内定誓約書 内定誓約書は内定通知を出すタイミングで提出させる誓約書。誓約書に記載した一定の条件に合致した場合は、採用の取り消しを承諾するという文書となります。新卒採用の場合には、3月に学校を卒業できない場合には内定を取り消すという条件を盛り込むことが多く見られます。
□重要度:★★★
□官公庁への届出:不要
□法定保存期間:特になし(入社以降、数ヶ月間は保存が望ましい)

[ダウンロード]
WORD12Word形式  naitei_seiyaku.doc(29KB)
PDF12PDF形式 naitei_seiyaku.pdf(7KB)

[ワンポイントアドバイス]
 内定誓約書の提出と相まって問題になるのは内定取消についてでしょう。最高裁では、使用者側は内定通知を行い、内定者からの誓約書を受領した段階で、内定者との解約権留保付の労働契約が成立したとの考え方を示しています。内定誓約書にある採用取消事由に該当した場合は解約が可能ですが、その事由が著しく内定者に不利な場合は不当な取消だとされる可能性があるため、注意が必要です。

(宮武貴美)

人事労務の最新情報は「労務ドットコム」をご利用ください。
就業規則作成のご相談・コンサルティングのご依頼は名南経営まで。