうかと不思議に思う。
 恋愛の歌でありながら、歌詞もどこか猟奇的な視点を持つ。「恋がしたい恋がしたい」と繰り返すサビが、いつしか「これが死体」と聞こえてくるような(笑)

 メロディはキャッチーで分かりやすいのに、音楽的にはマニアックな部類に入るであろう。万人にウケるタイプではないが、一度ハマったら癖になる中毒性を持つ。耳に残って取れないのです。


shana09 at 18:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)